« Pain & Cafe Sana(閉店) | Main | 武蔵野うどん二連ちゃん!2(手打ここらの田舎うどん なんかん/松郷庵 甚五郎 ) »

浜のミサンガ「環(たまき)」が届きました

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 


で、今日は吉祥寺に新しくできたお店のランチ情報を、と思っていたのですが、急遽予定を変更して、こちらの話です!


111018_takaki_1_2


今日家の郵便受けに、盛岡からのメール便が届いていました。

盛岡?

差出人名がなく、自分で何か頼んだ覚えもなかったので、また姉から小岩井のカタログでも来たのかと思ったのですが。

メール便の包みを開けると、ボール紙の箱の中にこんなもの↓が入っていました。


111018_takaki_2


あーっ、浜のミサンガだ!思ったより早く届いた!


この「浜のミサンガ」というのは、「三陸に仕事を!プロジェクト」で販売している手作りのミサンガです。東日本大震災で大きな被害を受けた三陸在住の女性たちがこのミサンガを作り、それをネットなどで販売しているのです。

Yahooニュースに出ていた記事はこちら

こういうプロジェクトは、○ワイトバンドの前例もあるため一歩引いて考えてしまいますが(私はホ○イトバンドは買っていませんので念のため!)、このミサンガについては販売価格から材料費や諸経費、管理費などを除いた約半額が実際に作った人にわたるという明細も出ているので、それを信用して購入することにしました。本音を言えば、販促などの費用(テレビ局や広告代理店に入るお金)が17.6%っていうのはどうなの?という気もするんですが…
(ここまでに販売のシステムもでき、それなりにお金にもなったはずなので、この割合を徐々に減らしてほしいなあと思うんですが、どうでしょう)


さて、このミサンガは、三陸町の漁網工場にあった未使用の漁網を使って作ったところから始まったそうで、ミサンガの本体は漁網で出来ています。それをヘンプか何かで縁取っているようで、実際に手に取ってみると、想像以上に「それらしい」感じです。


111018_takaki_3


実際に腕につけると下の写真のような感じ。

(着用写真にはありませんが、網のミサンガの他、パッケージの写真にある細いミサンガも入って2本で1セットになっています)


111018_takaki_4


私は比較的腕が細いので、一番細く締めても、私の腕にはちょっと大きいかな?
でも、デザインとしてはエスニックな感じに見えて悪くありません。スーツ姿のサラリーマンが着用するのにはちょっとアレですが、吉祥寺あたりに多い「年齢不詳・お仕事不明」な感じの皆さん(笑)なら違和感がなさそうです。

また、このミサンガにはそれぞれ、制作したチーム名(岩手・宮城で5チームあります)とミサンガの番号が入ったカードが同封されています。


111018_takaki_5


私の元に届いたものには「いわて三陸町」のチーム名と、16000に近い製造番号がふられていました。(三陸町だけで既に16000も作ったってことですね!)

こうして作った人に意識が向くと、「誰かがこれを作った」ということが実感できて、何やら感慨深いものがあります。


義援金も大事ですが、「仕事をする楽しさ、やりがい」や「自分の仕事が収入につながるという喜び」は、仕事がなければ味わえませんよね。

広告代理店にまんまと乗せられている気もしなくもありませんが、まあ、それでもいいかな?
三陸町の誰かが作ってくれたミサンガ、大事にします。


三陸に仕事を!プロジェクト

★なおこのミサンガは、東京周辺では岩手・宮城のアンテナショップやSHIPS(銀座・渋谷店)でも販売するそうです。

|

« Pain & Cafe Sana(閉店) | Main | 武蔵野うどん二連ちゃん!2(手打ここらの田舎うどん なんかん/松郷庵 甚五郎 ) »

今日の一枚」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事