旅のおやつ

湯之島館@下呂温泉:夕食編

湯之島館@下呂温泉:夕食編


湯之島館@下呂温泉:館内編からの続きです。


いやあ…実はですね。

食事のこと、ほとんど覚えていないんです。ゴメンナサイ…

この宿に泊まったのは二泊三日の旅行の二泊目だったのですが、前の日の宿の料理がとにかく素晴らしすぎて
あと、湯之島館は施設のインパクトが強すぎて(笑)。

ちょっと食事の印象が薄かったなあ…


でも、悪い印象も残っていないんです。不満があれば、そのように記憶に残りますから、特段すごくもなかったけれど、そこそこ、という感じだったのかなあ、と思います。

ホテルや旅館はそれぞれ売りがありますが、ここは歴史ある施設が売りということで、食事はそこそこで十分かなあ、と思います。


あと、夕食は部屋出しなので、まわりに気兼ねなく食事できるのが良いですね。(でも最近、部屋出しじゃないほうがいいと思った事例もありましたけど)

で、そのお食事ですが。

細かいことは覚えていないので、写真をズラズラーっと。

まず、食事が始まるときのテーブルはこんな感じ。


よく見えない全体像


写真を見て、なんか寂しいテーブル…こんなんだった?と思ったのですが、八寸(前菜)の器が3段の箱になっていまして、下の段(ピンクの↑)が影になって、見えていないんです。

この真ん中からパカッと開く器、和食屋さんなどで時々見ますが、何て言うんでしょう?これ、ウチにもほしいなあ。これに入れて持ってきて、その場で開くだけで、「どうだ!」って感じがして面白い(笑)

手前右手にあるのは食前酒の梨酒です。


で、八寸はこんな感じ。


八寸:穴子南蛮漬け・里芋味噌焼き・枝豆の白和え

八寸その1


八寸:長芋と大鱒のマリネ

八寸その2


八寸:無花果生ハム添え

八寸その3


続いて、

吸物:かます柚庵焼 白木耳 モロヘイヤ 柚子

吸物


造里:鯛炙り 鮪 妻もの一式

造里


いつも思うんですが、内陸でマグロを出す必要があるのかなあ…

これがないとごちそう感がでない、ってことなのかもしれませんし、「山の幸」のほうがかえって大変なんでしょうけれど。


進肴:夏野菜のちらし寿司 おくら 茗荷 絹さや 茄子 鰻蒲焼 イクラ

夏野菜のちらし寿司


進肴や強肴でご飯もののこともあるんですね。見た目にもパッと華やかで、なかなか良かったです。

ちなみに旦那は茗荷が苦手なので、予約時にそう伝えておいたのですが、おしながきに「茗荷」の文字を見たときにギョッとしました…

でも旦那の分は、茗荷抜きになっていましたよ!

当たり前のことかもしれませんが、ちゃんとしているな、とホッとしました。

旦那のように茗荷が苦手なくらいなら、それが入っていてもまだいいのですが、アレルギーなどがある人は、色々心配ですもんね。

焼物:鮎塩焼 青唐 トマトワイン煮

焼物


鮎は旦那が喜んでいました。川魚の塩焼きが好きなので。(好きすぎて私の分も食べた 笑)


そして、

名物:飛騨牛A5等級サーロインステーキ

名物 飛騨牛A5等級サーロインステーキ


テーブル全体の写真の左手奥に映っていた鉄板は、このステーキを焼くためのものでした。


で、飛騨牛。

このあたりの旅館・ホテルでは、飛騨牛が出るところが多いようですが、うーん。

個人的には、和食の会席料理に霜降りの鉄板焼きはいらないと思うんだよなあ… って、自分が歳だからなんだろうなあ(苦笑)。

あと、厨房の都合もあるんでしょうね。飛騨牛自体は高級なのでしょうけれど、調理する手間がかからないので。

それに、若い人や男性にはきっと喜ばれるんでしょうね。


止肴:蛸柔らか煮と翡翠冬瓜梅ソース掛け

止肴


冬瓜がさすがにきれいだなあと思っていたら、旦那が「ウチの冬瓜のほうがいい」と言い出しました。

ウチの冬瓜…  いや、だからあれは冬瓜じゃないってば(汗)


このほか、ご飯香の物止め椀
これらは写真が残っていませんでした!


