« DEVADEVA CAFE | Main | お久しぶりです »

中華街@吉祥寺 3(おまけ情報)

早いもので3月も23日。

前回の更新は2月でしたね。
…月刊「吉祥寺ランチ」(!)のご愛読、ありがとうございます!(って開き直ってどーする)。

更新していない間も新しいお店に何軒か入っているのですが、今回は一つご報告を。

吉祥寺には中華のお店がたくさんありますが、例の餃子事件から、中華料理や中国製品に対する風当たりが強くなっていますよね。
私もあの事件には納得がいきませんし、それ以前に、大分前から中国産の野菜や材料の産地が不明な冷凍食品は買わないようにしています。(らんさんのブログを読んでいたら、中国産は怖くて買えない…)

が、しかし、中華料理は好きなのよ!特に、本場っぽいのが(笑)

中国の食材は出来る限り避けたい、でも中華料理は食べたい…。
となったら、もう自分で確かめるしかないじゃないですか!

ということで、この時分に「食材や調味料はどこのを使ってますか?中国産は使ってますか?」なんて失礼だよなあ、と思いつつ、特に心配だったお店にメールで問い合わせました。そのお店とは、吉祥寺の「中華街」です。(既にこちらこちらでご紹介しています)

…いえ、ここが「ヤバそう」という意味で心配なのではなく、お気に入りなだけに、確かめたかったんですよ!

でもね~、そんな変なメールにリアクションはないかもな~と思っていたのですが…
なんと、とても丁寧なお返事が戻ってきたのです!

曰く、食材の大部分は中国野菜を含めて日本産で、ごくわずかなもの(ピータン、竹の子、椎茸、木耳、くわいなどの乾物と缶詰)のみ中国産を使っている、とのことでした。(ちなみに麺類、餃子の皮、シュウマイの皮は日本製、ワンタンの皮は中国製、点心は、桃まんと中国カステラはJTの日本工場製、その他の点心は手作りだそうです)。

具体的に聞けたことでホッとしたのと同時に、そういうメールにちゃんお返事をくれる、その姿勢に安心しました。

実は、横浜のお気に入りのお店にも同様の問い合わせのメールを送ったのですが、そちらからは返事がありませんでした。まあ、普通はそんなものですかね…。でも、そのお店には多分もう行かないだろうなあ。(中国産を使っているかどうかというより、そういう問い合わせを無視するというスタンスが信用できない…)

でも今回のことに限らず、農薬などについても、消費者が自分で判断して、安全に口に出来るように考えなければならないですね。
台湾に行ったとき、あるお茶屋さん(中国茶)のオーナーに「茶葉には大量の農薬が使われているので、凝縮された農薬を口に入れることになってしまいます。だからなるべく少量の茶葉で味と香りを楽しめるようにしなければならないんです」と言われたのですが(実はそのときはそれほど深刻にとらえていなかったのですが)、その言葉が今頃になって実感できるようになりました。
その時に、そのお店のオリジナルの茶葉も買ったのですが、割高ではありましたが少量で長く楽しめ、結果的にお得だったと思います。

普段の食事も、多少高くても安全なものを選ぶように、消費者が考えなければならないですね。
(あら、なんかマジメな話になっちゃいましたね)

|

« DEVADEVA CAFE | Main | お久しぶりです »

吉祥寺・中華」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
一連の報道にて敏感になっています。
ここ1年ほど、いろいろな本を読んだりして自己防衛みたいなこともやっています。
主婦たるもの家族の健康を守るのが仕事ですから。。
一番に感じたことは、ジュンサイです。
2年ほどまえまでは130円で中国産のものがたくさん出回っていて味噌汁の具やウニ和えのゼリーをよく食べていました。
しかし、ぱたっとなくなったのです。
日本産のものがビン入りで700円とかします。
きれいな水のあるところでしかとれない野菜だけに
中国の農業も終わったなぁなんて考えていました。
すると急激にいろいろな報道が....
背に腹は変えられないで中国産のお野菜をいただくこともあります。
販売者の嘘もあります。
とにかく農薬を落とすことと自然食品店での購入に力を入れています。
しかし、よく考えると報道に踊らされている部分もあるのではという気もしないではないです。
数ヶ月前から台湾食材店の料理教室に通っていますが
お値段たかいけど、路地物のいい野菜や日本ではありえないとさかつきのまるごと鶏肉などの新鮮食材、無添加の調味料などいろいろあります。
日本のものだから安心とも限らないと思う最近です。

Posted by: ton | Jun 29, 2008 at 11:41 AM

★tonさん、こんにちは(^^)
tonさんはお料理のサイトを運営されているんですね!
安全な食材のこと、本気で取り組みだしたらきりがありませんね。
私は夫婦二人の生活ですが、
小さいお子さんをお持ちのお母さんは、特に
神経を使う部分だと思います。

とはいっても、日本でも偽装が後を絶ちませんし、
本当に安全なものを求めるなら
自分で有機栽培するしかない、ってことに…。

ただ意思表示として、消費者が
値段ではなく安全を求めているという姿勢を示すことと、
悪どい方法で儲けようとした企業を許さない、ということを継続していけば、
企業に対するプレッシャーにはなりますよね。

その一方で、消費者が安さばかりを求める姿勢は
改めなければならいですよね。
野菜や魚が安くならないのは
スーパーなどでの運搬・陳列のために
仕入れるもののサイズを厳密に決めているためだと聞きました。

消費者が、形が多少悪くてもおいしくて安全なものの方を選ぶようになれば
そういう部分も変わっていくのでしょうね。

なんて偉そうに言っていますが、
私もスーパー一か所でまとめて買っちゃう時が多いからなあ…

Posted by: comana | Aug 19, 2008 at 12:19 AM

The comments to this entry are closed.

« DEVADEVA CAFE | Main | お久しぶりです »