« 今日の一枚・井の頭線ホームと吉祥寺のゴンベ | Main | BASE CAMP(ベースキャンプ)(閉店) »

今日の一枚・靖国神社

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

また吉祥寺・今日のランチが未更新の日は、サブブログの旅の覚え書きへどうぞ!


100816_yasukuni_1


えーーと、またまた吉祥寺のランチの話題ではなく、さらに今日の一枚といいつつ今日の写真でも今日の話題でもないのですが!

8月15日は終戦記念日でしたね。

終戦記念日と言えば毎年話題になる靖国神社ですが、あれこれ言われている割には、実は行ったことがないという人が大部分なのでは。

かくいう言う私も昨年までその一人でした。
で、見たこともないのにあれこれ考えても始まらないし、一度くらいは見ておこう、と思い立ち、今年の春に足を運んでみたのです。


で、まあ色々と書きたいことはあるのですが、全部書こうと思うとすんごく長くなってしまいますので、結論だけ書くことにしますが、とにかく、行ったことがない人は一度行って自分の目で見てみることをお勧めします。(というのが結論 笑)

靖国神社を訪れた中国人のブログが紹介されていましたが、まさにこの人が書いているような感じでした。


100816_yasukuni_3_2


遊就館では、中国語を話すカップルが静かに展示を見ていたことと、3世代の家族連れが、一面に展示された戦没者の写真の中から、戦死した親族(おじいさん?)らしい人の写真を見つけ、それを見ながら談笑していたのが印象的でした。

私も、もし肉親が戦死していたら、何かの折には家族でここを訪れたのかもしれません。


終戦記念日は、右翼を装った外国籍の人や、やたらとあおるメディアやらで大騒ぎでしょうけれど、なんだかどちらも馬鹿馬鹿しい。

外交カードに利用するために突然騒ぎはじめた国も、わざわざそれを炊きつけた日本の某新聞社も、他国に媚を売って参拝しない日本の政治家も、ただ自分のために動いているだけ。他国の顔色だけを覗い、誰一人、国のために命をかけた人々を弔おうとしない内閣など、日本の内閣だと思いたくありません。

(あれ、一言だけのつもりが随分書いちゃった…)


ところで、8月14日に放送されたドラマ「歸国」を、途中から見るともなしに見ましたが、靖国神社を訪れた英霊たちが、深夜にバタバタしているマスコミの一団を見ていぶかしがるシーンがありました。

英霊の一人は、日本の首相が公式に参拝しないことを知り、「国のために散った兵士たちを、国の責任者が弔いもしないのか!」と憤慨します。
またもう一人の英霊は、マスコミを見ながら「彼らはただ世界に配信して騒ぎを大きくしたいだけで、愛国心はありません」と、冷ややかに言い放ちます。(台詞はどちらも不正確ですが、こんな感じ)

こんなセリフ、よくこの局(TブーS)で放送できたなあ、とビックリしてしまいましたが、英霊たちはそんな風に見ているかもしれませんね。まあこれは、脚本家の倉本聰さんの痛烈なイヤミなのでしょうけれど。


このドラマそのものについては、えーと、突っ込みたいところもいろいろあるのですが(笑)、未だに遺骨が収集されないまま、南の海の底でひっそりと身を寄せ合い、ただ日本の将来を思い続けている英霊たちのことを想像すると、申し訳なさと、今の日本の不甲斐なさに涙が出ます。

視聴者にそう思わせただけでも、このドラマは成功だったのでしょう、きっと。

|

« 今日の一枚・井の頭線ホームと吉祥寺のゴンベ | Main | BASE CAMP(ベースキャンプ)(閉店) »

今日の一枚」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.