そして最後は

甘味:湯之島館黒蜜ゼリー

甘味


という感じでした。

追加料理などはせず、最もシンプル(というかリーズナブル)なプランだったのですが、こうして見ると悪くなかったんじゃないかなあ、と思います。


あと、今回写真と持ち帰ったおしながきを見ながらこれを書いているんですが、こういうおしながきがない宿もありますよね。(最近泊まった宿でも、ないところがありました)

これ、絶対にあったほうが良いなあ、と。

忘れてしまったとしても、写真といっしょに見返しながら、ああ、そうそう…なんて記憶を掘り起こすことができますから。


続いてお風呂と朝食の話です!

|

奈良の話

今回は備忘録というかそれにさえなっていないというか…なのですが、まあメモ書きということで。奈良に行った時の話です。


東大寺の鹿


奈良に行ったのは2014年の夏の話でしたが、高校で修学旅行がなかった私は(東北の進学校は、なぜか修学旅行がない)奈良をちゃんと旅行するのはこの時が初めてだったのです。

やーー、楽しかったなあ。


長谷寺良かった


夏の暑い時期だったせいか、寺社は比較的どこも空いていて、静かに拝観することができました。

ただ、肝心の仏像はたいてい撮影禁止なので、素敵な仏像も写真に残せないのが残念。


そしてもう一つ奈良で残念なのが、食事の選択肢が少ないこと…特に夕食には困りました!店が閉まるのが早すぎる!


奈良では珍しいおしゃれ和カフェ


このとき奈良で入った中で唯一の「女子向けカフェ」が上の写真。確か「カナカナ」だったかな?町家を改装したカフェで、なかなか良かったです。

おしゃれカフェもはんなり和食店も豊富な京都とは、そういうところが違うんだなあ…


わらび餅


でも、わらび餅は京都よりおいしかった、気がする。暑かったせいもあるのかな。

このわらび餅、繁華街の和菓子屋さんの店頭で買い、ホテルで食べたのですが、おいしかったなあ~ にゃ~っと柔らかくて、でもプニプニと弾力があって。

あ、奈良には超有名なわらび餅のお店があるそうですが、そこではないんです。普通の和菓子屋さんのもの。
ということは、奈良はわらび餅のレベルが高いのかなあ…


実はこのとき、他の有名和菓子屋さんの高級和菓子も買って食べたのです。


有名店の高級和菓子


が、実はこれ、ほとんど覚えていないんです。記憶がわらび餅に持っていかれたようで(ただ、おいしいけどやたらと高いお菓子だと思った記憶はある 笑)。


160310_nara_6


ちなみに初めて見た廬舎那仏(いわゆる奈良の大仏)はあまりに大きくて、なんかこう…仏像を超越した存在、でした(笑)

右手の施無畏印は、「心配いらないよ」という意味のポーズです。写っていない左手は「願いをかなえますよ」という意味の与願印。

つまり「心配はいらんよ、願いをかなえてあげるよ」と言っているんですよ、あの大きな大仏様が!(大きな大仏って変な言い方?)


あー、また奈良に行きたいなあ。

|

「ずんだ小径」で「ずんだロール」@仙台駅

ずんだロール


かき鍋クルーズの余韻がだらだらと続いていますが、帰りの仙台駅での話。

こちらにも書いたように仙台駅では今構内を工事中で、新しくなった場所や入れなくなった場所などがあちこちにできています。


で、今回いつもと違う駅北側のコインロッカーを利用したところ、「ずんだ小径」という謎の土産コーナーができてることに気がつきました。

出店しているのはずんだ専門店「喜久水庵ずんだ茶屋」「玉澤総本店」「ずんだ茶寮」だそうで。
「玉澤総本店」と「ずんだ茶寮」は以前もご紹介したことがありましたが…3店舗で「ずんだ小径」なのか。「小径」とかいて「コーナー」と読んでもいいような。

