« 近況報告&なでしこ優勝おめでとう! | Main | BBQ HOKKAIDO »

クゥーチャイ(Khuchai)

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

旅の覚え書きは…うーん、いつ更新するのかな~(人ごとかい!)


110727_khuchai_1


当初予想していたほどの猛暑ではありませんが、それでも夏の東京はやはり暑い!涼しい場所から帰ってきたばかりの身には少々堪えます。
こういうときに食べたいのは、スパイシーな暑い国の食べ物でしょう。となるとやっぱりカレー、それもタイカレーかな?
って、これ、去年ちょうど同じ時期にも書いてました(笑)。

いつもならここで早速ランサーンに向かうわけですが、帰国してからまだ一度も、新しいお店でランチをしていません。ここはひとつ、新たな店を開拓せねば…。

ということで、かねてから気になっていたクゥーチャイへ向かうことに。

なんでもこちら、「本格タイ料理と、世界一幸せな豚」が売りだとかで。世界一幸せな豚ってなんじゃ?と思いましたが、夜のメニューには生で食べられる豚が出されるようです。(おいしいらしいです!でもランチにはありませんのでご注意を)


お店の場所は、吉祥寺駅南口に面した通り(あの通りは何と呼べばいいんだろう?)、以前びすとろひまつぶしが高架下から移転したところです。

狭い階段を上り二階のお店のドアを開けると、この日はまだ早い時間だったせいか、お客さんはまだいません。姐御風の(誉めてます!)きれいなお姉さんが迎えてくれました。


110727_khuchai_2_2


店内は特にタイ風といったディスプレイはなく、ごく普通のカフェのように見えます。テーブルに置かれたシンハビールのお姉さんの顔と赤いナフキンが、言われてみればそう見える、という程度。
それより、カウンターの上にズラリと並んだ一升びんが気になる…(笑) 


席に着くと、今度は小柄ながら引き締まった風貌の男性が席にやってきました。

わわわ、いかにもボクサーって感じ…
実はこのお店、キックボクシングの元チャンピオンが開いたお店なのだそうで。

目の前に来られた時には正直ビビりました(笑)。あ、特に威嚇されたわけではないのですが(あたりまえだ!)、身の回りにこういう感じの男性がいないので…なんていうのか、全体から発する雰囲気というかオーラというか、がね。(あ、見た目や態度が怖いというわけではありませんので念のため)

でもその店長さん、「いらっしゃいませ」と静かに挨拶をし、丁寧におしぼりを広げて渡してくれたのです。そのギャップがちょっとイイ(笑)

うーん。きっといろいろ厳しい道をくぐってきた人なんだろうなあ。


さて、ランチメニューにはガパオやカオマンガイなど、タイの定番料理がそろっていますが、本日はカレーと決めたので、大好きなカオマンガイの誘惑に負けずに(笑)タイカレーで。この店の人気メニュー、もちもちグリーンカレー(だったかな?)をお願いしました。


まずやってきたのが冒頭の写真の生春巻きとトムヤムスープです。


110727_khuchai_3


生春巻きは、シンプルに野菜とエビが巻かれています。見た目にきれいですし、たっぷりの野菜がサラダ代わりのビタミン補充、って感じ(笑)

そして、トムヤムスープは、辛っ!

トムヤムスープですから当たり前と言えばそうですが、タイ料理の、あの辛~くて酸っぱくて、のどがヒリヒリする感じ。いつも思うんですが、あれは容赦がないというか、まるでぶんなぐられるような辛さなんですよね…
嫌いではないですが、私の舌には時に刺激的すぎる。もっとも、好きな人はこれがたまらないのでしょうけれどね。(だから私は辛さより旨みが強いランサーンが好きなんですよね、多分)

あー、グリーンカレーもこんな感じかなあ…と、少し心配になってきました。

で、やってきたのがこちら。


110727_khuchai_4


写真にはグリーンカレーと、やや黄色っぽいお米と、謎の筒が写っていますが、この筒は小さな蒸篭なんです。この筒の中にもち米が入ってやってきて、それをお皿に移したところです。「もちもちグリーンカレー」の「もちもち」とは、このもち米のことなんです!
(もち米は、写真のようにいっぺんに皿に移すのではなく、少しずつとってほぐしながら食べたほうがいいのかも?)


110727_khuchai_5


タイカレーというとやはりタイ米のイメージがありますが、もち米で食べるのがポイント。日本のもち米ではないようで、もっちりしていますが色は黄みを帯び、香り米のような香りがします。
これでカレーをいただくわけですが、もちもちのお米とタイカレーが、これまで食べたことのない不思議なマッチングです。

そして、そのカレーがね、これ、おいしいんですよ!

まず、あまり辛くないんです。タイ料理が好きな人にはひょっとすると物足りないかもしれませんが、程よい辛味で舌触りがクリーミー。野菜は先に素揚げしてあるのか、これがまた全体にコクを加えているようです。

テーブルにきたときにはカレーが足りなそうに見えたのですが、実際にはそうでもなく、逆にもち米をパクパク食べているうちにカレーが余ってしまいました。で、カレーをそのまま口にしてみたのですが(だって残すのがもったいない 笑)、味が辛過ぎず濃すぎずなためか、そのままでも大丈夫。少し濃いめのスープを飲んでいるような感じです。

汗が出るほど辛いタイカレーを期待している人にはちょっと違うかもしれませんが、辛くても辛くなくてもおいしければOK、という人にはお勧め!

この日は一人で訪れたのですが、このカレーを食べるなら、数人で行ってもち米をモチモチしながら食べるのが楽しいかもしれません。

110727_khuchai_6


店内には、あの店長さんのものなのか、ヘッドガードとグローブが飾られていました。タイでムエタイを学んだそうですから、その時にタイ料理を覚えたのでしょうか?

リングの上ではきっと、たくさん殴って殴られて、だったんでしょうね、あのトムヤムスープの味みたいに(笑)。でもカレーは意外なほど穏やかで優しい味でした。

ちなみに木曜は定休だそうですのでご注意を!


吉祥寺Khuchai(店長さんのブログ?)


|

« 近況報告&なでしこ優勝おめでとう! | Main | BBQ HOKKAIDO »

吉祥寺・アジア/エスニック」カテゴリの記事

吉祥寺・カレー」カテゴリの記事