« 深大寺@調布 | Main | カヤシマ »

おでって(盛岡じゃじゃ麺)@駒沢大学

旦那がどうしてもじゃじゃ麺が食べたい!というので、おでってに出かけることに。
といっても私はここは初めて。三軒茶屋の「じゃじゃおいけん」、高田馬場の「めぐさめんこ」、そして本日の「おでって」で、東京のじゃじゃ麺屋主要3店制覇です!(※他にもポツポツじゃじゃ麺を出すお店が出てきているようです)


090419_odette_1


じゃじゃ麺に関する前情報のない方は、昔のエントリーをどうぞ!この奇妙な麺料理は、盛岡人のソウルフードのようなもの…かな?(笑)

でも実は、先に行ったことのある旦那の評価はかなり低かったんです。
曰く、「ラーメン屋がラーメンのおまけでじゃじゃ麺をやっているような雰囲気で、じゃじゃみそがしょっぱくて旨みがない。少しでは味が足りないし、多いとしょっぱくて食べられない」とのこと。だったら他の店にすればよさそうなものですが、どうも私に味を確かめさせたかったようで。

そんなわけで、ハッキリ言って全然期待していませんでした。

でも、行ってみたら旦那から聞いていたのとはちょっと雰囲気が違う。
こじんまりしたお店では、男女の団体客が、楽しそうにじゃじゃ麺を食べているではありませんか。しかも聞こえてくる彼らの会話の中に、「あの店より、こっちのほうがずっといいよ~」と、どうやら他のじゃじゃ麺店と比較しているような声が。

んん?これは期待できるかも…。

で、出てきたじゃじゃ麺がトップの写真。(奥は旦那の大盛り。手前は私の中盛り)
他と違うのは、しょうががみその上に乗っていること。(じゃじゃ麺の元祖白龍では、お皿のふちによけてあります) また、皿にのっていない紅しょうがはテーブルにあり、好きに使うことができます。

急いで写真を撮り、しょうがをよけたみそを麺にからめ、一口食べてみると…

おっ!けっこうおいしいよ!?

麺が厚みのないきしめんなため、ペチョっとしてじゃじゃ麺らしくないのがちょっと残念ですが、じゃじゃみそはイイ線いってると思うけどなあ?(私の「イイ線」とは、白龍に近い、という意味です。盛岡人以外の方がどう思うかはわかりません…)

でも、何か物足りない。この物足りなさはなんだろう?

そこで、よけておいたしょうがを足してみると、

おおっ!おいしいおいしい!
そうか、この店の場合、しょうがを最初から足したほうがおいしいんだ…(だからみそに乗っていたのね)

旦那の前評判があったせいもあり、予想外においしくてちょっと感激。すごい勢いで食べて、ちーたんを頼んでしまいました。


090419_odette_2


ちーたんは普通見苦しいのであまりお見せできないのですが、こちらでは卵をきれいにかき混ぜて、見た目スープらしくなって出てきました。(下の写真)

白龍では、ちーたんはそば湯のように麺のゆで汁を使うのですが、ここのお店はだし汁をつかっているらしく、味も上品な感じです。じゃじゃおいけんの店長は、これを「邪道だ」と言っているようですが、私は、おいしければどっちでもいいかなあ。(そもそもじゃじゃ麺はB級グルメで、本流亜流なんてものがあるようなものじゃないし…)

ということで、おでってのじゃじゃ麺、思いがけず満足できました!
旦那が言うには、「みその味が前と変わっておいしくなってる」とのこと。店を切り盛りしていた年配のご夫婦の接客も、暖かみがあってよかったです。


090419_odette_3


なお、注意事項を一つ。
こちらのお店、テーブルにいろいろな調味料が用意されています。じゃじゃ麺は自分でにんにく、ラー油、酢、コショウなどを足して、好みの味にして食べたりするのですが、じゃじゃ麺初心者の方はあまり色々入れずに、足すならにんにく、しょうが等を少しずつ、というのがいいと思います。というのも、私も今回いつものようにラー油を足してみたら、味が思わぬ方向に変わってビックリしてしまいました。(ラー油が「ごまらー油」とかで、変わった味だったんです)
これをいきなりやってしまったら、不本意な味のものを食べざるを得なくなってしまうかも…。


