« Jyoji King(ジョージキング)(閉店) | Main | 麺屋えん寺@吉祥寺 »

麺処井の庄@石神井公園

吉祥寺のランチがご紹介できなくてスミマセン…ここのところ外にランチに行けないんですよ~(涙)

ということで、今回ご紹介するのは、石神井公園の人気ラーメン店、井の庄です!


100218_inosho_1_2


先日、私が忙しかった週末、旦那が一人で外にラーメンを食べに出かけたのですが(ラーメン好き)、帰ってくるなり「今日行ったところはえん寺より好きかもしれない…」と言い出しました。それが石神井公園の井の庄だったわけですが、長らく旦那の中で不動の一位だったえん寺を追い落とすなんて、一体どんな店なんだろう…

ということで、早速次の週末(早っ!)に、今度は二人で行ってきました~!
さすがにもはや吉祥寺圏内とは言えませんが、武蔵野市近辺にお住まいの人なら、まあ守備範囲と言えなくもありませんよね??

ただ、行く前に旦那がしつこく心配していたのが、「店舗がちょっとアレ」だということ。
旦那曰く、「きっと昔は『メルシー』とかいう感じの名前の、昭和な喫茶店があったんだろうという雰囲気の店舗」なんだとか。
まあ、レストランやカフェならともかく、ラーメン屋ならおいしければ店舗は気にしないよ、といいつつ出かけたのですが。

まさに昭和チックでわびしい雰囲気のビルの地下に下りると、井の庄の前だけに人影が。既に行列ができています。

で、店舗がですね、確かに、まあ…


100218_inosho_2


んー、この写真ではいまひとつよくわかりませんが、昭和50年代の喫茶店兼レストランだった場所、って感じなんですよ(笑)

少なくともラーメン屋という店舗ではない。勝手に想像するに「安くて広い物件を探したらここがあいていたのでとりあえず始めちゃった」という状況なのではないかと。
面白いのは、お店のちゃんとした看板が出ていないんです。知らずに来ると店の名前もよくわからないという具合。なぜなんでしょう…この店舗のイメージが定着するのを恐れているのか、すぐにでも引っ越したいと考えているのか(笑)

ただ、カウンターの椅子と椅子の間がとても広く取られていたり、店内には順番待ちの人がゆったり座れる椅子も用意されていたり、妙な店舗なりに、活用している様子ではあるのです。

うーん、だから結局この店舗から動かないんだろうか…。

店の片隅には、唐突にこんなコーナー↓もあったり。


100218_inosho_3


店舗の大部分ががらんと味気ない状態なのに、店の隅にだけかわいいネコ雑貨が集められているんです。

うーーーん。これはどういうことなんだろうか…。これから店内もこんな感じにしたいということなんだろうか?それとも、せめてもの癒しコーナーなんだろうか??

とにかく、いろいろと謎の多い店舗です(笑)


あらら、店舗が強烈過ぎたので、それだけで書きすぎてしまいましたが、肝心のラーメンの話をば。

今回いただいたのは冒頭の写真のつけ麺です。
麺は、普段は中太麺、土日は太麺ということでしたが、最近は太麺が多いので、それほど太くは感じないかな。でもむっちりとしつつしっかりした歯ごたえもあり、なかなおいしいかったです。
つけ汁は魚介と豚骨の濃厚なダブルスープで、上にぶし粉がたっぷりとかかっています。いまどきのつけ麺という印象。太い麺に合わせるためなのか、味は、しつこくはありませんが、ちょっとしょっぱ目…というか、強い味。おいしいけれど、私の口にはちょっと濃いかな?

ただ、後で知ったのですが、このお店はスープ割り用のだしが変わっているんです。一人ひとりに醤油さしのような小さい器に入れて出してくれるのですが、これが三ツ矢堂製麺以上に濃厚。白濁してトロトロッとしています。このだしでつけ汁を割ると、味はまろやかになりますが、薄くシャバシャバにはならない。しかも味の加減が私好みになるんですよ!つけ汁が濃いと感じたら、だしを入れて、自分で味を調整してもよさそうなくらいです。というか、それを知っていたらそうしたかった…(麺を食べ終わってから気がついたので)

あ、そうそう、写真では、具が下に沈んで写っていませんが、太いメンマと、薄切りではなく角切りのような大きなチャーシューがゴロゴロ入っていました。ただ、このチャーシューを後から入れるせいなのか、つけ汁の温度が少しぬるくなっていたのはちょっと残念。別に頼んだ味玉は、程よい半熟で味もしっかりしみています。なかなか好み。

このお店でもうひとつ面白いのが、テーブルにある唐辛子の粉。普通の唐辛子ではないようで、たくさん入れても激辛にはなりません。途中まで食べたところでこの唐辛子を一匙くらい足して食べると、ウマ辛の、まるで別のつけ麺のような味が楽しめます。

そのまま食べて、唐辛子を入れて、だしで薄めて、と、ひと品で三つの味が楽しめる(笑)。基本がおいしいからこそできる技(?)かもしれません。

特に魚介系つけ麺好きにはお勧め!


麺処井の庄


|

« Jyoji King(ジョージキング)(閉店) | Main | 麺屋えん寺@吉祥寺 »

吉祥寺内外・ラーメン」カテゴリの記事

Comments

辛いもの好きにとってこの店は有名ですよ~

激辛の中本で修業した人が独立した店ですもん。

ここの魚辛のつけ麺を食べてみたいです。
カップラーメンになりましたが、イマイチだったので
・・・・。。。。

Posted by: しま | Feb 19, 2010 at 12:20 AM

ちょうど「えん寺」が22日にオープンしますよー。
と書こうと思ってたんです。
すでにご存知だったんですね♪
吉祥寺ってどろっと系のつけ麺を出すお店が少ないので、
楽しみなんです。


「井の庄」名前は知ってますがこんな風なお店だとは知りませんでした!

私はお料理の内容と店舗内装がチグハグなお店って、
あんまり好きではないのですが、
このお店のチグハグ感は好きかも~。
ラーメンももちろん食べてみたいですが、
是非内装をこの目で見てみたいと思いました(笑)


Posted by: ブルー | Feb 20, 2010 at 03:31 AM

★しまさん、

こちらのお店が中本で主張された方のお店だって、
本当だったんですね~
中本のイメージがマーボー豆腐しかなかったので
あまりピンときませんでした(笑)

この日、辛いつけ麺にするかどうか、迷ったんですが、
まずは基本のつけ麺かなあと思いこちらにしてみました。
テーブルの唐辛子を入れた後もおいしかったので、
そちらもきっとおいしいんでしょうね。


★ブルーさん、

あっ、店舗は…どうなんでしょう(汗)
あまり期待しないほうが…
本当に不思議と言うか奇妙というか、
「なぜここで?」という感じなんですよ!
でもラーメンはおいしかったです。
ということで、味はお勧めですよ(笑)

えん寺@吉祥寺店は、早速行ってきましたよ~!(早っ!)
楽しみにしていたんです!

Posted by: Comana | Feb 23, 2010 at 12:02 AM

The comments to this entry are closed.

« Jyoji King(ジョージキング)(閉店) | Main | 麺屋えん寺@吉祥寺 »