またまた今朝の井の頭公園+「支那そば あおば」(旦那酷評シリーズ!)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *

ええと。

前々回と同じパターンですが、本題が少々書きずらいので、まずは今朝の井の頭公園。


井の頭公園色づいてきました


台風が過ぎ去ったと思えば、それ以上の強風で木枯らしが吹き。

井の頭公園にも突如、秋がやってきたようです。

今年は「木枯らし」という言葉を実感しました。枯れた葉っぱがグワーッと一気に落ちて、道が枯れ葉でワサワサしてましたもんね。

この時期、日々移り変わっていく公園の眺めが楽しいのですが、前に書いた通り、今カメラを持つ余裕がないから困る(?)んです(笑)!

紅葉が見ごろになるのは、私の日々の荷物が減って、そこにカメラを入れられるようになるまで、ちと待ってほしい(笑)


さて。いよいよ(?)「あおば」のハナシ。


支那そば あおば


あ、少し前に吉祥寺にできた「青葉」の支店ではなく、武蔵境のほうの「支那そば あおば」です。

(「青葉」はだいぶ前に中野の話を書きましたが、吉祥寺店には行っていません。ただ、他の支店でも安定しておいしいので、きっとこちらもおいしいんでしょう)


かねてから行きたい行きたいと思ってる、支那そば あおば。「ラーメンの鬼」、故佐野実氏のお弟子さんのお店ということで、非常に期待しているのですが、少し前に書いた通り、今私は諸事情によりラーメンが食べられません。

で、旦那が私に内緒で、こっそり下見に行ったようなのです…もちろん「見」ただけじゃなくて食べたんだけど。下食?(なんだそれ)


そうしたらですね。

もう、前回以上の酷評。
それも、これまた味以前に「店主の態度が、いくらなんでも悪すぎ!」だそうで。

ここ、ラーメン通の方々の間では、非常に評価の高いお店なんです。
だから、味については単に、旦那の好みに合っていなかっただけ、かもしれませんが。

旦那の話をまとめると、

  • 確かにおいしいけど、動物系の味が立っていて、かつ想像よりオイリー
  • その脂のせいか、魚介系の味や深みがあまり感じられなかった
  • チャーシューはすっごくおいしかった!
  • 全体的には、どこかに突出した点や大きな特徴がある感じでもなく
  • 総じて、評判ほどは…
  • なにより店の雰囲気が非常に悪い。店主が「食わしてやってる」という態度
  • 店の独自ルールがあるらしく、知らない客に不親切

という感じ。


チャーシューおいしそう


なんでも、旦那が行ったとき、デート中らしい若い男女客がいたそうなのですが、彼女が途中でワンタンを追加したいといったとか。で、彼がそれを店主に伝えたらしいのですが、店主から帰ってきた返事は、一言「ないよ!」だったそうな。

で、そのカップルはその後、いやな雰囲気になって、ずーーーっと無言だったそうです…。
(そのカップルが何か、店主の気に障ることをしたんですかね?)

また、他のお一人様のお客さんの場合、カウンター越しに目の前の店主に声をかけたのに、ガン無視。何度「すいません、」と声をかけてもガン無視。(大事なことなので2回書きました)
自分が作っている間は客の声を一切聞かない、返事すらしないという傲慢な態度だったそうで。

自分のことなら文句も言えるけど、他のお客さんに対して横柄なのを見ると、口出しするわけにもいかないし、ホント気分が悪いんだよね。

ラーメン屋に恭しい過剰なサービスなんて期待しないけど、客が気分を悪くするような態度はおかしいでしょ?格安ガソリンスタンドにガソリンを入れに行ったわけじゃないんだから、いくら味が良くても店側の態度に不愉快な思いをしながら食事なんてしたくないよ。君と一緒じゃなくて本当に良かった、きっと嫌な気持ちになったから

だそうです…(意外と私の方が気にしなさそうな)。

ま、そういいながらチャーシューはおいしかったそうですが(笑)。
旦那は普段、ラーメンのチャーシューにはあまり興味を示さないので、相当おいしかったのでしょう。

あと、旦那が「オイリー」と感じたのは、私がウチで作るラーメン(自家製スープ、脂ごく少な目)に慣れてしまったからかもしれません。

ホント、ラーメンの味の評価は人によって全然違いますからね…。


それにしても旦那は、ラーメン屋の接客にはやたらとキビシイというか。
私としては「ラーメン屋だよ?」と思わないこともないのですが(上杉のオバサンは許すのに 笑)、とはいえ、カップルが険悪になったり、初めてのお客がガン無視されて困っているような雰囲気中では、さすがに食も進まないでしょうね(苦笑)


そんなわけで、今回も、ほぼ「味以外のハナシ」になってしまいましたが。

ラーメン屋はなぜ、味さえよければこういう「俺様店長」が許容されるんですかね?人気の「俺様店長カフェ」とか「俺様店長イタリアン」とか、聞いたことがないよ?

