« 今日の一枚・井の頭ジャングル? | Main | Pain & Cafe Sana(閉店) »

鴨錦(つけ鴨うどん)(閉店)

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

旅の覚え書きが更新されないうちに、次の渡航予定が決まってしまいました。うーん、一年以上ネタをためこんでるなあ…(苦笑)


110929_kamo_1


さて本日の話題は、9月にオープンしたばかりのうどん屋さん、鴨錦です。

武蔵野うどんに出会って1年9カ豚やが最愛の今、私の中のうどん観(?)は昔と大きく変わり、「つるつるのうどんは物足りない!」「うどんは硬くてなんぼ!」という、恐ろしく偏った基準が出来上がってしまいました(笑)。
それでも時々さぬきうどんを食べたりすると、それはそれで、ちゃんとおいしいと思えるんですよね(笑)

で、今回の鴨錦なのですが、「大阪の」「つけ汁うどん」なんだとか。

大阪のうどんといえば、関西風の昆布が効いただしと、つるつるした麺でしょう。
ところがこちらは「つけ鴨うどん」。鴨ということは、肉汁うどんっぽい感じ?なんだかちょっと想像できないなあ??

なにはともあれ、「おいしかったよ」という同僚に誘われ、どんなものかと出かけてみたわけです。
 

末広通りのお店は、もともとバーかラウンジだったところを居抜きで使っているのでしょうか?赤いカウンターがドンと置かれた、うどん屋らしからぬ店構えです。

入り口の券売機には、つけ鴨うどん(温・令あり)の小、並、大の他に、トッピングなどが並んでいます。今回は初めてなので、つけ鴨うどん(冷)の小。店の前でもらったクーポン券で温泉卵を頼みました。

背の高いスツールによっこらしょと座り待つことしばし、私の小、同僚の大の麺と、その後つけ汁がそれぞれ運ばれてきました。


110929_kamo_2


朱塗りの器に、白い麺、そのうえに色とりどりの野菜。うどんのイメージとは違い、ぱっと見が華やかです。

小のうどん(右側)は想像通り女性向けサイズです。見た目はとても少なく見えますが、それでも220gあるそうですから、女性ならそこそこ満足できる量でしょう。

大は小の3倍とかで、写真ではわかりにくいですが、まるで洗面器のような巨大な器でやってきます。男性でも食べきれるかな~、というボリュームです。

ところがこれ、同僚も、店内の他のお客さんも、けっこうあっさりと完食してしまっていました。

というのもこのつけ汁が、めちゃくちゃ食が進む味なんですよ~!

一言で言うと、「これはラーメンでもいけるんじゃないか」というシロモノ(笑)。「関西のうどん屋」というイメージに反し、たっぷり入った薄切りの鴨肉の旨みとレモンの酸味が効いた濃厚なつけ汁は、武蔵野うどんの肉汁とラーメン(つけ麺)のつけ汁をあわせたような味わいです。

ラーメンでもいけそう、と書きましたが、これに中華麺だと、もしかするとしつこいかもしれません。この汁に、太くてつるつるのうどんだからおいしく食べられるのかも。

麺を食べ終わった後は、しょうがスープでつけ汁を割って飲むと、これまた別の味わいで、なかなかおいしい。ラーメンのつけ麺っぽいサービスですね。

うーん。こういううどんもありなのか…。これはちょっとハマりそう。
ただ、「関西のうどん」のイメージとはかけ離れているので、知らずに食べるとビックリするかもしれません!


110929_kamo_3


もうひとつ面白いのが、見た目がきれいなゆで野菜。
この野菜が、濃厚なつけ汁に入れて食べると、汁が絡んでおいしいんです。麺類はどうしても野菜不足になりますが、野菜を追加することもできるので、女性はうどんの小と野菜追加で、ランチにするのにバッチリでは。

ちなみに店の前で配っているクーポン券は、麺や温泉卵の他に、野菜にも変えられるので、ぜひクーポンをもらってからお店に入りましょう!


つけ鴨うどん 鴨錦

2012年追記:吉祥寺店は閉店し、国分寺に移転してしまいました。吉祥寺から他の町に写るお店が増えています…テナント料が高すぎるんじゃないのかなあ??

|

« 今日の一枚・井の頭ジャングル? | Main | Pain & Cafe Sana(閉店) »

吉祥寺内外・うどん、そば」カテゴリの記事

閉店したお店」カテゴリの記事