« 今日の一枚:おばあちゃん風のお弁当 | Main | cafe chez DAIGO(カフェ・シェ・ダイゴ) (閉店) »

今日の一枚:シベリア(和菓子)

今日家にいる時に、ふと甘いものが食べたくなったのです。

で、何かあったかな~と考えていて思い出したのが、冷凍庫で凍らせておいた「シベリア」。知り合いのパン屋さんにいただいた「和菓子」です。
※和菓子は冷凍保存できるので、私は時々こうして冷凍庫に入れておきます。


090607_siberia


カステラの間に羊羹が挟まっているという洋風和菓子?という感じのお菓子で、私は初めて食べるのですが、昔からあるものだそう。

でも、なぜこれが「シベリア」??

パン屋さんに聞いてみても、「さあねえ?昔からあるお菓子だし…」と、よくわからないお返事。

室温に少し置いておいたところで、切り分けてフォークを入れてみたのですが、

んっ… まだ羊羹が凍っていて、硬い。うーーん。こりゃ永久凍土って感じだなあ…?

えっ、まさか、だからシベリアなの!?(ウソですよ!凍らせて食べる人はいないでしょう)

それにしても、カステラと羊羹…
洋菓子っぽいけど和菓子っていうのが面白い。コーヒーにもお茶にも合いそうです。それにバターやクリームを使っていないので、カロリーが気になる人にはいいですよね。

ところで、シベリアと聞いて真っ先に思い出すのは、私の場合、やはりシベリア抑留の話。

高校生の頃、私の学校に講師として来ていたおじいさん先生が、シベリアで何年も捕虜生活を送った人でした。授業中に少し時間があると、そのころのことを話すのですが、当時の私は「またその話か…」とあまり興味もなく、聞き流していた感じで。きっと私たちが、先生の話を聞くには、まだ子どもだったのでしょう。

でも、何もかも凍りついてしまう極寒の環境や、その中で食事も満足にできないままツルハシを振り、ガチガチに凍りついた地面を掘り続ける生活のすさまじさは、さすがに印象に残りました。
そして、そんな辛い体験をさほど悲壮感もなく、まるで世間話のように語り続ける姿は、今となっては逆にその心の奥に何かがあったのだろうと想像させたりします。

あの時もっとちゃんと話を聞いておけばよかったなあと、今でも時々思い出したりするんですよ。

で、この素朴なお菓子の名前が「シベリア」。
あの先生は、こんなお菓子があることは知らなかっただろうなあ。

|

« 今日の一枚:おばあちゃん風のお弁当 | Main | cafe chez DAIGO(カフェ・シェ・ダイゴ) (閉店) »

今日の一枚」カテゴリの記事

吉祥寺以外」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

むか~し、一度コメントさせてもらったcoccoです。

その後もしょっちゅう訪問させていただき、大好きな吉祥寺でのランチや食事に大いに活躍させていただいています。
一時期更新されていない時があって残念に思っていたのですが、また復活され嬉しく思っています。

そしてまた写真がとても素敵ですね~~~!!
どうしたらあんな素敵な写真が撮れるのかな~、と思いながら見せてもらっています。

これからも吉祥寺お食事情報、楽しみにしています!

Posted by: cocco | Jun 08, 2009 at 08:06 PM

★coccoさん、

こんにちは、お久しぶりですね!
また来て下さってうれしいです(^^)

写真は、以前はデータ量などを考えて小さくしていたのですが、
(このブログを始めたのが5年前ですから!)
最近はネット環境も変わり、あまり気にしなくてもよさそうだったので、
この春から大きく出すことにしたんですよ。

写真を大きく出すようになってから
自分でもちょっと楽しくなって、色々撮るようになりました(^^)

またいつ滞るか分からない気まぐれ更新ですが、
また遊びにいらしてくださいね!

Posted by: comana | Jun 08, 2009 at 11:36 PM

このお菓子、子供の頃に食べたことあります!

お土産で頂いたんですが、普通にケーキだと思って食べた私は、
中に羊羹が入っててショックを受けました。
今もそうなんですが、羊羹が苦手なんですよ...。
水羊羹は好きなんですけど。

あまりにもショックだったせいか名前もしっかり記憶してました。
懐かしいです。

Posted by: ブルー | Jun 09, 2009 at 01:44 PM

★ブルーさん

思わず笑ってしました…
ケーキだと思って食べたらビックリしますよね!

私が食べたシベリアは、水羊羹に近いような
あっさりした羊羹が挟まっていましたから、
結構おいしくいただけましたよ。

それにしても、このお菓子、ご存じなんですね~
私はこの歳になって初めて見たのですが、
意外と知られているお菓子なんでしょうか…

Posted by: comana | Jun 09, 2009 at 11:19 PM

シベリア、懐かしいです。
なんでもこの羊羹を、「大陸を貫いて走るシベリア鉄道」に見立てた、という説を聞いたことがあります。ほんとなのか(´`;)

Posted by: 20年前吉祥寺住人 | Jun 12, 2009 at 12:51 AM

★20年前吉祥寺住人さん、こんにちは(^^)

シベリア、ご存じなんですね~
意外と知られているみたいで、驚いています!
私が知らなかっただけなのかなあ?

シベリア鉄道のイメージだとしたら
ネーミングした人は素晴らしいセンスですねぇ。
でも、ロシアの人はきっと驚きますね(笑)


Posted by: comana | Jun 13, 2009 at 01:44 AM

The comments to this entry are closed.

« 今日の一枚:おばあちゃん風のお弁当 | Main | cafe chez DAIGO(カフェ・シェ・ダイゴ) (閉店) »