« 三州うどん | Main | 上海焼き小籠包(小龍包) »

しまねこ軒

100325_shimaneko_1


本日ご紹介するランチは、末広通りの小さなお惣菜やさん、しまねこ軒です!

ここを訪れるのは今回で2回目。オープンしたてのころに行ったのですが、確か寒くてとても風の強い日で。買ったお弁当を袋から出したところ、風にあおられたせいか、お弁当のおかずがぐちゃぐちゃになっていて悲しい思いをした記憶があるんです(笑)

で、今日は冷たい雨。
なぜお天気が悪い日に限ってここに行く気になるんでしょう?(笑)

ただ、なんとなくですが… 私が受けるこのお店の印象が、「遠い昔の記憶の中にある、懐かしいお店」という感じなんです。
そういう記憶は、日の燦々とあたるお天気のいい日よりも、少し外の景色が寂しい時のほうが呼びさまされる気がします。


まあとにかく!今朝ふとこのお店のことを思い出したので、雨の中テクテクお弁当を買いに行ってきました!吉祥寺の街中からちょっと離れていますが、お散歩がてらにはいい距離かも。

小さなお店の引き戸をガラガラと開けると(この感じがまた懐かしい!)、これまた小さなショーケースとその奥のカウンターに、その日のおかずが並んでいます。
さらにその向こうには、感じのいい若い女性オーナーさんの笑顔が見えて。なにかホッとする瞬間です。


100325_shimaneko_2


さて、こちらのお店、「picnic food & drink」ということですが、お惣菜屋さん(と言ってよいのかな?)にしては、並んでいるお惣菜が少ない。デパートなどの食品売り場でワンサカ並んでいるお惣菜を見慣れた目には、ちょっとさびしく感じられるかな?
でもこれ、日替わりで色々なお惣菜を用意しているようなんです。ちょくちょく来る人にとっては、いつも同じお惣菜が並んでいるよりむしろ楽しめるかもしれません。


100325_shimaneko_3


お弁当には、その日の日替わりのメインのほかに、副菜2種類を自分で選んで入れることができます。
ということで、私も好きなものを選んで、お弁当を詰めてもらいました。

その間お店の中を見たのですが、とても小さいお店なのに、オーナーの愛情いっぱいというか、こっそり可愛いものが置いてあるんですよねえ…


100325_shimaneko_4


お店の名前にもなっているしまねこのイラストも可愛い(笑) こちらの記事によると、オーナーのお姉さんの手によるものだとか。
そういえば、私がこのお店に最初に足を運んだのは、このしまねこの絵に惹かれてだったんですよ!

レトロ感とかわいらしさが同居する、カフェっぽい雰囲気のお弁当屋さん。森ガールなお嬢さんたちに好かれそうなお店です。


って、お店の雰囲気の話に終始してしまいましたが、肝心のお弁当は?(笑)


100325_shimaneko_6


本日私がいただいたのは、メインの豚と豆の煮込み(ポークビーンズとは言わないんだろうか…)と、にんじんのサラダ、季節野菜のオリーブ蒸し。しめて640円でした。

量はちょっと少なめ、女の子向きかな?でも、食べると納得というか…
とびぬけておいしいということではなく(あ、おいしいですよ、でもそれ以上に)、「誰かが作ってくれたお弁当」という不思議な満足感があるんですよねえ。
味は全体に薄味で、でもしっかりした味わいがあり、一つ一つが丁寧に作られている印象です。

主婦になると、子どものころに母親がしてくれたように、誰かが自分のためにご飯を作ってくれるということがあまりないのですが、ちょっとそんな気分を思い出しました。

オーナーさんには特にそういう意図はなかっただろうと思いますが、お店のたたずまいといい、中の雰囲気といい…、やはり私にとっては、最初に書いたとおり「懐かしい記憶を呼び覚ますお店」なのだと思います。

あ、あくまで私にとって、ね!(笑)


健康に留意する女性には特にお勧め!男性には…ちょっと量が足りないかな?お弁当のほかに、何かプラスするといいかも。
そうそう、お花見の時期にはお花見用のピクニックセットがあるみたいですよ!


しまねこ軒(ホームページ)

|

« 三州うどん | Main | 上海焼き小籠包(小龍包) »

吉祥寺・ファーストフード/お弁当等」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.