« STONE(閉店) | Main | 味源熊祭(閉店) »

THE 有頂天ホテル

THE 有頂天ホテル観て来ました〜
おそらく既に、多くの方によって多くのことが語りつくされていると思うので、ちょこっとだけ。


私は三谷幸喜ファンというほどでもないので、あまり詳しいことは知らないのですが、もともと劇作家さんですよね?「笑の大学」でも、脚本がよく出来ているなーと思いましたが、今回も、さすが劇団出身だなあと…。

まず冒頭の長まわし。誰がどのタイミングでどう動いて、どういうセリフがあって、その間、カメラはどう動いて…という計算がスゴイ。そういう長まわしのワンシーンがところどころに出てきます。特にトリッキーでもないので、映像として云々という見方はあまりされないかもしれませんが、それが、雑然とした場の雰囲気を非常によく表現しています。カットでつなぐことになれたテレビの人とは違うなあ、と、妙に感心してしまいました。

次に、あれだけたくさんの登場人物が出てきて、しかもその一人一人がちゃんと生かされているのがスゴイ。大勢の人を出しっぱなしにしないで、彼らなりの結末が一応出ているんです(脇役の人まで)。これは脚本と監督が同じということで、脚本家の意図・こだわりが通せるためだと思いますが、いずれにしても、これにも感心です。

「笑の大学」では、最小限の役者、最小限のシチュエーションで一本作り上げていましたが(それはそれで、スゴイと思いました)、今回はとにかく、出来る限りたくさんの登場人物を出して、彼らをすべてきちんと絡めて一つの物語?を作る、そういう実験作的な遊び心があったのかなあと感じます。…あ、実際どうかはわからないですよ!ただ、見ていてそういう気がしました。勝手な思い込みかもしれません(笑)

面白かった以上に「この人すごいなー」というのが率直な感想です。

実は、お正月のテレビで古畑任三郎を初めて見たのですが、あまりにも「刑事コロンボ」に似ていてショックだったのです。というのも、私は子どもの頃、刑事コロンボが大好きだったもので…。三谷さん自身コロンボの大ファンなのだと後で知ったのですが(だからこその作品なのでしょう)、とはいえ古畑任三郎しか知らない若い人は、あれがオリジナルだと思うはず。そりゃないぜ、旦那!という感じで、ちょっと白けていたのです。

でも、そういうレベルではなく、やっぱり能力のある脚本家&監督なんだなーと、再認識です。

ところで、映画は吉祥寺プラザで観たのですが、音がひどすぎ!最初は演出なのかと思いましたが(それほどあからさまにおかしかった)、サウンドトラックがおかしくなったのでしょうか?いずれにしても、ありゃないぜ、旦那!

追記:この「旦那」とは、私の夫のことではなく、「よっ、社長」の社長のような、あまり意味のない言葉ですので誤解されませんよう。…といいますか、これを読んだ旦那に、困った顔で「なんで俺が悪いの?」と言われたんです…(苦笑)

THE 有頂天ホテル

|

« STONE(閉店) | Main | 味源熊祭(閉店) »

映画・テレビ」カテゴリの記事