« 二日酔い | Main | ガネーシャ(閉店) »

オリンピックで気になったこと

オリンピック、柔道では金メダル3つと、しょっぱなから盛り上がってますね!

直前まではあまり関心がなかったのですが、いざ始まると、やはりなんだかんだと観てしまいます。特に柔道は、柔よく剛を制すという醍醐味を世界に見せ付けてくれて、なんだかうれしくなってしまいます。

そんな中で、しょっぱなから気になってしまったことが二つ。
選手の衣装(?)と愛ちゃんの「サァ」です。

まず、入場行進の話。日本選手団のユニフォームは、どうして毎度毎度、あんなにかっこ悪いんでしょう(汗)

他の国は、自国の民族衣装だったり、それをモチーフにしていたり、あるいは国旗のカラーを使っていたりと、「どこの選手団か」がはっきりとわかるようにしているし、遠目にきれいに見える衣装が多いように思います。
でも、日本のアレは…。

あの半端な花柄は、なんなんですか?いくらKENZOだからって、花柄である必要があるんですかね?シャクヤク?なんで??しかも、かなりアップにならないと見えない。あれならいっそ、真っ白のほうがいいような。

しかも、帽子の内側のヘンな色。幼稚園のお遊戯大会みたい…。日本人の肌や髪の色に合っていなくて、すごく変な感じ。各国の人が集まり、様々な髪や肌の色がいる中で見ると、余計に不似合いないことが目立って見えます。日本人が日本人らしく、凛として見えるようなユニフォームにはならないんですかね??

まあ、ユニフォームで試合するわけじゃないからどうでもいいといえばいいのだけれど、これだけたくさんの国の人々が集り、それをまた世界中の人が見る場面って、他にはありませんよね。そういうせっかくのチャンスなのだから、もっと「日本」を表現できるようなものを考えてほしいのだけれど…
まあ、あの中途半端さが今の「日本らしさ」なのかもしれないですけどね!

そしてもうひとつ気になったのが、卓球の愛ちゃんの「サァ!」という不思議な掛け声。
ポイントを取ったときというよりも、相手がミスしたときに言ってますよね。(自分のスマッシュが決まったときなどには言わないような…)。私はさほど気にしていなかったけれど、旦那がすごーーく不快に思ったらしく、「あれは許されるのか?」と、横で文句を言っていました。相手のミャオミャオがけっこう可愛かったというのも、相手に肩入れする一員であったかもしれません(^^;)

ミャオミャオも、愛ちゃんが失敗したら「ミャオ!」とか言えば、おあいこですけどね!

嫌さ加減でいえば、将棋の羽生の「羽生にらみ」のようなもんだなーと思いましたが、相手は集中力がそがれちゃうでしょうねぇ。マッチポイント(の前かな?)でミャオミャオが見せた苛立った表情が印象的でした。


ところで、今年は終戦記念日の話題がちっともニュースに出ませんね。
うちのあたりでは12時ころ、どこからか黙祷を促す放送が入ったようですが、終戦記念日のこと、忘れちゃってる人も多いんだろうなあ。

|

« 二日酔い | Main | ガネーシャ(閉店) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.