« ビッグ・アップル・ダイナー(Big Apple DINER)・その2(閉店) | Main | 酒房食堂dish@ハモニカ横丁 »

カンラン@西荻窪

100717_kanran_1


今日はお休みということで、吉祥寺のランチの話題ではありません。でも最寄りは西荻窪ということで、吉祥寺界隈の方なら守備範囲かな?

五日市街道沿いにあるレトロな雰囲気のお好み焼き屋さん、カンランです。


100717_kanran_2


こちらのお店、通りかかるといつも混んでいるんですよね…
でも西荻窪という微妙な立地(吉祥寺からは平日には遠く、休日には近すぎ)のため、これまで気になりつつも行ったことがありませんでした。
今日は旦那と豚やを目指して出かけたところ、品切れで営業が終わってしまっていたので、この機会にと行ってみたのです。

昭和レトロなガラス戸を開けると、そう広くない店内(カウンターとテーブル席二つ)はすでにほぼ埋っていて、私達がテーブル席に着いたところで満員御礼。その後から来て、待つのをあきらめて帰った人たちも結構いました。人気があるんですね~


さて、こちらは広島風のお好み焼きが看板メニューなのですが、キャベツの甘さを引き出すために時間をかけて焼くので、焼きあがりに一枚20分かかる、とのこと。

メインはそば肉玉の大盛り(旦那がたくさん食べたいというので!)を二つ頼みましたが、20分ひたすら待つのはちょっと手持無沙汰ということで、地鶏のゆずコショウ風味も注文してみました。


100717_kanran_3


ゆずコショウで下味をつけて焼いた地鶏とニンニクの芽に、天然塩をちょっとつけていただくのですが、これがおいしい。時間つぶし(?)のつもりで頼みましたが、なかなかのヒットです。家でも真似してみよう…


100717_kanran_4


そうこうする間にお好み焼きも焼きあがり、カウンターの鉄板から私達のテーブルの鉄板まで運ばれてきました。

店員さんが、コテを使ってすごい勢いで切り分けてくれるので、写真が心霊写真のようです(笑)

大盛りを2枚を切り分けた後には、ものすごい量の「お好み焼きのピース」が出来上がっていました。


食べてみると、私が知っている「広島風お好み焼き」とは全然違いました!

これまで私は、そばが焼きそばのように柔らかく焼かれたものしか食べたことがなかったのですが、ここの中華麺は直接鉄板で焼かれて表面がパリパリ。まるでかた焼きそばのようなのです。

味付けも思ったよりも控えめで、ソースものが好きな旦那にはちょっと物足りなかったようです(テーブルにあるソースやマヨネーズを自分で足していました)。でも私には、しつこくなくてちょうどいいくらいです。

こういうかた焼き風がいわゆる「広島風」なのか、こちらのお店のオリジナルなのかはわかりませんが、油っぽくなく香ばしい、初めて食べるタイプのお好み焼きでした。ビールを片手にいただきたい感じです。

お店の雰囲気も、お好み焼きをがっつくというより、お酒を飲みつつくつろぐのが似合うかな?


カンラン(食べログ)

|

« ビッグ・アップル・ダイナー(Big Apple DINER)・その2(閉店) | Main | 酒房食堂dish@ハモニカ横丁 »

吉祥寺・その他」カテゴリの記事

吉祥寺近隣・三鷹」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.