いずれにしても、「ずんだ」って、10年前にはこれほど知られていなかった気がします。今や新たな仙台土産になるほどに知名度が上がったんですねぇ。

とまあ、なんだかんだ言ってずんだが大好きなわたくし、これは何か一つお土産に…と物色していたところ、ずんだ茶寮の「ずんだロール」が目についたわけです。

あ、これはお店ではなく家に戻ってから撮った写真ですけどね。


ずんだロール、意外と大きい


なぜこれが目についたかといえば。

基本的に素朴なロールケーキ類が好きなことはもちろんなのですが、この大きさで1,188円という安さが目について(笑)

こういうロールケーキって、なんだかやたらと高かったりしますよねぇ。でもお土産用にかかわらず、なかなか良心的な値段設定。

ただし、冷蔵庫に入れるまでに2時間以上かかる遠方の人は、別売りの保冷バッグを買ったほうがよさそうですが、それも108円だったかな?大した値段ではありません。


どうせ旦那は食べないけれど、試しに買ってみようかなあ、と、持ち帰ることになったのです。

でね。


切り分けたずんだロール


実際に食べてみて、いろいろわかりました。

わかりましたというか、なるほどと思ったというか。


まず、ロールケーキ自体はおいしかったです。ロールケーキの生地はしっとりとしてパサつかず、ほんわり柔らかい口当たりのクリームをやさしく巻き込んでいます。

クリームもあっさりとやさしい味で、誰にでも好まれそう。

ですが。

ずんだの味が、弱い。

これ、ずんだが初めての人でもおいしく食べられると思います。なぜなら、ずんだの味が薄いから。ずんだ風味のクリームって感じなんです。

でも、ずんだ好きにとってはちょっと物足りない…

このロールケーキがお手頃価格なのは、ずんだが濃くないからなんですね、多分(ずんだ自体が高いので)。


うーん。今ずんだのお菓子がいろいろありますが、なんだかんだ言って、ずんだ餅が一番好きかなあ。ずんだ味を堪能できますからね~

といっても、おいしくないわけじゃないんですよ!むしろ前記した通り万人受けするロールケーキだと思うので、仙台土産として誰にでもお渡しできるのではないでしょうか。


ちなみに、ずんだ茶寮のホームページから拝借したずんだロールのイメージ写真は下の通り。


ずんだ茶寮のホームページより


んっ… なんかクリームと生地の比率が…実物とは…ねえ?

まあ、この程度はご愛敬かな?


|

ホシヤマ珈琲店@仙台の高級ケーキセット

ホシヤマ珈琲店


かき鍋クルーズを堪能し、帰りは電車で仙台まで戻ってきましたが、余裕を見て予約していた帰りの新幹線まではまだ少し時間がありました。

そこで、前々から気になっていた仙台の超有名&高級カフェにGO!ホシヤマ珈琲店@アエルです。

あ、実は本店は他にあって、そちらのほうが有名なんですけどね。今回は仙台駅からも近いアエル店ということで。


ホシヤマ珈琲店は創業1974年とかで、本店は渋谷の茶亭羽當のようなレトロで重厚な雰囲気のお店のようです(行ったことはありませんが 笑)。

一方アエル店は、ホテルのラウンジのような広々として高級感のある空間。


ホシヤマ珈琲店アエル店内


天井が高ーくて、その高い天井まで届かんばかりのカップボードに高級そうなカップがズラリ。店内は心地よい程度に薄暗く、ちょっと…いやかなり、大人の雰囲気。ちなみにアフタヌーンティーセットが人気のようです。

これは、普段はなかなか入れない。

いや、雰囲気だけでなく、お財布的にも

だって、一番安いコーヒーが1,100円(税別)なんですよ!


普段の私ならばっかじゃないの!と入らないタイプのお店なんですが(笑)、まあほら、旅先だしね(厳密には出張帰りだけど)。かき鍋も食べてテンションも上がってるしね。


そんなわけで、仙台で思い切って散財してみました(笑) 冒頭のチーズケーキセット、1,500円(税別 しつこい 笑)です!


