« 2015年3月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年5月

高山名物みたらし団子!:飛騨高山

旅の覚え書き「飛騨高山編」、買い食いシリーズ第二弾は、高山名物のみたらし団子です!


もくもくと団子を焼くおばちゃん


○年前初めて高山に来た時、高山ラーメンと同様強烈なインパクトがあったのが「みたらし団子」でした。たまたま目についたお店でお団子を買ったのですが、一般的なものとは全然違う味で。

で、やはりここはもう一度食べてみなければ、と、鍛冶橋のたもとのお団子屋さん、二四三屋さんに寄ってみました。


二四三屋


○年前もここだった、かな?まあそのあたりは定かではありませんが、そのときも風情のある屋台だった気がします。

お店をのぞくとおばちゃんがもくもくとお団子を焼き続けています。


お団子を焼くおばちゃん


あ、顔がぼやっとしているのは、一応の配慮です。おばちゃんが「さるぼぼ」化しているわけではありません(笑)

立地のいいこのお店、観光客に人気のようで、ひっきりなしに人が訪れて、お団子を買い求めていきます。でも、何も知らずに食べたらびっくりするだろうなあ?

というのもね、


高山名物みたらし団子


このお団子、みたらし餡がかかった一般的なものとは違って、全然甘くない
お醤油だれ(たまり醤油)で香ばしく焼かれているんです。
お団子というより、焼き餅の味、かなあ。

甘いみたらしを期待して食べると「!?」となりそうですが、でもこれはこれでおいしい。甘いものが好きじゃない男性にはかえって好まれそう。

もし同行者が何も知らなかったら、何も言わずに食べさせてびっくりさせる、というのが楽しいかもしれませんね(笑)

高山に来たら、ぜひ一度お試しあれ。香ばしいみたらし団子、私は結構好きですよ~

|

草まんじゅう@稲豊園:飛騨高山

旅の覚え書き「飛騨高山編」、高山ラーメンの「つづみそば」に続きまして、いきなり買い食いシリーズ(笑)、稲豊園の草まんじゅうです!


稲豊園の草まんじゅう


つづみそばで舌鼓を打った後、何はともあれ古い町並み方面へ向かいます。

が、その途中、旦那がガイドブックで目をつけたお店に寄り道です。というか、偶然にも道すがらにあったんですけどね。老舗和菓子屋さんの稲豊園です。


普段甘いものに目をつけるのは私のほうなのですが、今回ばかりは旦那が「ねえ、これ、こんなのがあるよ」と申告(?)してきたのです。というのも、濃緑色の草まんじゅうだったので。旦那はよもぎのお菓子が好きなんです(笑)

もちろん、外側が何であれ小豆餡ブームまっただ中のワタクシが断る理由はありません。お店を見つけてさっそくGoですよ!


お店はそう大きくはありませんでしたが、すでに地元の方と思しき先客が何組か、お使い物を選んでいるようです。ショーケースには、昔ながらの和菓子の他、五種類・5匹の猫を象った「招福猫子まんじゅう」なんてユニークなお菓子もありました(正直、そちらにも心が揺れましたが、初志貫徹で草まんじゅうにしました 笑)。

順番を待ちながらお店の様子を観察すると、あれ、菊のご紋…


菊のご紋が目立ちます


壁に高々と掲げられた菊のご紋入りの額。「全国最高賞 皇孫殿下御誕生慶祝記念 全国銘菓大品評会 」と書かれています。

皇孫殿下御誕生ってことは、現皇太子殿下か、秋篠宮殿下、または黒田清子さんのご生誕記念だったのでしょうか?いずれにしても、すごい賞を受賞したお店みたいですね!草まんじゅう一個を買い食いしたりしていいのかな… いや、結局買い食いするんですけど(笑)


ということで、たった一つだけ買いましたよ、草まんじゅう!


草まんじゅう、小さくて色が濃い!


写真でイメージしていたより小さめ。旦那の手がデカいので余計小さく見える…
そして色が濃い!つやつやの深緑です。なんだか一般的な草まんじゅうがギュッと凝縮されているみたい。

中身はどうかというと…

カパッ!


あんこたっぷり


薄い皮の中に小豆餡がギッシリ!

口にすると、皮は薄いのによもぎの香りが濃厚です。うわ、よもぎウマ~(笑) 餡は上品な甘さで、あまり出しゃばらずによもぎの香りを引き立てています。

草餅とか草饅頭といっても、少しよもぎの香りがする程度、という商品も少なくありませんが、これは小さいながらもなかなか満足できました。

もう一個食べたいかな…とも思いましたが、まだ次の買い食い予定がありますので、ここはぐっと我慢で(笑)


|

「つづみそば」で○年ぶりの高山ラーメン:飛騨高山

旅の覚え書き、久々の更新となりましたが、このGWに訪れた飛騨高山と長野の話をぼちぼちご紹介したいと思います。

で、今回のトップバッターは!高山ラーメンの名店「つづみそば」です!


つづみそば


私が高山を訪れたのは、今回が初めてではありません。

一回目は○年前(結婚前)、彼(現旦那)とドライブに。東京からはえらい遠くて大変でした!

