« 義援金の話 | Main | CoCo壱番屋(被災地で炊き出しもするそうです) »

音麺酒家楽々・その2(閉店)

※同じエントリーだった義援金の話はこちらに分割しました


さて、久しぶりに吉祥寺のランチの話です。実は震災前のランチなのですが…

既に大分前にもご紹介した、音麺酒家楽々です。(以前のエントリーは「音麺酒家 楽々」)


110320_lakulaku_1


同僚に、平日限定の「肉煮干らーめん」がおいしそうなので食べに行こう、と誘われ、久しぶりに行ってみました。

前回のエントリーはオープンからそうたたないころで、お客さんも多くありませんでしたが、今回久々に行ったところ店の前には行列が。しかもお客さんは男性が多く、以前の「ラーメンも出すこじゃれたお店」という感じから、すっかり「流行りのラーメン屋」の雰囲気に様変わりです。

券売機には色々なメニューが並んでいて、定番メニューの他にはそれぞれ休日限定だったり平日限定だったり。何も調べずに来たので、考えるのが面倒になってしまい、同僚と同じ肉煮干らーめんにしてしまいました。

ところがその同僚は、途中で煮干しらーめん?(正式名称忘れました)に変えていたっていう… な、なんで私だけ肉食系メニューを(笑)


110320_lakulaku_2


肉煮干らーめんは、背脂たっぷりの動物系+煮干しのダブルスープで、具も脂たっぷりのチャーシューがどっさり!麺は太くてシコシコ、何というんでしょう、完全に肉食派のガツン系ラーメン(そんな言い方ある?)です。あ、メンマがおいしかったです。

一口食べたときに、「おっ、これはなかなか…」と思ったのですが。

うん、気持ちだけが若い女性(私です)には、ちょっと強すぎかな~(笑)
あ、おいしいんですよ。おいしいんですが、2/3くらい食べたところで、久しぶりに「おいしいのに、これ以上はちょっとムリ」という状況に陥ってしまいました。

これは、ガッツリ行きたい男性か、身も心も若い肉食女子にお勧めです。


一方、一人だけ寝返った同僚の煮干しラーメンはこちら。


110320_lakulaku_3


一口もらいましたが、こちらは逆に一口目のインパクトは弱めで、同僚は最初、物足りなく感じたようです。でも「食べすすめるうちにおいしさがわかってきた」と言っていました。私が最後まで食べられるのはこっちかな。


他のお客さんが食べているのを見たところ、濃厚鯛出汁らーめんというのがおいしそうでした。今度はそれを食べてみたいと思います。


音麺酒家楽々


追記:店長さんの体調不良とかで、2013年で閉店しました。

|

« 義援金の話 | Main | CoCo壱番屋(被災地で炊き出しもするそうです) »

吉祥寺・ラーメン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

閉店したお店」カテゴリの記事