さて、最後に東京のじゃじゃ麺店、他の二軒の感想を。


【じゃじゃおいけん@三軒茶屋】

一番おいしいのがここ。でも一番感じが悪いのもここ。
「郷土の味を広めようと頑張った、盛岡出身の若者」的美談がマスコミで取り上げられていますが、この店主はそういう純朴青年ではなく、かなり俺様(口数が少ないので、何もなければわかりませんが、ふとした時、端々にでる態度が…)。私は行くたびにイラッとさせられます。今日おでってに来ていたお客さんたちが噂していたのはここのことかと思われます。(「あの店は、なーんか緊張するしさ~」というコメントから推察)

でも、残念ながら(?)、じゃじゃ麺はおいしい(笑)
「俺がお前らに食べさせてやっているんだ」という態度が見え隠れしても気にしない人はどうぞ。


【めぐさめんこ@高田馬場】

ラーメン屋さんでじゃじゃ麺をやっているようなお店。麺は盛岡から取り寄せているらしいですが、みそがじゃじゃみそらしくないです。
盛岡の人が食べると「??」かもしれませんが、逆に白龍中毒ではないじゃじゃ麺初心者が食べるにはいいかもしれません。(なんというか、ミートソースみたいな感じだったんですよね…)

めぐさめんこという衝撃的な店名(「ブスかわいい」という意味の盛岡弁 笑)は、お店の女性がつけたそうです。「どうしてこの名前にしたんですか?」と聞いたら「なんとなく、かわいいと思って」だそうです! ウソでもいいからなんかもっともらしい理由をつけてよ~(笑 たとえば、見た目は悪いけどおいしいじゃじゃ麺は、まさにめぐさめんこな食べ物なのに!)


ということで、お勧めとしては、

 ★白龍が恋しい盛岡人/店主の態度は気にしない → じゃじゃおいけん
 ★じゃじゃ麺好きの東京人 → おでって
 ★じゃじゃ麺初心者。変わった味は苦手 → めぐさめんこ

という感じですかね。

※これについては追記あり!ページ最下部をご覧ください


おでって


09/05/21追記:

本日、「おいけんファン」さんをはじめ、沢山のじゃじゃおいけん擁護・他店批判・当ブログ批判のコメントがあったのですが、同じ接続元で同一人物と思われるので、一連のコメントを非公開にさせてもらいました。(一応残してありますので、情報は残っています)

その中に、「この記事は個人情報丸出し」という内容があったのですが、結構有名な話だと思っていたので個人情報とまでは意識せず書いたものの、知っている人ならもっと細かいことまでわかるのかもしれないということで、その部分は削除しました。おいけんさん、申し訳ありませんでした。

ただ、そんなにじゃじゃおいけんを批判して書いているつもりはないんですよ。
店主は好きじゃないけど、3軒の中では一番おいしいし、しかもイライラしながらも何度も食べに行っている、とわざわざ書いているのは、むしろ味に関してはかなり認めているからなんですが、コメントを書かれた方にはそれが伝わらなかったのかな?

また他のお店に関しても、店員さんの態度に思うことがあった場合は感じたままを書いていますし、特にこちらだけを悪く書いているわけではありませんので、ご了承くださいね。


10/06/13追記:

私の中で「おいしいじゃじゃ麺」の基準となっていた盛岡の白龍ですが、昨年夏に数年ぶりに食べたところ、味がずいぶん変わっていました…(涙)

一緒に食べた旦那と共通の感想が「今の白龍に一番似ているのは、一番似ていないと思っていためぐさめんこ」だという衝撃の結果に!この日たまたま、ならいいのですが、盛岡出身でじゃじゃ麺好きの友人も、白龍の味が変わってしまってすっかり足が遠のいた、と言っていました。ああ~、なんてこと!いつ変わったんだろう…

そういえば、東京の方のブログに「めぐさめんこが一番白龍に似ている」と書かれているのを読んだことがありました。その時は「??」と思ったのですが、今なら納得…。


|

« 深大寺@調布 | Main | カヤシマ »

吉祥寺以外」カテゴリの記事

Comments

こんばんは、いつも楽しく拝見させていただいています!
私は岩手県出身で、就職で上京してから早、数年。
初めて慣れ親しんだ場所が吉祥寺だったからか、吉祥寺が大好きで、こちらのブログも発見しました。

白龍、私は1・2回しか行ったことなかったですが(しかも本店ではなく川徳の地下・・・)、今回の記事をみて、久々に食べたくなりました☆

Comanaさんは岩手出身だったのですか??

