田中屋@身延山:朝食編

田中屋@身延山:朝食編


田中屋@身延山:夕食編の続きです。

さて、朝食の前に。

身延山久遠寺では、毎朝「朝のお勤め」があるのですが、観光客も参列することができます。わたしが久遠寺に行ってみようと思ったのは、このお勤めが見たかったからなのです(お経を聞くのが好きなんです 笑)。

ただし、始まる時刻は、夏の間は朝5時半から.。早っ!早起きして行くのはなかなか大変ですよね。

で、田中屋では、これにあわせて宿泊客を車で送迎してくれるんです!

おかげで、あの287段の恐怖の階段、じゃなくて涅槃梯で早朝から息を切らすことなく、お勤めに参列することができました。

楽しかった…というと変ですが、でも楽しかった(笑)


久遠寺の朝


身延山周辺にお泊りの際には、おススメですよ!というか、これに参列しないとここに行く甲斐がないですよ!


で、朝のお勤めを終えて、帰りも迎えに来てもらって、楽々宿に戻ります。もー、何の修行にも鍛錬にもなりませんね(笑)


そして朝ごはん!
朝ごはんは精進料理ではなく、普通のメニューですが、見てくださいよ、これ!


田中屋の朝ごはん


かーわいーい!

テーブルには、夕食のおしながきとはだいぶテイストの違うメニューが添えられていました。

おはようございます(*^_^*)

なんて、顔文字付きで書かれているんですよ!

で、題して★田中屋の体に優しい朝ごはん 美味しく食べて今日も素敵な一日を!だそうです(笑)

先ほどの盛り合わせは季節のおかず9点盛りだそうで、左上から右に、

焼魚(塩鱒)
身延椎茸とひじきの旨煮
ポテトサラダ ミニトマト
湯葉のお刺身割醤油
スモーク3種 湯葉・クリームチーズ。茜マス
法蓮草と切り干し大根のナムル
玉子焼き大根染おろし
畑のお肉(大豆たんぱく質)
山くらげ 漬物 甲州小梅

こういう、ほんの一口ずつ、たくさんの味、っていうのは、主婦には喜ばれますよ~
作る大変さを知っていますからねえ。

その他、宝刀鍋 山梨の郷土料理。お味噌汁代わりにお召し上がりください

宝刀鍋


空也蒸し カニ餡と豆腐が入った優しいお味の茶碗蒸しです

空也蒸し


他に、写真はありませんが、

山梨県産の梨北米、味のり
ヨーグルト&季節のジャム

がありました。


おかず盛り合わせ


豪華なものではないのですが、とっても気分のいい、楽しい朝ごはんでした。


これはきっと、若女将のアイディアなんだろうなあと思うんですよ。

この宿のフロントの人…というか、番頭さん?と、若女将の接客は、とっても感じがいいんです。特に若女将は、おそらく都会から来た人、もしくは都会でサービス業の勉強してきた人なのではないかと思います。


ただし、それがあるからかえって問題も見えるというか。


そのお二人以外のスタッフが、私が接した人たちはみなさん田舎の一般人みたいな感じでねえ(苦笑) 少なくとも接客のプロじゃない。サービス業の経験が他にないんだろうと思います。


例えば、お客に何か質問されたときに自分がわからなければ、わかる人に聞くか、調べて折り返し伝えに行ったりしますよね。

でもこの宿の人たちは、「さあ、わかりません」で終わらせちゃうんですよ!びっくりぽんです!

