« ヨコスカネイビーバーガー:どぶ板食堂Perry/CANTINA+三笠焼@横須賀 | Main | 今日の一枚:井の頭公園の紅葉(2011) »

「勤労感謝の日」じゃなくて「新嘗祭」の日

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 


で、今回「も」吉祥寺でもランチの話題でもありません。でも本日11月23日の話題なので、今日書いておくことにします。興味のない方はスルーしてくださいね。


今日は国民の祝日、「勤労感謝の日」でした。
なぜか毎年この日は休日出勤になることが多く、毎年「勤労感謝の日に勤労してるなあ~」なんて思ったりするのですが。

でも、本当は…というか、本来はそうじゃないんです。もともとは「勤労しているサラリーマン同士で感謝しあう日」(笑)とかじゃないんです。

11月23日は本来、「新嘗祭(にいなめさい)」という宮中祭祀が執り行われる日。天皇陛下は神道の最高司祭(カトリックにおけるローマ法王のような存在)であり、本来のお務めは国民のために祈ること(宮中祭祀を執り行うこと)だという話は先にも少しご紹介しましたが、その中でも最も重要なのが、その年の五穀の収穫に感謝をささげる「新嘗祭」なのです。

新嘗祭(神社本庁)


111123_niinamesai_1


(あ、写真は新嘗祭とは無関係です!とある宿でいただいた食事の一品です。左側に稲穂が添えられています)

皇居には水田があることをご存知ですか?
その水田では、天皇陛下が田植えをなさいます…といっても家庭菜園のようなものではなくて(笑)、そこで陛下が苗を植え、稲刈りをされたお米は、新嘗祭で神殿に供えられます。つまり、五穀豊穣を祈り、また感謝をささげる祭祀のための水田なのです。
こういうことを知ると、日本人にとってお米は単なる食料ではなく、もっと大切な意味を持つものなのだと改めて感じます。


111123_niinamesai_2


(こっちの写真↑も皇居の水田とは無関係ですよ!)

あ、少し話がそれたので戻しますが、新嘗祭では、天皇陛下は伝統的な装束を身につけられ、今年収穫された米や穀物などを神前に供えた後、神々とともにそれを食するという儀式を執り行われます(ただしこの祭祀が執り行われる殿上に上がるのは天皇陛下と皇太子殿下のお二人のみで、お二人の他には、皇族方であっても誰も立ち入ることができないそうです)。

ただ、この祭祀はとても体力を消耗されるようで…
今年は御即位から初めて、陛下がご不在となりました。

病気理由の陛下ご不在は初 きょう新嘗祭 掌典長が代拝


天皇陛下は、元旦の早朝に執り行われる四方拝という祭祀で、「さまざまな国難は、わが身を通過しますように」と祈られます。国難はご自身がかわって受ける、と、日本の安泰と日本国民の幸せのために祈られるのです。

その陛下が、3月11日の国難にどれほど心を痛められたか。そうした御心労が御身に障ったことは想像に難くありません。

陛下のご病状は回復に向かわれているそうですが、どうか今は、なにより陛下の御身を大事になさっていただきたいと思います。


あらら、話がどんどんそれてしまいましたが、えーと、元に戻すと、11月23日は本来「新嘗祭」の日です。
ちなみに、それを「勤労感謝の日」という意味不明の祝日にしたのは、日本の伝統や天皇の影響力を消し去ろうとしたアメリカ・GHQだそうです。多くの日本人が新嘗祭を知らない今、GHQの策略は効果的だった、ってことなんでしょう。

新嘗祭 変わらぬ日本の価値、考える日


少なくともこの日は、休日出勤している自分に感謝する日ではありませんので、念のため(笑)。


|

« ヨコスカネイビーバーガー:どぶ板食堂Perry/CANTINA+三笠焼@横須賀 | Main | 今日の一枚:井の頭公園の紅葉(2011) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事