« パトワール・その2 | Main | DEAN & DELUCA@アトレ吉祥寺 »

遠野のみそパン@麦わら帽子

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

ご興味のある方は旅の覚え書きもどうぞ。(しばらく更新休止中ですが)


今回はちょっとカテゴリー分類に困りましたが…今日ご紹介するのは、仲道通りの「麦わら帽子」で買った「みそパン」です。


110412_misopan_1_2


震災後、都内にある被災地のアンテナショップがにぎわっているのだそうです。被災地の物を買うことで少しでも支援したい、という人が多いのだそうで。

銀座には岩手の「銀河プラザ」が、池袋には宮城の「ふるさとプラザ」があります。また私は行ったことはありませんが、八重洲には福島の「福島県八重洲観光交流館‎」があるそうです。

がしかし、実は吉祥寺にも、岩手に関係するアンテナショップがあるのです!仲道通りの「麦わら帽子」です。

ここは武蔵野市の友好都市のアンテナショップだそうで、民話の里として有名な岩手の遠野市も、友好都市として特産物を販売しているのです。えーー、知らなかった…。
(ちなみに遠野は、盛岡などの内陸部と津波の被害にあった沿岸部をつなぐ場所に位置し、現在は救援部隊や物資の中継基地になっているようです)

せっかくだから遠野に関係のあるものを、と店内を探したのですが、訪れたのが震災後そう時間がたっていないころだったためか、遠野のものはあまりないようです。

そんな中で目についたのが、「みそパン」という謎の品でした。


110412_misopan_2


ええ?みそぱん?

よく見ると、パッケージの金色のシールには、遠野のシンボル(?)河童のイラストとともに、「第23回全国菓子大博覧会金賞受賞」との文字が。

へえ~。まあ、ものはためしで、一度食べてみようかな。


ということで、この日はみそパンを購入。その後しばらく忘れていたのですが、今朝突然思い出し、朝食にいただいてみたのです。(賞味期限が長く、日持ちするので、すぐに食べなくても大丈夫!)

ビニールのパッケージを開けると、甘いみその香りとともに出てきたのは…
パンというにはぽそぽそとした、ナゾの物体(笑)


110412_misopan_3


え、これ、パンなの?(笑)

小さくちぎって味見すると、甘味噌の味と、小麦の味、そして水分の少ない、甘食にも似たぽそぽそとした舌触り…。これは何か飲み物がいるな、と豆乳を温め、改めていただきました。

で、食べてみると…

不思議~(笑)
パンといいつつ味付けは、五平もちとかみそ焼きおにぎりを連想するような…なにかこう、和風な味わいなのです。原材料名を見ると、パンにはバターや卵、牛乳は使わずに、小麦粉と砂糖、重曹で作られているようでした。それでますます和風に感じるのかもしれません。(ダイエットにも良さそう 笑)

パンと思って食べるとビックリしますが、素朴で懐かしいような一品でした。個人的な好みとしては、温めた豆乳に少し浸して食べるのがおいしかったです。

仲道通りを散策中にこのお店を見かけたら、ちょっと立ち寄って覗いてみてくださいね。
ちなみにみそパンには何種類かありますので、お好みのものをどうぞ!(←何を勝手に 笑)


おまけ:

もし銀座までお出かけの際には、岩手銀河プラザにもお立ち寄りくださいね!色々な岩手の特産品がありますが、女性にお勧めしたいのは、トロイカのチーズケーキです!私はこのケーキでチーズケーキのおいしさに目覚めました!(ホントに)

宮城で好きなのは、牛タンはもちろんですが、お菓子ならずんだ餅やずんだ大福がお勧め!(もちろん定番の萩の月もおいしいです)

福島はあまり詳しくありませんが、定番のままどおるの他、檸檬(れも)というお菓子がおいしかったなあ…

|

« パトワール・その2 | Main | DEAN & DELUCA@アトレ吉祥寺 »

吉祥寺・その他」カテゴリの記事

岩手・東北」カテゴリの記事