こちらのお店も前出の羽當と同じように、お客さんの雰囲気に合わせてカップを選んでくれるんだとか。

こういうサービス、どこまで雰囲気に合わせて選んでいるのか微妙だなあと思いますが、どんなカップで出てくるのかが楽しみの一つにはなりますよね。どれも高級カップでしょうし(笑)

ただこのとき、しまった!と思ったことが1つ。

私、めちゃくちゃカジュアルな服装だったんです。かき鍋で臭いがついても平気なようにと、上着を脱ぐとなぜかモンベルのフリースという…(苦笑)

うわーー、ちょっとこれは、どんなカップで来るんでしょう?アウトドア風に、サーモスのマグカップだったりしたら笑っちゃうけど。


ところが、出てきたのはこんなカップでした。


ジノリのインペロカメリア


見た瞬間、あっ、と思いました。
なぜか懐かしく感じたのです。子どもの頃、こういうカップに憧れたなあ、なんて。

といっても私の家でこんな高級カップを使っていたわけではありませんよ!
これはジノリのインペロカメリア。一見バラ風ですが、カメリアとは椿のことで、ソーサーの少しくすんだ色合いもあってか、どこか東洋的な雰囲気も感じられます。


あー、なんだかいいなあ。上品だけどほっこりする。


でも、なぜこれなんだろう


羽當でも、その日の服装とは全く関係なく私好みのカップが出てきて驚きましたが、今回はもっとひどい…というか場違いな服装、しかも色合いも違うのに、どちらも出てきたカップは暖色の紫系で、ほんのり東洋の雰囲気。

こういうお店の人たちは、一体客のどこを見ているんだろう??謎は深まるばかりです。

意外に適当だったりして?と周りを見ると、隣のドレスアップしたお嬢さんには、真っ赤な色のモダンなカップが使われていました。ということはやはり、その人ごとに選んでいるんでしょうね…


そして、もうひとつ驚いたのは、こちらのお店のチーズケーキ。


ホシヤマ珈琲店のチーズケーキ


フワーッと柔らかいクリーム状のチーズケーキで、ベースのスポンジ部分はコーヒー味。そこにナッツが入っています。

これ、チーズケーキっていうか…むしろティラミス
いや、マスカルポーネじゃないとティラミスとは呼ばないのかな。ということは、ティラミス風チーズケーキ?

お上品でおいしいんですが、チーズケーキはガツッと濃厚なタイプが好きな私には、ちょっと上品すぎたかな~(笑)

でも、このお店の雰囲気にはとてもあっていると思います。

あ、そうそう、コーヒーはロイヤルブレンドを頼みました。酸味が少なく苦みが強い、とのことでしたが、こちらも上品でおいしいコーヒーでした。でも一杯1,100円の価値があるかどうかは私にはわかりません(笑)

このお店の場合、コーヒー+空間代、ですよね。
この非日常的な空間と、店員さんたちの洗練された接客も含めると、その価値はあるんじゃないかなあ、と思います。

次の機会があったら本店にも行ってみたいなあ。あ、今度はおしゃれして行こう!(笑)


|

高山名物みたらし団子!:飛騨高山

旅の覚え書き「飛騨高山編」、買い食いシリーズ第二弾は、高山名物のみたらし団子です!


もくもくと団子を焼くおばちゃん


○年前初めて高山に来た時、高山ラーメンと同様強烈なインパクトがあったのが「みたらし団子」でした。たまたま目についたお店でお団子を買ったのですが、一般的なものとは全然違う味で。

で、やはりここはもう一度食べてみなければ、と、鍛冶橋のたもとのお団子屋さん、二四三屋さんに寄ってみました。


二四三屋


○年前もここだった、かな?まあそのあたりは定かではありませんが、そのときも風情のある屋台だった気がします。

お店をのぞくとおばちゃんがもくもくとお団子を焼き続けています。


お団子を焼くおばちゃん


あ、顔がぼやっとしているのは、一応の配慮です。おばちゃんが「さるぼぼ」化しているわけではありません(笑)

立地のいいこのお店、観光客に人気のようで、ひっきりなしに人が訪れて、お団子を買い求めていきます。でも、何も知らずに食べたらびっくりするだろうなあ?