あとは、食事の時間に部屋に迎えに来て、勝手に戸を開けて部屋に入ってきちゃう、とかね(苦笑)


これは、若女将は苦労しているだろうなあ…と、余計な心配をしてしまいました。


というわけで。

ちょっと誉めすぎちゃったので、書くことは一応書いておきますよ!
この宿、食事と番頭さんと若女将はすごく良いです。お部屋も、古い宿が好きな人ならそれなりに楽しめそうです。でも、それ以外には期待しないでください


ここは、恋人との旅行や親孝行の家族旅行などよりも、気心知れた友達や夫婦で、というのが良いのではないかと思います。多少のびっくりぽんは笑いとばせるような人となら、楽しく過ごせると思いますよ。ご飯はおいしいし!

|

田中屋@身延山:夕食編

田中屋@身延山:夕食編


田中屋@身延山:お部屋編の続きです。

こちらに宿泊したのは久遠寺の三門に近かったため、と書きましたが、もう一つポイントがありました。

それは、田中屋は夕食に精進料理が選べたこと。

本当は旅館ではなく宿坊に泊まりたいくらいだったのですが、そういうところは不便もありますよね。なので、旅館の快適さを甘受しつつ、精進料理で「お寺にきた気分」をちょっとだけ味わおう、というわけです。やーねー、煩悩が捨てきれないわ(笑)

とはいっても、お肉や魚が一切出ない精進料理では、特に旦那には物足りないんだろうな、という懸念もあり。旦那には前もって「きっとボリュームがないからね、ものたりないからね」としつこく念を押して、夜食のおやつまで購入しておきました。


でもこれ、全くの杞憂だったんですよ~。


テーブル全体


着席した時のテーブルは、こんな感じ。

いま改めてみると、火を使うお料理が二つあったんですね。そこからしてちょっと贅沢だわ。


では、ずらずらとお食事の内容をご紹介していきましょう。


前菜:二色菊と胡桃の和え物

二色菊と胡桃の和え物


いきなりなんですが、これが、めっちゃくちゃ好みの味だったんです(笑)

食用菊は東北では割とよく食べるのですが、この味付けは、田舎味(おい)とは違って、ちょっと甘めで上品で。

いやーー、これでいきなり唸りました(笑) あ、旦那はこれにはそれほど反応していなかったも。やっぱり菊を食べる習慣がなかったからかな…


向付:身延湯葉の刺身

身延湯葉の刺身


これもねー、見てくださいよ、この見た目の美しさ。生湯葉が豆乳に浸っているんですが、湯葉がおいしいんですよ~。無花果やクコの実の色も鮮やかで、見てよし、食べてよし…

あれ、なんか私、太鼓持ちみたいになっちゃってますけど、ホントに口にあったんです。この最初の二皿でやられました(笑)


煮物:飛龍頭 銀杏田舎煮 茄子の焼き浸し

飛龍頭 銀杏田舎煮 茄子の焼き浸し


これも茄子の焼き浸しが特においしくて、家でも真似をして作っています。


台物:炙り豆腐の棒葉焼き

炙り豆腐の棒葉焼き


んー、この時もっとも印象に残らなかったのが、これかな(笑)

棒葉焼きに食傷気味であることと、ボリューム感を出すための一品だと思うのですが、若くないのでこういうのにはそれほど魅力は感じないかな。でもこういうものがないと、男性には物足りないかもしれませんね。


鍋物:身延湯葉しずく鍋

身延湯葉しずく鍋


これは冒頭の写真にもあるお鍋のアップですが、湯葉に大豆!大豆に大豆!大豆天国というか大豆地獄というか…ん?お寺の近くだから大豆極楽?(笑) 

大豆に大豆でこれはどうかと思ったのですが、食べてみたらおいしかったですよ!


洋皿:身延湯葉のグラタン

身延湯葉のグラタン


グラタン?

確かこれは、豆乳のクリームが湯葉で巻かれて春巻きのように揚げられたものでした。

グラタンの定義って何なんだろう…という一品でしたが、おいしかったから、まあいいや(笑)


酢物:白菜白煮 薩摩芋 蛇腹胡瓜の梅肉酢掛け

白菜白煮 薩摩芋 蛇腹胡瓜の梅肉酢掛け


ちょっとした一皿ですが、なんかこう…写真を見ていて、どれも「あっ、これおいしかった!」となるんです。ホント、ここのお料理はどれもおいしかったなあ。


御飯物:栗稲荷寿司

栗稲荷寿司


実はこれだけは、旦那に不評でした。

どう不評なのかというと、おいしくなかったわけではないんです。「こういうのが出るんだったら最初から言ってくれれば良かったのに」だそうで(笑 でも、おしながきにはちゃんと書いてましたけどね)

旦那はいつも、食事の最後に出てくる白米のおかずにと、味が濃いめの料理を少し残しておくのです。でもこれなら必要ないですもんね!