Posted by: mii | Apr 19, 2009 at 09:28 PM

★miiさん、初めまして(^^)

わあ、岩手出身の方なんですね~!嬉しいなあ!
私も盛岡育ちですよ!
白龍は2度目で中毒になり、女子でありながら、かなり通いました(笑)
miiさんは、じゃじゃ麺、お好きでしたか?
女性にはそれほど中毒患者はいなかったかな??
でもきっと、懐かしい味ではありますよね!

それにしても、じゃじゃ麺が全国区になるなんて
当時は夢にも思いませんでした。あまりにもB級だし(笑)
でも、東京出身の旦那が好きなんですよ!
東京でウケる要素はあるのかも??

岩手出身で吉祥寺が好きな人がいると、仲間みたいで嬉しいです!
また遊びに来てくださいね~(^^)

Posted by: comana | Apr 19, 2009 at 09:58 PM

こんばんは。お返事ありがとうございます☆
私は麺でいえば冷麺のほうを好んで食べてました。
でも、今回の記事でいま無性にじゃじゃ麺食べたくなってます(笑)懐かしいですし・・・

私は花巻(というか東和)出身なのです!
盛岡は学生時代に親しんだ街です。
本当、同じ岩手出身だなんて、私も思いがけず嬉しいです!!
これからもブログ楽しみにしていますね☆☆

Posted by: mii | Apr 21, 2009 at 12:21 AM

★miiさん、

東和のご出身だったんですね~!
懐かしい地名だ!
小学校の時の担任が、東和から転勤してきた先生だったんです。
だから、なんとなく東和には親しみが…
(と言っても、行ったことはないんですけど…)

たま~に岩手関連のネタもありますので、
また遊びにくてくださいね!

Posted by: comana | Apr 21, 2009 at 10:43 PM

はじめまして。
じゃじゃ麺のお店の比較、興味深く拝見いたしました。
ブログは個人の主張の場であり、そこに何を書こうと自由であるべきだとは思っていますが、一方で公の場に公開しているものであり、多くの人に読まれているのも事実です。
今回批判されたお店の店主の盛岡じゃじゃ麺に対する真剣さを楽しみに、食べに通う者にとっては、非常に悲しいものです。
あなたがそう感じたのなら、仕方のないことかもしれませんが、その意見を公開することにより、愛するもの、好きなものを批判されて、悲しむ人、気分を悪くする人がいることも事実です。
それぞれのお店には、それぞれのファンがいます。
たとえ個人の意見であっても、ネットに公開する影響力は計り知れないものです。
どうか、すべての人にご配慮のあるご批評をお願いします。

Posted by: | Jun 13, 2009 at 02:03 PM

はじめて。

東京在住ですが無性に「じゃじゃめん」が食べたくなり検索していたところです。

食された雰囲気・感想を率直に表現されている事に好感を覚えました。

個々の店の特徴が有るわけですから自分に合った店をチョイスする参考として閲覧させて頂きました。
ありがとうございます
m(_ _)m

じゃじゃめんはラーメンと同じで好みでなければ別の店へ行けば良いのですから。

Posted by: うぃんず | Jul 25, 2009 at 08:40 AM

★うぃんずさん、(馬好きさんですか?)

初めまして、コメントありがとうございます(^^)
おいしいじゃじゃ麺は召し上がれましたか?

先日テレビで盛岡の3大麺を食す番組がありましたが、
女性レポーターの反応が一番良かったのは冷麺で、(そう言葉にしたわけではないのですが、表情に出ますよね)
じゃじゃ麺に対する反応は…うーん、
それほどおいしいとは思っていないような感じでした。

まあ、そうだろうなあという気持ちが半分、
残念だなあという気持ちが半分(笑)。

だから余計に、盛岡人以外でじゃじゃ麺がおいしいと言ってくれる人がいると
嬉しくなっちゃうんですよね!

Posted by: comana | Jul 26, 2009 at 11:44 PM

The comments to this entry are closed.

« 深大寺@調布 | Main | カヤシマ »