« 今日の一枚:チャールズ・レニー・マッキントッシュ | Main | ブーランジェリー・ラ・テール@アトレ吉祥寺 »

たるたるホルモン

えーと、今日の昼間、外は暖かかったみたいですね~
私はランチどころか、外に出られませんでした…(涙)

ということで、ランチではありませんが、先週行った吉祥寺のお店をちょこっとご紹介します!
人気焼き肉(ホルモン)店、「たるたるホルモン」です!


100517_tarutaru_1


このお店は有名なので知っている方も多いことでしょうね。ホルモン焼きで人気の「わ」の系列店です。

私は「わ」も行ったことがありませんし、こちらのお店も初めてです。
いえね、同僚がどーーーしてもここのお店に行きたいというので、夕方、仕事の途中で食べに来たんです…お酒?もちろん飲めませんって!(笑)

で、パクパク食べて小一時間で出てきたわけですが。(そのくせずいぶん食べたなあ)


100517_tarutaru_2


人気店だけあって、お肉はなかなかおいしかったですよ!
冒頭の写真は、左上からギアラ、ハラミ、リードヴォー、ウルテ。そのほかに豚タンと、ホルモン(たれ)、豚おっぱい…くらいかな?

どれもおいしかったですが、特に気に入ったのはリードヴォー。(仔牛の胸腺肉、つまり仔牛のおっぱいということか?)
初めて食べましたが、ものすごくやわらかくって、とろけそう! これにはやられました~(笑)

他に、ギアラやハラミもおいしかったですが、これは李朝園のほうが好みでした。(といっても、李朝園にはもうずいぶん行っていないので、今はどうかな?)

そして、ホルモン焼きではありませんが、モツ煮もおいしい!


100517_tarutaru_3


やわらかくて臭みがないんです。色々なモツが入っているので食感の違いも楽しい。これは、これだけを目的にまた行きたい、というくらい気に入りました。モツ煮ランチとか、やってくれないかなあ。


ただ、このお店、食べにというより飲むつもりで行く店かもしれません。

というのも、まず、店内がカウンターとテーブル席二つと、こじんまりしているんです。大人数で来る場所ではありません。
で、カウンター席では一緒に来た人と隣り合わせで焼き肉をつつくことになるわけですが、普段バーなどで飲まない私にとっては、カウンター越しにお店の人がいるという状況がすでに落ち着かない(笑)

で、ゆっくり飲むならまだいいんですけどね。この日私がしたことと言えば、ひたすら肉を焼いて食べること(笑)
これは…どうにもこうにも、居心地が悪いなあ…。

焼き肉デート、なんて時には、お店の雰囲気も悪くないですし、使えるのではないかと思います。でも、デート以外、しかも飲まずにひたすら食べるなら、別のお店のほうが気兼ねをせずにすむかもしれません。

一方で、「一人焼き肉」なんて時には使いやすいかもしれませんね!(実際そういうお客さんもいましたよ!)


そしてもう一つ思うことがあります。

このお店、有名人のお客さんが多いようで、壁にたくさんサインが描かれています。
漫画家のサインも多く、中には普段漫画を読まない私でも知っているような著名な漫画家さんの絵もあります。さすが吉祥寺!

ですがその中に、裸の女性の絵があるんです。 


これは、客の一人の感想として、お店の人の立場や絵が描かれた時の状況(お店の人が頼んだのか、勝手に描いたのか、など)は考えずに述べますが。

このお店は「リードヴォー」や「豚おっぱい」など、おっぱいのお肉が名物だからということでなのでしょう、裸の女の子が「おっぱい食べてね」と言っているのですが、その絵が…なんというか、非常に品がないんです。エロいというより何か汚らしい感じで、その絵が視界に入ってくるたびに不愉快な気分になってしまいました。
どうせ描くなら、もっとかわいい女の子の絵にしてほしいなあ。(たとえ裸の絵だとしても!)

というわけで、「デートに」と書きましたが、この絵の前の席になってしまうと、これから親しくなろうという二人の場合は気まずくなってしまうかもしれませんので要注意ですよ!(付き合い始めのデートでホルモンは食べないかなあ…)

とはいえ、お酒を飲んで多少酔ってくれば、そんな細かいことは気にならないかもしれませんけどね。


たるたるホルモン

|

« 今日の一枚:チャールズ・レニー・マッキントッシュ | Main | ブーランジェリー・ラ・テール@アトレ吉祥寺 »

吉祥寺・アジア/エスニック」カテゴリの記事

Comments

お仕事、めちゃくちゃ忙しそうですねぇ...。
外にすら出られないなんて!!
Comanaさんのランチ日記、いつも楽しみにしてるので、
早く今の状態から抜け出される事を節に願っておりマス(笑)


さて、今回掲載されたお店「たるたるホルモン」ですが
オープンした頃に何度か行きました。

「わ」の方にも行ったことありますが、ちょっと狭いんですよね...。
濃厚な感じの常連さんが多いのでタイミングによっては、
居心地が悪いと感じる事があり、
こちらができてからは「わ」には行かなくなりました。

「たるたるホルモン」は4~5人で行くことが多いので、
いつもテーブル席を予約してます。
そのおかげか、Comanaさんがご覧になった絵には全く気付いてません。
(1年半以上行ってないのでその間に描かれたものかもですが。)

「わ」も「たるたるホルモン」も漫画家さんがかなりいらしてるんですよね。
私はあまり詳しくないのでよくわからないのですが、
好きな人にとってはお宝的なイラストも多々あるらしいです。

ただ色んな人が出入りするお店で気分を害する可能性がある、
イラストを掲載するのはどうかなー。とは思います。
たぶん描いた方も、
そのままにしてるお店の方も悪気は全くないのでしょうが。

いい事かどうかわかりませんが、
何度も行くと見慣れて気にならなくなる可能性はあるかもなぁ。
と思ったりもしなくはないですが(^^;
(実際にその絵を見てないので、こんな発言になってしまってます。
 気分を害されたらゴメンナサイ。)

Posted by: ブルー | May 19, 2010 at 01:45 AM

★ブルーさん、

ランチ、あいかわらず行けないんです…
早く落ち着きたいです、ホント(笑)

ところで、「わ」のほうがここよりもさらにディープっぽいんですねえ。
こちらも十分「常連さん優先」的な雰囲気を感じましたけど…。

おいしかったのですが、次に行くにはちょっと勇気がいるかなあ。

そうそう、裸の絵は、気にしない人は全然気にならないと思います。
私が言うほど不快に思わない人も多いでしょうし。

でも、飲食店の壁にああいう絵はどうかなあ。
(トイレの落書きを連想しました 笑)
でもでも、おそらくは、お店の人と漫画家さんの関係もあるんですよね。
そういうことを考えると、きっとやむを得ない事情があるんだろうなあと思ったり。

お店の人と仲良くなったりすると、全然気にならないんでしょうね。

んー、全体的に、そういうスタンスのお店ってことかも。


Posted by: Comana | May 20, 2010 at 11:35 PM

The comments to this entry are closed.

« 今日の一枚:チャールズ・レニー・マッキントッシュ | Main | ブーランジェリー・ラ・テール@アトレ吉祥寺 »