あとは、香の物と留椀、そして

水菓子:葡萄ゼリー 巨砲…と書かれていましたが、

水菓子

梨も乗ってました。


とまあ、精進料理の夕食はこんな感じ。もう、超満足

他のお客さんのテーブルに運ばれていた普通のお料理もおいしそうでしたが、この時は精進料理で大正解だったと思っています。普通の旅館で精進料理は、あまり食べる機会がないですもんね。

旦那も「精進料理でも、こんなに満足できるんだねえ…」と驚いていました。

そして私は、これ以来湯葉が大好きになってしまいました!ホント、煩悩が捨てきれないわ(笑)


では、次回は朝食の話です。

|

田中屋@身延山:お部屋編

田中屋@身延山


「忘れないうちにとにかくアップしちゃおう」シリーズ第5弾、今回は、山梨県は身延山の旅館田中屋です!


こちらの旅館を訪れたのは、たまたまというかなんというか。

あるとき急に身延山久遠寺に行こうと思い立ち、三門至近のこちらの旅館に泊まることにしたのです。


久遠寺三門


「三門」は「山門」の間違いではないですよ。
この三門は「空」「無相」「無願」の三解脱をあらわしているのだとか。

身延山久遠寺は日蓮宗の総本山だそうで、この三門も、写真ではわかりにくいですが大変立派な門構えです。

この門をくぐって先に行くと、


菩提梯 登り切るのは大変でした!


見ると「ぎゃっ」となりそうな、287段の石段が待ち構えています。これは菩提梯といって、登り切れば涅槃に達するとかなんとか。

ええと、久遠寺の話は長くなるので、また別の機会にということで…とにかく、この三門の近くにあって、そこそこ雰囲気のよさそうな旅館が田中屋だったというわけです。


旅館といっても伊豆や箱根のような場所とは少々違い、身延山を訪れる人のための宿なのでしょう、華美な雰囲気ではありません。

とはいえ古い宿らしい、ちょっと面白いつくりをしています。


泊まった部屋


私たちが泊まったのは、二間続きのお部屋だったのですが、旅館…というより、どことなく田舎の親戚の家に来たような雰囲気です。


回り縁側的なスペース


縁側的なスペースもあり、空間は広々として贅沢ですが、眺めの関係上、障子は開けられませんでした(笑)
でもなんだか良い感じ。


それにこのお部屋、入り口がやけにしっかりしていて、まるで昔の民家の玄関みたいなんです。


部屋の入り口


奥の引き戸の向こうは屋外ではなく、館内の廊下になっています。


さらに、廊下に面した壁にはこんな丸窓も。


廊下に面した小窓


この窓の向こうもやはり、館内の廊下なんです。なんだか不思議な造り…。

もしかすると、この宿ができた当初、今屋内になっている廊下には壁がなく、半屋外だったのかも?


もう一つ印象的だったのが、古い宿らしく欄間などの細工が細かいこと。


細かい細工


こういう細やかな組子を見ると、昔のお部屋は凝っているなあ、職人さんはすごいなあ、と感心してしまいます。


組子欄間


こんな組子欄間、今作ってもらうとしたら、いったいどれくらいかかるんでしょうね?

古い和室に宿泊する時には、こういうところを見るのが楽しみです。


とはいえ洗練された都会的な宿ではなく、古さが目立つ部分もあったので、旦那が嫌がるかな?と心配したのですが、逆に旦那はとても面白がっていました。

都会育ちの人にはなおさら、こういう雰囲気が面白いのかもしれませんね。


さて、次はごはんの話に続きます。


|

«湯之島館@下呂温泉:温泉と朝食編