旦那の言葉を借りれば、この手のラーメン屋には「ガソリンスタンド」的なところがあるのかな。「雰囲気はさておきラーメンを食べるためだけに来る」「味さえよければ(ガソリンスタンドの場合は安ければ)他は別に気にしない」みたいな。

そういうお店と考えれば、カップルよりもお一人様が気楽かなあ。

もし私が一人で行って、すごく満足しちゃったらどうしよう!?(その可能性は多分にある 笑)

しかしここのところ、自分が行ってみたいと思っているお店が、行ってくれた人に今一つ気に入ってもらえず、ちょっと凹んでいます(涙) 一度は自分で行かないとね。


|

今朝の井の頭公園と今朝の「鈴木対決」!

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


ええと、まずは今朝の井の頭公園。


晴天の弁天池


今日は空が青々として、気持ちのいい朝でした。

噴水の水がとまっていたので、水面が鏡のように静か。

現在荷物増量中(?)につきカメラがなく、スマホ写真になっちゃいましたが、やっぱりカメラを持ち歩かないと、もったいないなあ。


さて、本日の本題は「鈴木対決」。
ナゾのタイトルですが、何のことはない、今朝の朝ドラの話です(笑)。
観てない人にはなんのこっちゃだろうなあ、ゴメンナサイね~


朝ドラ「わろてんか」、放送開始から一か月ほど経過しましたが。

私とはあまり波長が合わないようで…コテコテの笑いや予定調和的展開、天然マッチポンプ(?)なヒロインはどうも苦手で…(それが「The 朝ドラ」なんでしょうけど)正直なところ、もはや脱落寸前でした。

がっ!

今朝の回!今朝の回は、よかった!!!

ヒロイン「てん」の母「しず」と、姑(になるはずだったのに、嫁として認めてくれない)「啄子」の対決…というか、鈴木京香と鈴木保奈美の女優対決!(笑)

(※ただしお二人の関西弁の熟練度は、私にはわかりません!もしかして、関西の人はしらけたり、イライラしたりしているのかな?)


ドラマが始まった当初、しずの「京都の良家の奥様、料理自慢でおっとりしたお母さま」と設定に、気の強さが透けて見える鈴木保奈美は「ちょっと違うんじゃ?」と思ったのです。同じ年代なら安田成美のほうが合いそう、と。

でも今回、このキャスティングに感服しました。

娘にいけずをする啄子に「娘を一人前にしこんでやってください(という趣旨のセリフ)」と深々と頭を下げ、「あなたにならそれができるはず」と、相手を認めつつも暗にプレッシャーをかけ。

そして、顔を上げた時の、あの目。

媚びもせず高ぶりもせず、ただ「この先あなたがどうするか、私がしかと見ていますよ」とでもいうようなあの目は、安田成美にはできない!(多分)(たとえ「醤油」という字は書けても… わ、古っ!)

あの表情、演技じゃなくて鈴木保奈美の地が出てるよね?このシーンのためだけにキャスティングしたんじゃないかと思っちゃいました(笑)


おまけ。
ワタクシの「きれいな人スクラップブック」から、昔々の鈴木保奈美のお写真をば。


若かりし頃の鈴木保奈美


雑誌の切り抜きなんですが、むかーしのドラマの宣伝画像です。
実は私、このドラマ自体は観ていないんですが(笑)、普段から雑誌を処分する際、素敵な写真は切り抜いてスクラップしてまして。その一枚です。

このころは若かったなあ。
女優復帰したとき、さすがに歳をとったなー、なんて思いましたが、この独特の目は昔から変わってませんね!


