« 今日は暑い!/まめ蔵 | Main | TONY'S(のご主人) »

謳歌屋(閉店)

040623_namero.jpgところで、日曜日の父の日の話。
この日は謳歌屋という佐渡料理のお店で食事をしたのだけれど、ここのマグロのカマ焼きが面白い。その名のとおり、マグロのカマが焼かれて出てくるんだけど、当たりだと、そりゃもうデカイのがやってくる(4人でも食べきれないくらい!)。そして、これがウマイ!
ウマイので、この際佐渡とマグロに関係があるかどうかについては目をつぶろう。

さて、父の日の主役である義父は無類の魚好きで、しかもこういう、デカイのが好き。義母はいつも、何を作るにも食べやすいように切り分けて食卓に出すけれど(つまり、食卓が上品な感じ)、義父は、デカイものを自分で切って食べる、つついて食べる、というのが好きらしい。
つまり、魚+デカイ+つついて食べる という、義父のポイントを押さえた一品なわけだ。

感情をあまり外に出さない義父。おいしくても、いつも同じ調子で「おいしいねえ」という。今回も例のごとく、「おいしいねえ」と言っていたが…
店員さんがグラスを下げに来たとき、「すいません、これ、もう一つ」と、カマを再度注文!

お義父さん、これが気に入ったのね…。

義父の場合、気に入ったものは一つではすまないのだ。
義父は寿司ネタでは穴子が好きで、それもなぜか、その場にいる人数分×2くらい頼んでしまう。そして、さらにおもしろいところは、そうやって頼んだものを、自分ではあまり食べないこと。ようするに、「こんなにおいしいんだから、みんなもっと食べたいでしょ」という気持ちの表れらしいのだ。普段は殿様のような義父だけど、義父なりに気を使っているのよね。

旦那は、義父のこういう態度にありがた迷惑だと腹を立てる。でも私は、義父のそういうところがなんだか微笑ましくて、イヤじゃないんだけど。

ただ、支払がこっちもちだというところを忘れて頼まれるのが、ちょっと痛いかもね…(汗)

写真は、房総の郷土料理「なめろう」。この前館山に行った時に食べたもの。
魚だというだけで、謳歌屋とは全く関係ありません(^^;)

謳歌屋余平


2011年2月追記:いつのまにか閉店していたようです。残念!

|

« 今日は暑い!/まめ蔵 | Main | TONY'S(のご主人) »

吉祥寺・和食」カテゴリの記事

閉店したお店」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.