« 今日の一枚:シベリア(和菓子) | Main | 韓国家庭料理・ど韓(どかん) »

cafe chez DAIGO(カフェ・シェ・ダイゴ) (閉店)

今日のランチは東急吉祥寺店の屋上にオープンしたカフェ、シェ・ダイゴです!


090609_daigo_1


こちらのお店、このブログによく来てくださるブルーさんから教えていただいたのですが、かつてここにあったカフェ・プランツは、いつの間にかなくなっていたんですね…(汗) 意外なお店の閉店が続いて、ちょっと驚いています。

さて、こちらのカフェはカジュアル・フレンチとのことで、ホームページを見るとチーズ・フォンデュが自慢のメニューのようです。といっても、さすがにランチにチーズ・フォンデュという選択肢はないかも??

でもご安心あれ、オムライスやパスタ、カレーなどに、サラダバイキングがついたランチメニューが用意されています。

そんな中で、今日の私の目当てはガレット(フランス・ブルターニュ地方名物の、そば粉のクレープ)。というのも、パリで泊まったホテルの近くにガレットの有名店があったのに、結局そこには行けずじまいだったのです。マルシェで食べたシンプルなガレットがとってもおいしかっただけに、お食事ガレットを食べなかったことがちょっと心残り…。

私が唯一食べたことのあるお食事ガレットは、羽田空港のエディアールのものですが、それも、もうだいぶ前の話です。今こそもう一度、お食事ガレットが食べたい!

(井の頭公園にはガレットのお店「うさぎ館」がありますが、平日のランチに行くにはさすがに遠くて行けずじまいです)

ということで、他のものには目もくれず、今日のメニューはガレットに決まり!
数種類のガレット中から、ハムとチーズのガレットを選びました。本当はハム・チーズ・卵の「コンプレット」にしたいところですが、朝食に卵を食べてしまったので、卵は自粛ということで。

で、出てきたのがこんな一品です。


090609_daigo_2


卵がないので、写真で見るとちょっとさびしいかな…
でも実際に食べてみると、サラダやスープが自由に食べられることもあって、意外とお腹にたまりました。

ガレットの生地は塩味がしっかりきいています。油を結構使って焼いているのか、餃子の羽のようなカリカリとした食感。パリのマルシェでたべたものとも、エディアールで食べたものとも違っていました。お食事ガレットはこんな風にカリカリなのかな?これに卵も入っていたら、また違った味わいになりそうです。

フランスでは、このお食事ガレットの後に、デザート用のクレープを食べるそうですが、そんな食べ方もしてみたいですね~ 

ちなみにワタクシ、前から気になっていたことを店員さんに聞いてみました。

 私「(ガレットをさして)これは、どんなふうに切り分けて食べるんですか?」
 店員のお兄さん「えっ…あの、ナイフとフォークで…」

いや、もちろんそれはわかっているんだけどね(苦笑)

 私「どんなふうに切ると食べやすいとか、そういうのは…」
 店員のお兄さん「いや、あの、普通にナイフとフォークで…」

おいっ!その「普通に」の内容を聞いているんじゃ!(笑)

お兄さん(ハニカミ王子に似た、まだ少年っぽい店員さん)は、妙なことをきかれて困ったようですが、ガレットの切り分け方はかねてからの疑問なんです。皆さんどうしているんでしょう?

結局、真ん中から二つに分けて、それをさらに細く切って一口の大きさになるよう巻いて食べたんですが、どういうのがスマートな食べ方なんでしょうね…(カフェロシアでもそれで困った覚えが…)

カフェではなくガレットの話に終始してしまいましたが、前にあったカフェ・プランツよりもやや高級感のあるお店になっていました。ランチより夜にゆっくり来たほうが楽しめるかも知れませんね。チーズ・フォンデュも食べてみたいです。
そうそう、ブルーさんお勧めはカレーだそうですよ!(ついガレットを食べちゃってゴメンナサイ…)

追記:ブルーさんによると、カレーは
「かなりスパイシーなんですが、後引く味です。口に入れた瞬間は甘みが広がるのですが、食べ続けてるとどんどん辛くなってきます。私は辛すぎる物が苦手なので、ずーっとコレだけを食べ続けるのはちょっと辛いのですが、「また食べたい!」と思うクセになるおいしさでした♪」
「辛いのが苦手な人はやめておいた方がいいかも。特にお子様は絶対無理だと思うので」
とのことですので、皆様ご注意を!

cafe' chez DAIGO

|

« 今日の一枚:シベリア(和菓子) | Main | 韓国家庭料理・ど韓(どかん) »

吉祥寺・CAFE」カテゴリの記事

吉祥寺・フレンチ/イタリアン」カテゴリの記事

閉店したお店」カテゴリの記事

Comments

店員さんとのやりとり。
読みながら笑ってしまいました~。
店員さんからしたら
「そんな変わった食べ方する物じゃないと思うんだけど、何でそんな質問するだぁ?」
って感じだったのでは?(笑)

ガレットの正式な食べ方ってあるのかなぁ...。
いつも何も気にせず真ん中から適当に食べやすいサイズに切って食べちゃってますが。

そしてガレットやはり塩味強めだったのですね。
私が食べたときもそうだったので、このお店の基本形の味なんですね...。


そして私のお薦め。
確かにカレーなんですがかなりスパイシーだったので、
辛いのが苦手な人はやめておいた方がいいかも。
特にお子様は絶対無理だと思うのでその旨付け加えておいて頂けるとありがたいです。

Posted by: ブルー | Jun 10, 2009 at 06:06 PM

★ブルーさん、

そうなんですよ、「なんでそんな変なことを聞くのかな」って感じだったと思います(苦笑)
でも、特に卵が入っているときなど、どうやって切り分けていくのが美しいのかなあ、と考えてしまうのですが…そんなこと気にしなくていいんでしょうか??

ガレットは、パリで食べたものも、それとわかるほど塩味が強かったです(しかも上にお砂糖をかけたシンプルなおやつガレットが)。エディアールで食べたガレットは、塩味はあまり感じなかったので、私もちょっと驚きましたが、お店の好みがあるんでしょうね。

でも、塩味よりも、私はもう少ししっとりが好きかなあ。

カレーの件は、追記しておきました!
そんなにスパイシーなんですね。今度はカレーにしますね!(スミマセン…)

Posted by: comana | Jun 11, 2009 at 12:28 AM

The comments to this entry are closed.

« 今日の一枚:シベリア(和菓子) | Main | 韓国家庭料理・ど韓(どかん) »