« 2015年5月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

草津ホテル@草津温泉の夕ごはん

草津ホテル@草津温泉の続き。夕食の話です。

草津ホテルは基本的に、食事処ではなく部屋での食事になります。当初、部屋食はいいなあと思ったんですが…

実は、このホテルに滞在した人の口コミを読むと、悪い評価をつけている人は必ず「中居さんが…」と評しているんです。
で、今回、部屋食の支度でその意味が分かりました(笑) その辺は、そういったレビューをご参照くださいね。


そんなわけで、食事の前に萎えてしまってあまり楽しめなかったというのが正直なところなのですが、とりあえず写真だけ出しちゃいますね!(説明も少しだけ追加しました)


順不同ですが、鍋:上州牛鍋。柔らかくておいしかったです。が、脂の塊がちょっと多すぎかなあ。


上州牛鍋


八寸:梅貝、ふぐ鉄皮煮こごり、鶏松風、サーモン手まり寿司、いくらゆずおろし


八寸


酢物:金紙巻き エビやキュウリが薄焼き卵で巻かれていました。これはおいしかったな。


金紙巻き


先付:春菊、椎茸、蟹


先付


お造り:マグロ、カンパチ、甘海老。


お造り


こういう旅館は山の中でもお造りが必要なんですかね…。海のお魚のお刺身を山で食べたいとは思わないんだけどなあ。(でもマグロはおいしかったです)


洋皿:豚の角煮


洋皿


この角煮は…パサパサに乾いていました。ジャーキーみたいな食感。時間がたちすぎたのか、もともとそういうものなのか。


煮物:かぶ、梅麩、アナゴ、こんにゃく


煮物


揚皿:海老、レンコン、まいたけ、ししとう…と書かれていましたが、たらの芽。


揚皿


たらの芽の天ぷら、おいしかったです。

このほかにお凌ぎに蟹の炊き込みご飯、汁物、香の物、水菓子(フルーツ)が出ました。

食事の内容自体は可もなく不可もなく、という感じでしたが、男性には量がちょっと少ないかな?追加のお料理もあるので、そういうのを頼んでもいいかもしれませんね。

ただ、「これはちょっと…」と思ったのが汁ものがすっかり冷めた状態ででてきたこと。 これまでいろいろな宿に泊まりましたが、どんなリーズナブルな宿でもこんなことはなかったけどなあ。

汁物を温かい状態で出せないくらいなら、部屋食なんてやめて、いっそ宴会場で出せばいいのに、と思います。

まあこの感想も、中居さんの態度(※)が、ますますそう感じさせたのかもしれませんけどね…

(※おそらく本人は悪気がないんでしょうけど、田舎の食堂のおばちゃんみたいな横柄さ、といえばイメージがわかるかなあ… これが民宿なら、そういう態度でも気にならないんですけどね)


さらに続いて朝ごはんの話


|

草津ホテル@草津温泉

草津ホテル@草津温泉


2015~2016年にかけてあちこちのホテルや旅館に泊まったのですが、きちんと順序立ててブログに書こうと更新せずにいる間に、いろんなことをどんどん忘れてきてしまっています(苦笑)

ということで、とりあえずもう、写真だけでもどんどんあげて行っちゃいます!

まずは草津ホテル@草津温泉!ここ、一番最近泊まったところです!


草津ホテルの外観


大正2年創業とかで、レトロな外観がかっこいい温泉旅館(温泉ホテル?)です。

でも実際に入ってみると、中はそれほどレトロな感じじゃなかったかな… まあ、つい最近ホントにレトロなクラシックホテルに泊まったので、それと比較してしまうせいもあるかもしれませんが。


カフェスペース


上の写真はコーヒーがセルフで飲めるカフェスペースです。こんな感じでアンティークな雰囲気を作っている空間もあるのですが、全体的にはきれいに整備されていて、温泉も含めて特段古さを感じる部分はありません。


カフェの外の干し柿!


もしかすると、長年古さを感じさせないように改装してきたものも、ここにきて逆にレトロ感を出そうと方向転換しているのかも?

まあ、レトロっぽいけど古びた感じはしないので、若い女性には好まれるかもしれませんね。個人的には、もうちょっと時代が感じられるほうが好みかな(笑)


新館の室内


今回泊まった部屋は新館です。
古いほうが良いといいつつ新館、というのもあれですが、ちょっと前に泊まった古い旅館がホントに古くて、上下左右の部屋からの物音が騒々しくて眠れなかったので、今回はプライベートが保てそうな新しめの部屋にしたのです。


部屋自体はなかなか素敵でしたよ。モダン和風、ということでしたが、畳の部屋の周りに、その部屋用の廊下が巡らせてあるのが面白いです…なんといえばいいのかな、館内の廊下から部屋に入ると、その中にさらに廊下があるんです。


部屋の中の廊下


上の写真は、その室内の廊下から、外の廊下に続くドアを見たところです。

廊下のスペースがかなり広い。で、和ダンスが置いてあったりします。


廊下の和ダンス


贅沢な空間設計ですねぇ!

これだけ外の廊下との距離があると、廊下からの音はあまり聞こえてきません。だから室内は静か…

のはずだったんですが!


実際には、他の宿泊客の騒音が激しく、あまり落ち着いて滞在できませんでした。若い人に人気の宿は、どうしても騒々しくなってしまいますね!こればかりはどんなお客さんと一緒になるかによると思いますが、かなり残念…


明け方の空


上の写真は明け方部屋から見えた風景。下弦の月が南の空に見えていました。こうしてみると静寂そのものですけどね~。


では続いて、食事の話です!


|

« 2015年5月 | トップページ | 2016年2月 »