一方で鈴木京香演じる啄子の表情も良かったなあ。

動揺したりイラっとしたり、相手の言動に心を動かされるけれどそれを隠そうとする、そんな複雑な表現をしっかり演じていて、女優としての力量を感じました。

それに、質素倹約を良しとする大阪のごりょんさんと、分相応、良家にふさわしい華やかな身なりを旨とする京都の奥様の、衣装の対比も良かった。

個人的にはごりょんさんのシブいお着物が好きだけど、京都の絢爛豪華で上品な衣装も素敵。


いやーー、とにかく今日は良かった。でも明日どうなるのかな、とは、あまり期待していないっていう。

「わろてんか」、もういっそ、これで最終回でいいです!もう満足した!(笑)

|

今朝の井の頭公園とOhanaの親子丼ランチ

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


Ohanaの親子丼ランチ


むー。今回はちょっと微妙な内容になってしまうので、まずは今朝の井の頭公園。


今朝の弁天池


台風一過の月曜日、水位が異様に高くなっていた弁天池&井の頭池ですが、そのかわりに例のアオコがほとんど消えていました。

で、今朝、ふと弁天池を覗き込んだところ、水がすごく透き通ってる!(この写真ではわかりませんね!)

久しぶりにビー玉色の水面を見ました。地下水が一気に流れ込んで、色々なモノを押し流したんでしょうか?

このまま寒くなれば、もうアオコは発生しないんだろうな。
ここのところの台風や大雨は困りものですが(また週末台風が来るとか)、一方で、こうした「ちょっといいこと」もあったりするんですね。


さて。微妙な内容と書いた、Ohanaのハナシ。


Ohana…ではなくお花。ダリアきれい


写真はOhanaではなく、お花…(笑)。ウチに咲いているのをスマホで撮りましたが、本文とは無関係です!

ええと、Bar Ohana というお店のハナシ。今回も同僚ネタですが。


鹿児島料理 Bar Ohana。
吉祥寺には「ひとりの時におひたしやお味噌汁を食べられるお店がない」との思いから、女性店長さんが作ったお店、のようです。

実はこのお店、個人的にずっと気になっていたのですが、自分がいけない&少し前からランチを再開した、という事情(事情?)により、「どこかイイとこない?」と聞いてきた同僚(男性)に、しらっと勧めてみたのです。自分は行ったことがございませんけど(苦笑)

で、その同僚が先日行ってきてくれたのですが。

うーん。少なくともランチは、採点が辛口の人には向かないお店っぽいかなあ。


Ohanaの親子丼


同僚の感想をまとめると、

  • 親子丼(日替わりランチ)の鶏は、すごくおいしかった
  • でも親子丼の出来が…。あれでは鶏がもったいない。鶏だけ出してほしかった
  • 家庭料理というより、主婦料理?プロの料理じゃない感じ
  • ランチは(その日は)料理の経験が浅い人(単なるバイト)が作っているのでは
  • あれを1,200円で出すなら、鶏だけ焼いて、もっと安くしてほしい
  • 接客も素人っぽくてビックリ。客はお友達じゃない

と、惨憺たる内容…(苦笑)

同僚から聞いて特に印象に残ったのが、
「お店の人と少し話をしたときに、『お店は知っていたんですが、ランチで1,200円はちょっと高いなあと思って、これまで躊躇してたんですよね』と言ったら、『ああ、男の人はそう思うかもしれませんね!』って言われたんだよねえ…」というハナシ。

えっ。

えーーー。

店の人がお客に、そんなことを言う?

まず「男の人は」というのがどうか。
大げさに言えば男性差別だし、女性の私でも、親子丼で1,200円では高いと思います。っつーか、写真の親子丼(と小鉢とみそ汁)が1,200円のランチででてきたら、「えっ、これ?」となりますよ?

でも、もし「高くないですよ」という趣旨の返答がしたいのなら、「その分良い鶏を使ってますから!」とでもなんとでも、返しようはあるでしょうに。実際、鶏はおいしかったみたいですし。

その他にも、この女性(おそらく店長さんではなくバイトさん)に関しては「えっ」と思うエピソードが色々(一つ二つじゃない 笑)あったのですが、あまり書くとアレなので、このへんで。


しかし、なんだかなー。

同僚に申し訳ないことをしたなあというのと、お店にとっても、色々もったいないなあというのと。

というのも、ランチ営業はお客にとって「値踏み」の時間だと思うんです。
ランチがおいしければ、お得だったら、気分が良ければ…誰かを連れて、夜にも行くかもしれません。が、その逆なら、ねえ。

ちなみにこの同僚、単に口うるさいというわけじゃないんです。
お祖母さんが、小料理屋を切り盛りする女将だったそうで。安くておいしいと人気のお店で、お母さんも時々店を手伝っていたとか。

だからそもそも味にうるさいし、味以外の色々な部分でも採点が厳しめなのかもしれません。


Ohana、色々がんばってほしいなあ。
たとえバイトさんでも、一人で店に立つ以上は「店の顔」ですからね。


|

今日の一枚:台風一過(色んな意味で)

