« 比内や | Main | 感想:ブラザー・フッド »

ご紹介・反日マスコミが伝えない親日の話

今日はちょいと忙しく、お昼はカロリーメイトというありさま。
そんなわけで、ランチ情報はアリマセン。

代わりといっては何ですが、GARDENA GARDEN のM女史からまたまた教えていただいた、興味深いサイトをご紹介します。

反日マスコミが伝えない親日の話
http://mikomo.hp.infoseek.co.jp/index.html

この手の話題をネットで出すと旦那に何かと心配されるのですが、やはり私の性分として、自分が伝えたいと思ったことは伝えなくちゃ気がすまないというか。第一その旦那自身も、こういう話を知らない派の一人なんですよねぇ。

こういう話を見聞きする機会があっても、(特に戦争にかかわる)日本人の行いを肯定するような意見を受け入れるのには、何かしらの罪悪感が伴う人が多いと思います。私もその一人です。『日本は世界中に迷惑をかけたのだから、かつての日本人の行いは、どんな形であれ肯定してはいけない』というような、強迫観念のようなものが染み付いています。

もちろん、戦争自体を肯定するものではありませんが、でも、こうして色々な話を一度に読むと、今まで学校で教えこまれきたことは本当なんだろうか、私が信じてきた話は本当なんだろうか、という疑念が・・・というよりか、多分本当じゃないんだろうな、という気持ちさえ沸き起こります。

「戦争の歴史は勝者側からしか語られない」とはよく言いますが、日本は敗戦国として、必要以上に自分たちを卑下するように仕向けられ、そういう教育が浸透しきってしまっているのでしょうね。

この歳になって、子供のころに先生に教えられたことを思い出してみると、どこかの政党のような話ばかりをされてきたんだな、と思います。まあ、今のマスコミもそれと似たようなことばかり言っている気もしますけど・・・。

今度は自分で、それを知ろうとする努力が必要なんだな、と、今更ながら思っているところです。

|

« 比内や | Main | 感想:ブラザー・フッド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.