« Moleskine(モレスキン)で落丁があったんだけどね | Main | ダンディゾン(Dans Dix ans)の季節パン »

明神下 神田川(鰻)@秋葉原

100724_kandagawa_1


本日のランチは、な、なんと!江戸前鰻の名店「明神下 神田川」です!

ここのところ夏バテなのか、どうも毎日体がダルいのです。
今日も家事をしながら「なんだかダルいなあ…」と思わずつぶやくと、それを聞いた旦那が「すっぽんを食べに行こう」と言い出しました(笑)

ええ?すっぽん?
いやあ、そういうのを食べたい感じでもないんだけどなあ…(苦笑)

そこでふと、「鰻だったら食べたい気もするけど…」というと、じゃあここにしよう、と旦那が選んだのが、明神下神田川でした。

といっても、旦那自身も知っていたわけではなく、口コミで評判が良かったのがこちらだったとか。ちょっとお高いようですが、まずは行ってみましょう!


ということで、秋葉原にほど近いお店まで、のこのことやってきたわけですが。


100724_kandagawa_2


古い民家を生かしたお店は、ちょっと敷居が高い…
いや、敷居だけじゃなくて、よく見ると「予約満席・完売」というような札が下がっているのです!

うええ、ここまで来たのに、炎天下にランチ難民だ
 
玄関前に立ちすくんだまま二人で途方に暮れていると、声が聞こえたのか、玄関に店員さんがやってきました。そして、相部屋でよければ入れますよ、とのこと。(こちらのお店は個室が人気のようです)
やった、ラッキー!なんでもいいです~、とばかり、席を取っていただきました。


で、通された部屋はこんな感じ。昔の民家の雰囲気を生かしつつ、お店用にリフォームしているようです。なかなか素敵。


100724_kandagawa_3


相部屋といっても、すぐ隣が他の人ということはなく、席と席の間はゆったりしていました。私達が座ったのは、庭に面した窓際の席。お庭自体はこれといって変わったことのない日本風(というか一般の民家っぽい)でしたが、それでも緑を見ながらの食事は気分がよいものです。秋には紅葉もきれいでしょうね。


さて、今回いただいたのは、当然うなぎ。うな重です。
他にもたくさんのメニューがあり、しかも昼間からお酒もあるのですが、お昼ですし、うなぎ一本ということで。

私が頼んだのは、小さめのうな重(冒頭の写真)。これで3360円。うーーん。吉祥寺で日々いただくランチの4倍近いなあ。

そして旦那は大き目のうな重(下の写真)で、3990円。


100724_kandagawa_4


特別な日でもない二人のランチにこの金額は、いつもなら躊躇するのですが、今回は思い切ってみました。今年は特に、手頃な鰻は中国産ばかりですし、たまにはね!

で、普段は口にしないような高級うな重をいただいたわけですが…

んんーーー。高級すぎて私にはコメントできません(笑)


100724_kandagawa_5


とにかくふっくら、ふんわりと柔らかいんです。皮まで柔らかくて、存在がわからないほど。

たれは甘みの少ないキリッとした味で、全体に上品。普段特に鰻を好んで食べない(味が濃くてしつこい気がする)私でも、おいしくいただけました。

ただ、これまで食べたものはちょっと比較にならないので(笑) 他の舌の肥えた皆さんの感想をご参照くださいね!

ちなみに、鰻は甘めが好きな旦那は、「上品すぎて、ちょっと物足りないかなあ」だそうです!


26日は土用の丑の日だそうですから、吉祥寺の皆さんも、ランチに鰻はいかがでしょうか。


明神下 神田川 (食べログ)

|

« Moleskine(モレスキン)で落丁があったんだけどね | Main | ダンディゾン(Dans Dix ans)の季節パン »

吉祥寺以外」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.