« Noodle Chafe(閉店) | Main | よいお年を… »

牛丼屋は救われるか?

スミマセン、今日はランチの更新はお休みして、気になった話題を一つ。

アメリカ産牛肉の輸入再開が近いようですが、牛丼チェーン店の対応が二つに分かれたようですね。
吉野家は1月末にもアメリカ産牛肉で牛丼の販売を再開、一方すき家は「(米国産では)安全な食の提供ができない」ということで、オーストラリア産を使うそうです。アメリカに実際に視察に行った上での判断のようです。

 参照:安全な食の提供がゼンショーの使命
 すき家

吉野家はアメリカ産の脂が多い牛肉じゃないとダメってことなのかなあ…。でもそうは言っても、狂牛病もアスベストと同じように、その直後はわからなくても後から大変な事態に陥る可能性があるし、そうなってからじゃ遅いんですよね…。

すき家の判断が、吉野家との差別化を図るためのパフォーマンス的なものだったとしても、それでも私は「危ないものは提供しない」という姿勢を明示したこと、それ自体を応援したいです。
自分でお肉を買う際にアメリカ産を選ばないことは出来ても、外食や加工食品、調味料などに何が使われているかまでは消費者は把握できないわけで、あとは製造・販売元の善意を信じるしかない。すき家(ゼンショー)のようなポリシーを前面に掲げてくれるお店が出ると、他の企業に対するプレッシャーにもなると思います(というか、そうなってほしい 笑)。

いずれにしても、輸入が再開したら、しばらく出所のわからない牛肉は食べられないですね。とはいってもウチではもともと、BSEが国内で問題になってから、ほとんど牛肉を食べていないんですが。

アメリカ産牛肉の輸入再開で、牛丼屋は救われるのかな?踏み絵を前に選択を迫られているような、ますます難しい事態になっていると思うのは私だけでしょうか…

|

« Noodle Chafe(閉店) | Main | よいお年を… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

アメリカ産牛肉輸入再開。
このニュースを聞いて私は、不正販売をどうやって防ぐつもりなんだろう。
というのが気になりました。

以前ある番組で紹介してましたが、海外産の牛肉を「国産」と偽って売っているスーパーがありました。
それと同様の事が起こるのではないかと危惧してます。
アメリカ産の牛肉を輸入したものの、きちんと表示すると全く売れない。
それなら「アメリカ産」を「オーストラリア産」として売ってしまおう。
といお店が出るのではないかという不安。

私たち消費者はお店で売られているものが本当に表示通りなのかを、チェックするすべがありません。
プロなら見抜けるのかもしれませんが...。
お店の人を信用するしかないんですよね。
でもその信用が100%できないのが今の世の中。
悲しい事ですが。

また外食時の食事やお弁当なども不安です。
加工食品になると産地などを出さなくてもいいものもあるんですよね。
そうなるともう区別のしようがありません。

ステーキや牛丼、焼肉のようにわかりやすい物は食べるのを避ければいいだけですが、スープベースなどに使われてたら...。

まぁ、正直言うと狂牛病騒ぎの前にさんざん牛肉の色んな部位を食べている私。
今更気を付けても遅いかも。
というのもあります。
でもこれから大人になっていく子供達まで危険にさらされてしまう可能性があるのが、なんとも悲しいです。

あともうひとつ。
政府やら調査団やらの人がアメリカに行って色々チェックしたようですが、事前に「調べに行くよー」と宣言しての調査なんて意味があるのでしょうか。
その日だけ取り繕うことがいくらでも可能では?
と思った私なのでした。
まぁ、そこまで言い出すと何もかも信用できない。って事になっちゃうんですけどね。

なんだかやけに理屈っぽい批判的な文章になっちゃいました。
気分を害した方がいたらごめんなさい。

Posted by: ブルー | Dec 13, 2005 at 11:16 PM

こんにちは☆

牛肉、本当に安全なんでしょうかね。あれだけ、「問題がある」的な事をニュース等で聞いてしまうと、「本当にそれはクリアされたの〜?」と疑ってしまいます。

確か松屋は、いま中国産の牛肉を使っているけど、吉野家は味が違うから、とアメリカ産の輸入再開をひたすら待っていたそうです。だから味にはコダワリがあるんでしょうね。でも安全?という疑問が残りますけど…

しかしそうすると何が安全なのかって、もう個人では判断できない!

ゼンショーの言っているようなポリシーを、企業が誠実に実行してくれるよう、祈るのみです。

Posted by: ユキ | Dec 15, 2005 at 07:24 PM

ブルーさん、ユキさん、書き込みありがとうございます(^^)

牛肉、もう輸入が始まったようですが、お店には並んでいるんでしょうか?お肉を買わないことは出来ても、出来合いのものや調味料等に入っているかもしれないのは怖いですよね…。内容表示をチェックして、「肉エキス」に「チキン・ポーク」と明記されていないモノには手を出さないようにしていますが、それだって本当なのかどうか・・・。

掲示板等では「狂牛病よりもよっぽど怖いことがあるのだから、感染する可能性がほとんどないアメリカ産牛肉だけに目くじら立てるのはおかしい」なんて意見があったりしますが、これって企業などの関係者の書き込みかなー、なんて疑ってしまいます。アメリカ産そのものが悪いのではなく、日本の安全基準に合っていないものを輸入することが問題なんですから。

日本の企業でも、死活問題にかかわっているところも多いのだと思います。以前も書いた仙台の牛タン屋さんとか。でも、むしろそういうとことが消費者の安全を慮って、全頭検査をするよう働きかけをしてほしいと思うのですが… というのも、アメリカ産の牛肉を使うなら、私はもう牛タンは食べませんし、私のほかにもそういう人は多いと思うのです。
仙台の牛タン産業は復活するんでしょうか?なんだか微妙な気分です。

Posted by: Comana | Jan 03, 2006 at 10:37 PM

The comments to this entry are closed.

« Noodle Chafe(閉店) | Main | よいお年を… »