« 井の頭公園の桜とさーたーあんだぎー(南ぬニライカナイ) | Main | 海鮮酒場・凧凧(はたはた)その3 »

麻辣商人(閉店…というか営業内容変更)

100407_mara_1


本日のランチは、ペッパーランチ跡地にできた汁なし坦々麺のお店、麻辣商人です!

こちらのお店、工事中から気になっていたのですが、4月4日にオープンしたばかりとか。今日は昼前からこのお店と狙いを定めて(?)、同僚を誘って行ってみました!

本当は入る気満々だったのですが、お店の前に来るとチラシ配りをしているお兄さんが一人。店内は、お昼の早い時間だったせいか、それともあまり周知されていないのか、まだ空いています。そんな中「狙ってきました!」とおもむろに入るのも何やら恥ずかしかったので、一応チラシをもらって、それを見てから入ってみたりして。(何の自意識??)

さて、お店に入ると、看板の「いまどきのこだわりラーメン屋さん」風な印象とは違い、店内はむしろ吉野家風というか… 真ん中のスペースをコの字型に囲むカウンターがそう感じさせるのか、ちょっとファーストフードのような雰囲気です。もともとここにあったペッパーランチがそうだったのかな?(入ったことがないのでわかりませんが)。でもまあ、その方が気軽に入れますよね。

入り口近くで食券を買って、カウンターへ。
食券を取りに来た店員のお姉さんによると、ランチタイムはライスが一杯無料(通常は100円・おかわり可)ということで、とりあえずつけてもらうことにしました。というのも、こちらのお店、卓上にあるザーサイやラー油もウリらしいんですよ!これらをご飯にかけて食べるのだとか。

ということで、まず先に出てきたライスで早速試してみました!(笑)


100407_mara_2


ラー油は今はやりの「食べるラー油」タイプで、辛み以上に旨みが強い感じ。ザーサイとラー油だけでご飯がパクパクいけちゃいます。

そして、待つことしばし、厨房からやってきた汁なし坦々麺(単品600円)はこんな感じです!


100407_mara_3


麺は武蔵境の好々に似た細めのストレートで、しっかりとした歯ごたえがあります。汁なし坦々麺は、こういうのが基本なのかな?そこにそぼろと大量のネギが乗っています。汁は器の下に入っているので、食べる前に全体をかき混ぜて、いただきま~す!

味は、麺を食べた後にご飯を入れることを前提にしているためか、ややしょっぱめ。花椒の香りが効いています。このままでもおいしいのですが、ここに先ほどのラー油を入れると、俄然おいしくなるんです!同僚は、ラー油をやたらと投入して黙々と食べています。

するとそこに、店長さんらしき男性が登場。「辛いのはお好きですか?このラー油を足してみますか?」と、どこからか大きな瓶を持ってきました。
このラー油は、自家栽培のハバネロやプリッキーヌ(タイの唐辛子)、海老などで作った特製だそうで、普段は「辛み追加」として100円増し(金額はうろ覚えです)で出しているようなのですが、このときはなぜか味見をさせてもらえました。

で、これが、めっちゃくちゃ辛い!で、旨い!!

卓上のラー油もおいしいのですが、この辛みと旨みにはかないません。思わずむせてしまうくらい辛いのですが、でも食べたい!

辛いものが苦手な人には絶対お勧めできませんが、我こそはと思う方(?)は、ぜひお試しください。100円追加でも食べてみる価値ありだと思います。

そのほか卓上に黒酢などの調味料がありますので、麺を食べるとき、ご飯を残りの汁に入れて食べるときに、それぞれ好みの味を作ってみるのも楽しそうです。

お店の雰囲気が明るく、店員さんたちも感じがよかったのが好印象でした。
それに、食べた後に何とも言えない爽快感があるのが不思議(激辛ラー油の効果かも)。

ちょっと元気になりたいときや、食べてスカッとしたいときに行きたいお店です。
うーん、ラー油のおかげで評価が甘口になっちゃったかな?(笑) あの激辛ラー油、瓶で売ってくれないかなあ…(卓上のラー油は瓶で売っているようでした)

ちなみにこちらのお店、広島の人気店で、吉祥寺が関東初出店だそうですよ!


麻辣商人 吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-8
0422-76-8210


追記:麻辣商人はつけ麺ジョージというお店に営業内容を変更したようです。汁なし坦々麺は吉祥寺ではウケなかったのかな?

|

« 井の頭公園の桜とさーたーあんだぎー(南ぬニライカナイ) | Main | 海鮮酒場・凧凧(はたはた)その3 »

吉祥寺・ラーメン」カテゴリの記事

吉祥寺・中華」カテゴリの記事

吉祥寺内外・ラーメン」カテゴリの記事

閉店したお店」カテゴリの記事

Comments

オープンした日にお店の前を通ったのですが、
私辛い物があまり得意でないので、
このお店に行くことはたぶんないだろうなぁー。と思って
通り過ぎました...。
ピリ辛程度なら行けるんだけどなぁ。
Comanaさんは辛い物にお強いんですね!

食べるラー油、めっぽう流行ってますもんね。
品薄で入手困難なあの商品は私も食べられました。
こちらのお店のはどうなのかなー。
メインの汁なし担々麺よりそっちが気になります(^^)


麺類と言えば、東急百貨店そばにあった「福松」という松屋系の
お寿司屋さんがあった所が「麺Dining セロリの花」
というお店になりましたね。
金曜日オープン予定のようです。

こちらも松屋系列との事ですが、苦手な人も結構いる「セロリ」
を店名に持ってくるとはチャレンジャーだなー。
と思いました。
ラーメン自体にセロリが使われてるかは店頭にあった
チラシではわかりませんでしたが、餃子には入ってるようです。

Posted by: ブルー | Apr 08, 2010 at 12:24 PM

★ブルーさん、

こちらの汁なし坦々麺、出てきた状態のままでは
トウガラシ系の辛さはそれほど強くありませんでした。
むしろ花椒のほうが効いている感じです。
でもいずれにしても、それほど辛い!という感じでもなかったような。

で、自分で卓上のラー油や花椒を足して、好みの加減にするようです。

そういえば私、例の食べるラー油は食べたことがないんです!
なので、比較はできないのですが、
こちらの卓上のラー油は、一般的なラー油ほど辛くないと思いますよ。

ただ、味付け自体がちょっと濃い目なので、
私が感じるブルーさんの好みでいうと、ちょっとしょっぱいかもしれません。

私は辛いものは結構好きですよ~
でも、むやみに辛い「だけ」のものはあまり…。
辛くても、そこにうまみがないと。

ここの特製ラー油は、辛いんですが、うまみが強かったんです。
でも食べすぎたら翌日大変なことになりそうなシロモノですよ!(笑)

そうそう、セロリの花の情報ありがとうございます!

んー、麺屋さんで「セロリ」なんですか…
確かに大胆かも… 
いまどきのおしゃれダイニング風なお店なんでしょうね。

それにしても、ここのところラーメン屋さんが激増していますねえ。

Posted by: Comana | Apr 08, 2010 at 10:57 PM

The comments to this entry are closed.

« 井の頭公園の桜とさーたーあんだぎー(南ぬニライカナイ) | Main | 海鮮酒場・凧凧(はたはた)その3 »