« 築地市場で早ランチ | Main | 石庭こまち@東村山(武蔵野うどん)+小江戸・川越 »

DEMODE DINER(デモデダイナー)@福生+おまけの話

GWは吉祥寺の外でランチを食べようシリーズ(?)第2弾、福生のDEMODE DINER(デモデダイナー)です!
(ちなみに第一弾はこちら


100503_demode_1


この冬沖縄で普天間基地の横を通ってからずっと、福生にある横田基地のことが気になっていました。

横田基地とちょっと似ているなと思った沖縄のR58。でも、その横田基地の通りは、もう何年も通っていないような…。

ということで、ちょっと確かめてみようかなと思ったわけです。
で、あのあたりのお店でランチでも食べようかなと(って、どっちが目的? 笑)


福生周辺で人気のお店、と調べたところ、たくさん口コミが見つかったのが、DEMODE DINER(デモデダイナー)でした。

いろいろな方のブログや写真を拝見すると、ボリューム満点のハンバーガーが人気のようです。
たまにはそういうものも良いかということで、本日のランチはここに決定!

吉祥寺からしばしドライブし、13時ころ着いたときには、店内は満席、駐車場も空き待ちという状況でした。GW中にこういうところにはあまり人が来ないかと思いましたが、人気があるんですねえ…


100503_demode_2


なんとか車を止め、しばらく席が開くのを待って、到着から30分くらいで着席。
中に入ると、お店の雰囲気も、いかにもアメリカ~ン、来ているお客さんの多くも「アメリカ大好き!」な若い人たちです。でもそんな中に家族連れがいたり、私達のようなフツーの夫婦がいたりします。

ところでここ、実は「紅虎餃子坊」で有名な際コーポレーションのお店なんですね!
紅虎や万豚記は、中国のイメージ(それもローカルっぽい)と若い人にアピールする雰囲気の両方を共存させていることに感心しましたが、こちらもまた、アメリカっぽさを上手に作っている感じです。

たとえば、ハンバーガーには+250円でドリンクがつけられるのですが、そのドリンクのカップがこんな感じ。


100503_demode_3


持っているのは旦那ですが、身長180cmの大男です。
その旦那が持って、こんなに大きいんですよ~!確かにアメリカのドリンクってこうなんですよね…

で、ハンバーガーはこう↓ですよ。これは旦那が頼んだベーコンエッグ・バーガー、Mサイズです。


100503_demode_4


奥にあるハインツのケチャップのボトルが業務用の大きなものなので、大きさがわかりにくいかも知れませんが、マスタードのボトルと比べてみてください。

まあとにかく、デカいんですよ!Mサイズなのに!

バンズは佐世保バーガーより小さめですが、中身のボリュームはこちらが圧倒的です。


冒頭の写真は私が頼んだBLTサンドですが、こちらはSサイズ。Sサイズですが、バンズは厚く、普通のお店のハンバーガーの1.5倍くらいのボリューム。
で、パテは2倍はありますね。とにかく分厚い!Sサイズなのに、思い切り押しつぶさないと口に入れられません!


100503_demode_5


私はギューッとつぶして、大口を開けてかぶりつきましたが、そんな私を尻目に、旦那はナイフとフォークでハンバーガーを食べてました… って、それ、男女が逆でしょ!
(あまりにも大きくて、かぶりつけなかったようです!)


ちなみに、お店の内装やハンバーガーの見た目はアメリカの雰囲気を上手に作っていますが、味自体は、本場っぽいというよりも日本人に好まれる味だと思います。

ハンバーガーのパテはジュージーで肉汁たっぷりで、パテというよりおいしいハンバーグです。旦那は「これならハンバーガーじゃなくて、ハンバーグを頼んで食べればよかった…」と言っていました(笑)
バンズも想像よりも柔らかく、万人受けしそうな感じです。

そういうところがまた際コーポレーションっぽいかも…。

アメリカっぽい雰囲気を楽しみつつ、味は冒険せずにおいしいものが食べたい、という人にちょうどいいお店かもしれません。


ところで、沖縄で気になった横田基地の周りの雰囲気、ですが。

以前私が前に来た時、横田基地の横の通りからは、金網越しに中の様子が結構よく見えたのですが、今は金網が塀に変わり、中があまり見えないようになっていました。
もっとも沖縄ほど閉ざされた雰囲気ではありませんでしたが、基地の中を見せないような方針転換があったんでしょうね。


DEMODE DINER


さて、ここから先はおまけですので、興味のある方だけどうぞ。


この日私は、横田基地の他に、こういう場所も見に行ってきました。


100503_demode_6


この廃墟に見える建物、よく見ると丸い穴がたくさんあいています。

100503_demode_7


この建物は、東大和南公園内にある、旧日立航空機立川工場変電所。

丸い穴は、米軍の機銃掃射を受けた跡です。
つまり、太平洋戦争で攻撃を受けたときの姿のまま、今も公園の片隅に残されているんです。

こんな建物が東京都内に残っているなんて、知ってました?
私は他の方のブログで知って、一度見てみたいと思っていたのですが…


100503_demode_8


興味がある方は、「旧日立航空機立川工場変電所」で検索するといろいろ情報が出てくると思います。


この場所については、またいずれ こちらのブログでご紹介したいと思っていますが、生々しい銃撃の跡と、この建物の手前にシートを広げてお弁当を食べる家族連れの姿が結びつかないというか…

地元の人にとっては昔からある建物の一つでしかないのでしょうけれど、晴れ渡った空の下、楽しげな家族連れの様子と、その同じ空の下(というか、すぐそこ)に痛々しい弾痕をさらし続ける建物を交互に見比べ、なにやら妙な気持ちになりました。(旦那は一言、「シュールな光景だ…」とつぶやいていました)


そして、この建物の機銃掃射の跡と、私が今日ランチを食べたアメリカ~ンな雰囲気の福生周辺の成り立ちは、間違いなく、歴史の流れの中で繋がっているんですよね。

だから横田基地がけしからんとか、米軍憎しということでは全くないのですが、ピクニックする家族の姿と、無数の弾痕が結びつかないのと同様、米軍基地周辺のお店でうきゃうきゃ言いつつハンバーガーを食べている自分もまた結びつかない。

結びつかないけれど結びつかないなりに、そういうことを知っておくことは大事なんじゃないかなと思いました…。それが、良いとか悪いとかではなくて。


|

« 築地市場で早ランチ | Main | 石庭こまち@東村山(武蔵野うどん)+小江戸・川越 »

吉祥寺以外」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.