というのもね、


高山名物みたらし団子


このお団子、みたらし餡がかかった一般的なものとは違って、全然甘くない
お醤油だれ(たまり醤油)で香ばしく焼かれているんです。
お団子というより、焼き餅の味、かなあ。

甘いみたらしを期待して食べると「!?」となりそうですが、でもこれはこれでおいしい。甘いものが好きじゃない男性にはかえって好まれそう。

もし同行者が何も知らなかったら、何も言わずに食べさせてびっくりさせる、というのが楽しいかもしれませんね(笑)

高山に来たら、ぜひ一度お試しあれ。香ばしいみたらし団子、私は結構好きですよ~

|

草まんじゅう@稲豊園:飛騨高山

旅の覚え書き「飛騨高山編」、高山ラーメンの「つづみそば」に続きまして、いきなり買い食いシリーズ(笑)、稲豊園の草まんじゅうです!


稲豊園の草まんじゅう


つづみそばで舌鼓を打った後、何はともあれ古い町並み方面へ向かいます。

が、その途中、旦那がガイドブックで目をつけたお店に寄り道です。というか、偶然にも道すがらにあったんですけどね。老舗和菓子屋さんの稲豊園です。


普段甘いものに目をつけるのは私のほうなのですが、今回ばかりは旦那が「ねえ、これ、こんなのがあるよ」と申告(?)してきたのです。というのも、濃緑色の草まんじゅうだったので。旦那はよもぎのお菓子が好きなんです(笑)

もちろん、外側が何であれ小豆餡ブームまっただ中のワタクシが断る理由はありません。お店を見つけてさっそくGoですよ!


お店はそう大きくはありませんでしたが、すでに地元の方と思しき先客が何組か、お使い物を選んでいるようです。ショーケースには、昔ながらの和菓子の他、五種類・5匹の猫を象った「招福猫子まんじゅう」なんてユニークなお菓子もありました(正直、そちらにも心が揺れましたが、初志貫徹で草まんじゅうにしました 笑)。

順番を待ちながらお店の様子を観察すると、あれ、菊のご紋…


菊のご紋が目立ちます


壁に高々と掲げられた菊のご紋入りの額。「全国最高賞 皇孫殿下御誕生慶祝記念 全国銘菓大品評会 」と書かれています。

皇孫殿下御誕生ってことは、現皇太子殿下か、秋篠宮殿下、または黒田清子さんのご生誕記念だったのでしょうか?いずれにしても、すごい賞を受賞したお店みたいですね!草まんじゅう一個を買い食いしたりしていいのかな… いや、結局買い食いするんですけど(笑)


ということで、たった一つだけ買いましたよ、草まんじゅう!


草まんじゅう、小さくて色が濃い!


写真でイメージしていたより小さめ。旦那の手がデカいので余計小さく見える…
そして色が濃い!つやつやの深緑です。なんだか一般的な草まんじゅうがギュッと凝縮されているみたい。

中身はどうかというと…

カパッ!


あんこたっぷり


薄い皮の中に小豆餡がギッシリ!

口にすると、皮は薄いのによもぎの香りが濃厚です。うわ、よもぎウマ~(笑) 餡は上品な甘さで、あまり出しゃばらずによもぎの香りを引き立てています。

草餅とか草饅頭といっても、少しよもぎの香りがする程度、という商品も少なくありませんが、これは小さいながらもなかなか満足できました。

もう一個食べたいかな…とも思いましたが、まだ次の買い食い予定がありますので、ここはぐっと我慢で(笑)


|

仙台でずんだ餅三連ちゃん!(ずんだ茶寮・八幡茶屋・玉澤総本店):2013年夏・東北

続きを読む "仙台でずんだ餅三連ちゃん!(ずんだ茶寮・八幡茶屋・玉澤総本店):2013年夏・東北"

|

マルカンデパート@花巻のソフトクリーム:2013年夏・東北

続きを読む "マルカンデパート@花巻のソフトクリーム:2013年夏・東北"

|

台湾2010-2012・12:スターバックスで月餅を買う!

続きを読む "台湾2010-2012・12:スターバックスで月餅を買う!"

|

台湾2010-2012・4:台北の夜市・その1:雙城街夜市・饒河街観光夜市

続きを読む "台湾2010-2012・4:台北の夜市・その1:雙城街夜市・饒河街観光夜市"

|