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *


緑の葉が散る


今朝の東京は台風一過。

朝はまだスキッとした晴れではありませんでしたが、通勤時に、心配したような雨風にさらされることもなく。
井の頭公園も、まだ青い葉が散ったりはしていたものの、いつぞやの倒木のようなめちゃくちゃな状況ではなく、まずはほっと一安心。
寒さから一転、湿った暖かい空気が辺りを覆い、まるで突如春が来たかような?不思議な感覚でした。

で、個人的お約束の、「さかさまの森」。


逆さまの木々


このブログにもいったい何度登場したか(笑)
毎度しつこいなあと思いつつ、雨の後の楽しみなんです!

大雨は大変ですが、この光景は、そんなときにしか見られませんからね。


―――


日曜夜のテレビは、台風と選挙で画面が大賑わい(?)でしたが、選挙の方も、ふたを開ければ、さほどの驚きもない結果でした。

事前に大騒ぎだったわりには、終わってしまうと「まあ、そんなもんだよね」という感じ(個人的には、東京18区の結果には「えっ?」となりましたが!)。


うーん。いろんな意味で、台風一過でした。


マスコミがあれだけ安倍さんへのネガキャンを繰り返したのに、結局自民の圧勝というのは、自民支持というよりも「野党不支持」かつ「マスコミ不信」なんでしょうね。

安倍さんはホント、敵に恵まれている(?)、と思います。

|

悪天候なので天ぷらのハナシ?天丼@金子屋

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


* * * * * *

うわーん、まだ10月中旬なのに、めちゃめちゃ寒いんですが。

盛岡から上京して初めての秋、「東京の秋は長いんだなあ、過ごしやすいんだなあ」なんて思ったのですが、その東京の秋はどこに行ったの
(盛岡は、今思えば山のような気候の街で、秋が短く、晩夏の次はすぐ初冬、みたいな感じでした 笑)


ホント異常気象だなあ…と思ったところで、数年前の大雪と、その際の天ぷら騒動、そして!またまた放置していた同僚からのランチ写真を思い出しました… ゴメンナサイゴメンナサイ!


天ぷら騒動から思い出したのは、金子屋吉祥寺店の天丼です。


天丼@金子屋


天ぷら騒動当時、吉祥寺には天ぷら屋さんが一軒しかなかったと思いますが(ファストフード除く)、こちらはその後に出来たお店です。

しかもこの金子屋さん、日本橋の有名なお店の姉妹店だとか。
「大人が気軽に使える、且つちょっと良いお店」というのは、今の吉祥寺では貴重ですね。

でね、これも写真を預かってから結構時間が経ってしまったので、その時聞いた同僚の感想を詳しく覚えていないので(ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ!…って、お詫びというよりもはや呪文だな)、すんごく簡単な内容になってしまいますが。

覚えているのは、

すごくおいしかったし、油っぽい感じが全くしないし、食べた後にもたれない

という、この同僚にしてはかなり肯定的な評価でした。

「ここは人気があるのが分かる。ここは行くべき
とかなんとか。へーっ。この人が褒めるなら、きっとホントにおいしいんでしょう。


すごい絵面の天丼


しっかしこの絵面。スマホの写真とは思えない遠近感。エビがこっちを威嚇してる?(笑)


天丼は3ランク、松竹梅があるそうですが、違いは、天ぷらの中の一品のようです。松は穴子、梅は舞茸、写真の竹は鱚の天ぷらが入ります。

他の方の写真を見ると、インパクトが大きいのは穴子ですが、もし自分が食べるなら、私も鱚がいかなあ。
はー、衣はサックリ、中はホンワリ柔らかい鱚の天ぷら、食べたいなあ。(今はまだ、体調的にムリなので)


ということで。

話がぐるっと戻りますが、安倍さんの天ぷら騒動。
自分がやるべきことをしっかりやっていれば、天ぷらでも何でも食べていいと思います。あの時の騒動はホントにあほらしかった。

皆さんも、まずはするべきことをしっかりしましょう。悪天でも選挙にはちゃんと行きましょう!(えっ、そこ?) で、天ぷらでも寿司でも何でも、堂々と食べましょう(笑)

私はすでに期日前投票を済ませましたよ!ま、天ぷらは食べられませんけど。

前もって投票できる人は、日曜を待たずに済ませたほうが楽かもしれませんね。


追記:大雪ではなく台風なら、やっぱりコロッケかなあ…

|

«今日の一枚:井の頭池の水面