« 今日の一枚:2012年のおせちと抱負(?) | Main | momo curry その2 »

新年一般参賀に行ってきました

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

興味のある方は旅の覚え書きもどうぞ。


さて本日の話題は、さっそく吉祥寺のランチからそれてゴメンなさい!
今年はついに!新年一般参賀に行ってきましたので、その話を。

興味のない方はスルーでお願いします。


120102_ippansanga_1


毎年1月2日に皇居で行われる新年一般参賀ですが、興味はあっても実際に行ったことはないという方も多いでしょう。
でも私は、今年、2012年は是が非でも行きたいと思ったのです。
そのわけはと言えば、やはり東日本大震災からの一連の出来事…天皇皇后両陛下が、御自ら強く希望されて被災地を訪れ、人々を元気づけられたこと、その後陛下ご自身が体調を崩されたこと…に起因します。

被災地の人たちを力づけてくださった陛下に、私も何らかの形で感謝の気持ちをお伝えしたい、と単純に思ったのです。もちろん、私が皇居で旗を振ったところで、それは数万人の中の一人でしかないのですが、それはそれでいいかな、と。


ということで。旦那とともに新年早々吉祥寺から東京へ、そして皇居へ向かったわけです。

一般参賀のお出ましは、一度ではなく午前午後でそれぞれ数回ありますが、今年は午前3回午後2回、計5回ありました。初回、2回目は成年皇族の皆さま方がお出ましになりますが、3回目以降は天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下、そして今年から眞子内親王殿下もお出ましです。

私達が向かったのは3回目、11時50分からの回。この回なら11時に東京駅につけば余裕があるだろう、という読みでした。

ところが!

実際に行ってみると、東京駅から皇居まではさほど時間はかかりませんが、皇居に入る前の持ち物検査とボディーチェックに結構な時間がかかるのです。大変な人数が訪れる上、特にボディーチェックは、上着の前を開け、一人ひとりポケット内部も(外からですが)チェックするのですから、時間がかかるのは当然ですよね。

それが終わると、皇族方がお出ましになるバルコニーのある長和殿まで歩くわけですが、これもまた大勢の人波の中を歩くので、自分のペースというわけにはいきません。


120102_ippansanga_2


上の写真は退出時の様子ですが、参入するときもこんな感じです。


しばらく歩いてようやく長和殿前に来ましたが、長和殿バルコニーに面した広場は、既に大変な数の人で埋め尽くされています!
少しでもバルコニーが見やすい場所を探さなければ、と、参入口から奥の方に進みましたが、どこまで行っても人、人、人、です。しかも、お出ましを待つ人たちの最後尾に立とうとしても、同じように適当に立ち止まろうとする人たちに、誘導係が「そこは通路になっているので立ち止まらないでくださ~い」と叫んでいます。

一体どこまで行けばいいの…と思いつつ歩き続けていたところで、衝撃のアナウンスが。

まもなく皇族方がお出ましになります

えっ?

驚いて時計を見ると、なんと11時48分
えええーーっ!?ずいぶん余裕を持ってきたはずなのに!
(見やすい場所で見るつもりなら、お出ましの50分前に東京駅に着くようなスケジュールでは間に合わないかもしれませんので、行かれる方はもっと余裕を持って。)


すると突如、大きな歓声がわき起こりました。皇族方がベランダにお出ましになったのです!

始まっちゃったーーー!
あわてて、とにかくその辺で足を止めましたが(さすがにもう誘導係に制止されませんでした。皆が足を止めれば通路じゃなくなりますからね)、周囲はこんな感じ(笑)


120102_ippansanga_3


皆が一斉に旗(皇居の手前で配られているので、それをもらってから入ります)を振るので、何も見えない!
背の高い旦那にカメラを託し、私はとにかく日の丸を振り、一目陛下のお姿を拝見しようとつま先立ちです(笑)

するとやがて、旗を振る人々の手が止まり、あたりはしんと静まり返りました。陛下のお言葉が始まったのです。


120102_ippansanga_4


旗が降ろされるこのタイミングが、陛下のお姿を見るチャンス&シャッターチャンスです。
それまでほとんど何も見えなかった私にも、皇族方のお姿が、他の人たちの頭ごしにかろうじて見えました。でも肉眼では本当に小さくしか見えない!(笑)

陛下のお言葉についてはニュースサイトなどで報じられていると思いますが、東日本大震災などの災害の被災地を気遣われ、国民の幸せを願うお言葉を簡潔に述べられました。

そして!

お言葉の後は再びこれ↓ですよ!


120102_ippansanga_5


もうね、ホント、私の身長(158cm)では見えないんです(笑)
身長180cmの旦那が腕を伸ばして写真を撮っても、翻る日の丸で陛下のお姿が遮られてしまいます。
(お姿を拝見するためには、もっと前のほうに並ぶ必要がありそうですよ!)

とはいえ、今日は旗を振るために来たわけだから、自分たちが陛下のお姿を見られなくてもいいかと思い直し、後はただ陛下に感謝をこめて、日の丸をパタパタと振るのみ。周りの人たちもそんな感じなのか、お姿が見えないことに文句を言う人は見かけませんでした。

といいますか、その場の雰囲気がむしろ楽しくもあったり。


その後私は、旦那が撮った写真でようやく、皇族方のお姿を拝見することができました(笑)

天皇皇后両陛下はにこやかに手を振られています。


120102_ippansanga_6


文仁親王妃殿下(通称紀子様)のお隣には、昨年成年皇族としてデビュー(?)された、眞子内親王殿下(通称眞子様)のお姿も。緊張された面持ちです。


120102_ippansanga_7


こうしてしばらく手を振られた後、皇族方はバルコニーから奥に戻られました。
お出ましからこここまで、数分程度のごく短い時間です。でもたとえ短くても、あの独特の雰囲気、集まった大勢の人たちが拍手の代わりに日の丸をパタパタとふる様は、テレビ等で見るよりも、もっともっと、心に響くものがあります。

それに、こういう行事に足を運ぶのは年配の方が多いのだろうと思いこんでいたのですが、私達の年代の夫婦や、もっと若い、結婚前と思われる男女、親子連れ、オシャレな女の子同士なども意外なほど多いのです。
しかも、デートらしい男女の女性の方が、男性に一般参賀に関する説明をしていたり。


写真は、一般参賀の帰りに北の丸公園で休憩している若い男女です。


120102_ippansanga_8


デートで一般参賀に来たんでしょうかね。
何か、ほのぼのとして良いですね。

こんな感じで、一般参賀に対する認識を新たにした1日でした。
なにはともあれ、興味がある方は、一度実際に足を運ばれることをお勧めします!


|

« 今日の一枚:2012年のおせちと抱負(?) | Main | momo curry その2 »

今日の一枚」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事