« 戸越銀座にランチしに(洋食「TAKEGAMI」・中華「百番」ほか) | Main | 牛たん利久@池袋・追記 »

甚五郎(武蔵野うどん)@国分寺

本日ご紹介するのは、武蔵野うどんの甚五郎です!ただし武蔵野といっても吉祥寺ではなく、国分寺です!

ごめんなさいねぇ、出張から戻ってきたのに、まだ吉祥寺でランチを食べていないんです(涙) 吉祥寺周辺にお住まいの方なら、ちょっと(?)足を延ばせば行けるところ、ということでご勘弁を!


100525_jingoro_1


すでに何度か書いている通り、ただいま旦那に武蔵野うどんブームが到来しておりまして。その中でもこのお店、甚五郎は「絶対君が気に入りそうだから」と言うのです。

なぜ私が気に入りそうなのかといえば、うどん以上に「店舗」が面白いのだとかで。

冒頭の写真の通り、店内はレトロで独特の雰囲気。この日はたまたま、それまで満席だった店内からお客さんが引けた後、遅めのお昼にやってきたお兄さんが、一人読書にふけっていました。その様子が…このお兄さんも含めて何かのセットみたい(笑)

で、外観がまたすごいんですよ!


100525_jingoro_2


なぜ「むさしこがねい」(笑)

とにかく古い看板を集めてきました、って感じ…
こういう看板、私が子供のころは、田舎の納屋?みたいな建物に貼り付けられていましたが、色あせていないきれいな看板は見たことがないなあ。レプリカなんでしょうか??


という具合で、外装、内装ともに一風変わっていますが、こちらのお店、メニューも変わっていましてね。
武蔵野うどんというより「創作うどん」って感じなんですよ!

「もつ鍋うどん」とか「すきやきうどん」あたりはまだいいとして、「ラムづけうどん」「肉みそキムチうどん」になってくると、もう何が何だか(笑)

でも、お客さんは地元の人が多いようでしたので、色々なメニューをそろえて、何度来ても飽きないように、ということなんでしょうね。


でもまあ、私たちはそういう謎めいたうどん(笑)は遠慮しておいて。

頼んだのは、「うどんそば合い盛り」です!


100525_jingoro_3


ん~、これだって十分変わっているような…。うどんとおそばを同じつけ汁で食べるんですよ??

でも、旦那が「せっかくだから食べてみてよ」というので、この合い盛りで。
旦那は鴨汁、私は肉汁を頼みましたが、鴨汁には旦那が苦手な山椒がたっぷり入っていたので、結局すぐに取り替えました(笑) 山椒の効いた鴨汁、おいしかったですけどね。

でもやっぱり、武蔵野うどんは肉汁かな。関東風の甘い味で、だんだんこれがおいしく思えてきました。
つけ汁が濃い味なので、おそばでもそれなりに食べられます。関西風のだしではこうはいきませんね。

うどんの麺は、初めて武蔵野うどんを食べたときに感じた「モッテリ」とした、すいとんのような歯ごたえ&舌ざわりです。そして硬い!でもそれがおいしい!

おそばは…うん、特に食べなくてもいいかな(笑) 飽きないように二種類の麺が楽しめるという意味ではこれもアリですが、私は、次回は全部うどんの方向で(笑)。

とはいえ、全体としてはなかなか満足できましたよ。ボリュームといい、メニューの奇抜さといい、きっと若いお客さんが多いんだろうなあ…。


それにしても、うどんといえば関西と思っていましたが、東京都下がうどん文化圏(?)だったとは。
結局吉祥寺ではその後ランチに食べる機会がなかったのですが、武蔵野うどんの専門店とか、ないんですかねえ…。


甚五郎本店(食べログ)

|

« 戸越銀座にランチしに(洋食「TAKEGAMI」・中華「百番」ほか) | Main | 牛たん利久@池袋・追記 »

吉祥寺以外」カテゴリの記事

吉祥寺内外・うどん、そば」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.