« 日本に暗雲が垂れこめる・3 | Main | SITAARA Deli(シターラデリ)@アトレ吉祥寺 »

正太郎うどん@下石神井(武蔵野うどん)

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

また吉祥寺・今日のランチが未更新の日は、サブブログの旅の覚え書きへどうぞ!


100926_shotaro_1


ここのところ、「週末は武蔵野うどん」が恒例になってきました(笑)。

土曜日、旦那は武蔵野うどん、二連ちゃん!でSKさんにご推薦いただいた「とき」に行ってきたのですが、あいにく私は所用があり同行できず。(旦那は「麺がしっかり硬くて、小麦の甘みがあってメチャクチャおいしかった!」と言っておりました)

で、本日は「吉祥寺に近くて硬派な店」ということで、下石神井の正太郎うどんに行ってみました!

実は当初は、別のお店に行く予定だったのですが、直前になって旦那が「正太郎ってお店が良さそうだよ。麺が硬そうだし」と(笑) むー、武蔵野うどんのモッテリな歯ごたえになれると、ツルッとのどごしのいいさぬきうどんには戻れないかも…

そんなわけで、私はそのお店がどんなところなのか全く知らないまま、吉祥寺からほどなくして店の前に到着。
表通りから少し入った、静かな路地にあるお店でした。


100926_shotaro_2


見たところ「町の小さなうどん屋さん」という感じですが、なぜか扉が開け放たれています。(後で知りましたが、普段から扉は完全には閉めないというマイナールールがあるようです)

中を覗くと、ちょうどお昼ごろでしたが、カウンターだけの店内にはすでに先客がぼちぼち。それも間の悪いことに、あいている席はいくつかあっても一つずつで、二人並んで座れる席がないのです。
奥の方では店主らしい男性が一人黙々と作業中。ラーメン屋さんなどでは、他のお客さんに詰めてもらうように店員さんが声をかけるところもありますが、どうもそんな雰囲気ではありません。

これは二つ席があくまで待つしかないか、と黙って立っていると、ふと振り返った学生さんらしき男性が、状況を察したのか、何も言わずに席を一つ移動してくれました。

わ~ありがとうございます~、と嬉々として座りましたが、
さて、次に困ったのが注文のタイミングです。

店主は前記のとおり奥にいるのですが、作業に没頭しているのか、私達が座ったことに気づいていない様子。周りのお客さんも私語がほとんどなく、店内はNHKの音声がラジオで流れるだけで、シンとしています。どうにも、店主に声をかけずらい状況なのです。

隣のお兄ちゃんは、会計をしたいようなのですが、お金を手にしたまま、ただ黙っています。店主がこちらに来るのを待っているようです。
すいませ~ん、なんて大声を出したら、振り返った強面のオヤジに「ああ?今忙しいんだよ!黙って待ってろ!」なんて怒られるんだろうか…

とはいっても、店主はずーーっと作業中で、このままではいつまでたっても注文ができません。意を決した旦那が、静まり返った店内で、「すいません、肉つけうどん二つお願いします!」と声をかけました。

すると。

「あっ、いらっしゃいませ!」

と振り返ったのは、ちょっと竹中平蔵に似た柔和な顔のおじさんでした(笑)

え。

おっかない強面オヤジじゃないじゃん!店内のこの緊張感はなんだったのー!(笑)

どうもこのお店、よくある店側が偉そうなラーメン屋などとは違い、お客が自発的に気を使っているようです。常連さんが多いのかな?注文をするときも会計をするときも、お客さん一人ひとりに「オヤジさんの作業の邪魔にならないように」という気配りが感じられて、なんだかイイ感じです(笑)


さて、注文から待つことしばし、肉つけうどん(肉汁うどん)がやってきました!


100926_shotaro_3


まず驚いたのは、麺の量です。
写真は一人前ですが、普通のお店の二人分近いんじゃないかな…

で、麺はばっちりエッジが立った(笑)固ゆでです。武蔵野うどん特有のモッテリ、ボクボクとした歯ごたえで、小麦の甘みもしっかり感じられ、なかなか美味。さぬきうどんのようにつるつると食べることはできませんが(そんなことをしたらのどに詰まるよ 笑)、一本一本を味わっていただけます。この感じが癖になるんですよね…


100926_shotaro_4


つけ汁は見た目黒々としていますが、しょっぱくはありません。甘みが強めで、これまた美味!豚肉は別ゆでにしているように見えましたが、つけ汁にも肉のうまみが感じられます。なるとと青菜のおひたしが入っているのがユニーク。

うま~い!
これは、豚やの次に好きかも…

ただ量が多いので、女性一人では食べきれないかも?
といっても、隣の女性は一人で特盛り(750g!)を注文していたので、好きな人ならペロリかな??

私は半分くらいギブアップして、残りは旦那に食べてもらいましたが、その後二人で猛烈な眠気に襲われ、早々に家に戻って昼寝をしてしまいました!
あの硬派うどんの消化のために、体中の血液が胃に集められたのだろうと話しています(笑)


ということで、なかなか良いお店でした。吉祥寺からはちょっと離れていますが、休日の遠出ランチにおすすめです!

手打ちうどん 正太郎うどん

東京都練馬区下石神井5-1-34
営業時間 11:30~14:30/17:30~21:00
水曜休み
(電話番号は公開していないようです)


|

« 日本に暗雲が垂れこめる・3 | Main | SITAARA Deli(シターラデリ)@アトレ吉祥寺 »

吉祥寺内外・うどん、そば」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.