« 一圓のラーメン | Main | キツネの卵(閉店) »

アウボラーダ

吉祥寺駅の東側が寂しいことになっている。・・・まあ、私の主観なんだけど。

私の愛する大善が、昨年末で廃業になった。下ろされたシャッターには、店からの最後の挨拶が貼られ、そこに常連と思しき人たちからのメッセージが残されていた。
そして、上品な四川料理を出す千味も、秋ごろ、どこかに行ってしまった。そのしばらく前、店の裏に紹興酒のツボが置かれていた。「ご自由にお持ち帰りください」という張り紙があったが、今思えばあの頃から店を閉める予定だったんだろうなあ。
その千味のあとに、リゾット・カフェと銘打った謎の店が出来ていたけれど、冬前には「12月からランチ開始」と立て看板があったわりには、未だにランチはしていない模様。しかし、夜だけ開くCafeなのか?

そんなわけで、行きたい店がどんどんなくなる。非常に寂しい。

本日、新たな店を開拓しに、千味跡地の隣のお店に初めて入ってみた。
以前は怪しげな名前だったのだけれど、秋にアウボラーダと改めたらしい。店のある半地下に下りる階段の前に、ブラジル国旗の立て看板が出ていて、ブラジル料理の店なのだと一目でわかる。

でもブラジル料理って…シェラスコしか知らないのよね(^^;) どんなものなんだろう…。

050119_alvoradaブラジル料理、といってもゴツイ料理が出るわけではなく、ここは基本的にバール(軽食が出る食堂兼飲み屋)のイメージらしい。でも週代わりのプレートなどもあり、ランチにはちょうどいい感じ。

写真は私が食べた「フェイジョアーダ」。黒インゲン豆とお肉を柔らかく煮込んだブラジルのソウルフード、とのことで、初挑戦にちょっとワクワク。アメリカのロデオ会場で食べたボークビーンズみたいな感じかな、などと勝手に想像していた。

でも、食べてみたら…なんとも表現のしようのない、不思議な味わいなんだなあ…。

全然甘みのない塩味のお汁粉に、お肉の破片が入っている…ような?ポークビーンズのように想像がつく味ではなかった。といっても違和感があるわけではなく、どこか懐かしいような気さえする、滋味深い味だ。

なんか気に入っちゃったな?、また今度、ポンデケージョのハンバーガーでも食べにこようかな。
ホームページにメニューがあるので興味のある方はどうぞ。
ちなみに、月一でライブがあるようで、ブラジル音楽が好きな人には有名なお店みたいです。

ALVORADA

ところで、いっとき流行ったシェラスコのお店は、今じゃあ、まるで見かけないんだけど、あれらはみんな、単なる流行りものだったの?
まだ結婚する前、旦那(当時彼)と渋谷の店に食べに行ったんだけど、私の場合、あれが最初で最後だったなあ。

追記:2006年の2月から、ランチは金、土、日のみの営業になったようです!ガーン…
追記:2009年3月現在、ランチは土、日のみです!休日出勤の時しか食べられない…
追記:2010年3月現在、ランチ営業がなくなっていました!あちゃー…

|

« 一圓のラーメン | Main | キツネの卵(閉店) »

吉祥寺・ダイニングバー」カテゴリの記事

吉祥寺・各国料理」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.