二回目は10年くらい前かな?ただし仕事だったので全く遊べませんでした。

三回めは一昨年旦那と。目的地は別にあったのですが、近くに来たので立ち寄りました。で、○年前とはだいぶ変わってテーマパーク化した「古い町並み」エリアにビックリ。

そして今回。今回も前回同様ここが目的地ではなかったのですが、せっかくなので三回目に行かなかったところを見ようかな、とやってきたわけです。


高山に行くと決まった時にふと思い出したのが、一回目の時に彼(旦那)と食べた「高山ラーメン」でした。これがもう、インパクトが強くて

あ、味自体は全然インパクトはないんですよ。むしろ昔ながらのごくごくベーシックな中華そば。インパクトがあったのは、不思議な麺。「低加水でポソッっとした、まるでインスタントラーメンのような麺」が、衝撃的だったのです。

おいしいとかおいしくないの問題じゃなく、これは、本当にこれでいいのか、と(笑)


その話を旦那にしたところ、「それ、もう一度食べてみようよ、何て店だったの?」と興味津々。や、興味津々なのはいいけど、あなたも一緒に食べたはずなんですが(汗) なぜ何の記憶も残ってないの


でも、なにせ○年前の話、どんな店だったか、どんな味だったかという印象は残っていても具体的な店名や場所は覚えていません。店構えはこんなだったはず…という記憶もあいまいで。ただ、確かそれなりに有名なお店だったはず。

そこでガイドブックに載っている人気店の紹介を読み、これが記憶に近いかな…という店に目星をつけました。それが「つづみそば」だったわけです。

決め手になったのは解説そのものではなく写真についていたキャプション。

味の変化が楽しめる一杯 あっさりスープは酢やラー油を入れ、味に変化をつけても楽しい

つまりこれ、「味が薄い、そのままでは物足りない」ということを遠まわしに言っているんですよね。

あー、ここかなー、若い人がごくごく普通の中華そばを食べたらそう感じそう…

ということで、目標はつづみそばに決まり!(笑)


東京から高山までのとんでもない道のりは省略して、とにかく高山について真っ先にしたのは、つづみそば近くの駐車場を探すことでした(笑)

これが意外にも、店至近の駐車場にちょうど空きができたところで、運よくすぐに駐車することができました。


で、つづみそば。

ガイドブック常連の人気店ですから、さすがに混んでます!


つづみそば、混んでますよ!


私たちはこれまた運よく、すぐに入ることができたのですが、私たちの後には長蛇の列が。ここに限らず、高山ラーメンの人気店には行列覚悟で行ってくださいね!


でも、お店に入ってみると、○年前の印象とは違うんです。

こんなにきれいじゃなかったような。
カウンターは店の入り口に対して平行に、背を向けて設置されていたような。

やっぱりこのお店じゃなかったのかな…


さまざまな疑念を抱きつつ、最もベーシックな中華そばを注文。

やってきたのは写真のような一品です。


つづみそばの中華そば


あー、こんな感じだったよなあ… 具に赤や緑がなく地味~な色合いで、全体的に茶色っぽいのが印象的だった(笑)


さて、いざ食べてみると、


・・・


う、うまい(笑)

すんごいフツーの中華そばなんです。「豚骨、野菜などを煮込んだ、さっぱり味のスープ」とガイドブックには書かれていましたが、なんというのかなあ、あまり何が入っているか考える気にならないというか…子どものころに食べた懐かしい中華そばの味

確かにさっぱりしているんですが、滋味深いというか、じんわりとふくよかなおいしさを感じます。少なくとも、味がしないとか、物足りないという感じはしませんでした。

何度もしつこいですが、スープがうまい(笑) 今の私の好みにドンピシャ。

そして○年前にあれだけ強烈なインパクトを残した麺は…、ああ、そうそう、こんなだった…ポソッとした食感の、低加水麺の縮れ麺。スープは絡むけど生麺っぽくない不思議な食感で…

けど、これはこれでおいしいよ??

うわ、私の味覚、完全に○年前と変わっている。これ、おいしいんですけど

いやまてよ、やっぱりあれはこの店じゃなかったのかな…などと一人、頭の中でぐるぐるしていると、近くのテーブルの若い男女の「麺がインスタントラーメンみたいだよなあ!」「このスープ、あまり味がしない…」という会話が耳に入ってきて。

あ、昔私が感じた印象と同じ… ということは、やっぱりここが、あの店だ!

やーねー、このスープのおいしさが分かんないなんて、子どもだわ~(○年前のお前もな)などど思いつつ、ついニヤニヤ笑ってしまいました。

(あ、そうそう、お店の人に聞いたところ、店舗はだいぶ前に改装したそうです。だから雰囲気が違ったのかな)


いやあもう、超満足(笑)

○年前の店を勘で探し当てた満足感と、昔わからなかったおいしさがわかることへの満足感と。

まあ、遠くから来てどうしても食べるべき味とは思いませんが、ほっこり懐かしい味の高山ラーメンが好きな人にはおススメです。


余談ですが、ここからそう遠くないところに、大変な行列ができている若い人向けのラーメン屋さんがありまして、実は前回そこにいったいのです。が。
そこは濃い目のわかりやすい味で、かえってどこにでもありそうな感じ。昔の私ならそういうのが良かったのかもしれませんが、一昨年の段階で全然面白味を感じなかったんですよね。

ということは、もし一昨年つづみそばに来ていたら、その時点できっと今のように「うまい!」と感じていたんでしょうね。(歳とったわ~ 笑)


久々のつづみそば、○年越しで高山ラーメンのおいしさがわかった、記念すべき?一杯となりました。

それにしてもあの時、彼と結婚して〇年後にまたラーメンを食べに来るとは、想像だにしなかったなあ…


ちなみに旦那は前回のことを全く覚えていませんでしたが、それなりに楽しんだようです。ただ、男性にはやっぱりちょっと物足りないかな~。

チャーシューが柔らかくておいしかったので、ボリュームがほしい人にはチャーシュー麺もいいかもしれません。


|

« 2015年3月 | トップページ | 2016年1月 »