« 今日の一枚:ペンネ・アラビアータってすごい | Main | 雪の井の頭公園と、つるかめランドの「恐怖の鉄火巻き」(つるかめ閉店) »

すみか

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

興味のある方は旅の覚え書きもどうぞ。そのうち更新を再開します!


さて。

本日ご紹介するのは、鶏料理?のお店「すみか」です。今回はちょっとアレな話かもしれません。


120118_sumika_1_2


こちらのお店、以前は福島の伊達鶏がウリのお店だったと思います。
白い暖簾をくぐり、ビル一階の入り口から地下に降りる階段が、何かちょっと敷居が高くて。
で、敷居だけでなくランチのお値段も高くて(笑)…確か一番安いランチでも1500円程度じゃなかったかな?興味はあってもこれまで入ったことがありませんでした。(入ろうとして、やめて帰ったことはありましたが)

ところが、気が付いたら看板メニューはいつの間にか、伊達鶏ではなく「大山鶏」になり、しかもメニューが大分リーズナブルになっています。
正直なところ、大山鶏とやらには特に魅力は感じませんが(「大山地鶏」という地鶏とは違うようです)、一度くらいどんなお店か見てみようと、一人で入ってみることにしました。


でね。

実際に入ってみた感想をぶっちゃけて言ってしまうと、「あれ?」という感じでした。

このお店、以前に来た時に、店頭の店員さんの態度から「うちは高級なお店ですから」的な慇懃無礼さを感じ、入るのをやめた経緯があります。店員がああいう態度をとるくらいなら、さぞかし品のよろしいお店なのだろうと思いきや…何かちょっと、そうでもないというか。

店舗自体は(全体の写真は撮れませんでしたが)、空間が広く取られ、天井も高く、中二階があるなど面白い作りをしています。個室もあるようですから、まとまった人数で使う時にもいいかも。
お客さんは大部分がマダムで、ランチの一番人気がその名も「すみか御膳:すみかの定番マダムランチ」1580円。ビジネスマンの平日ランチより、お金を落とすマダムにターゲットを絞っている感じです。

でもその割には、流れているBGMはアップテンポでガチャガチャとやかましく、なんだか落ち着きませんし、何より入り口にいた男性店員(フロアマネージャーかな)の接客が…

私がドアを開けて店に入ったところ、正面の受付テーブルにいたその店員さん、何か卓上で作業中のようで(後で見たら、店舗の見取り図のようなものを書いてました)、私が入ってから少し間をおいた上で、全く顔を上げないまま、口だけで、気のない感じで「いらっしゃいませ」と。(つまり、客がきたことは分かっているのに、顔を上げるよりも自分の作業を優先しているわけです)

えーーっ?

いえ、もちろんその後、手を止めて顔を上げるわけですが、普通なら、お客が入ってきたらまずは顔を上げて声をかけませんかね?これが「どうでもいい店」ならともかく、高級感を匂わせたお店でこれはちょっと。(といっても、高級「居酒屋」なわけですけど)

※正直なところ、もうこの時点でガクッと来てしまったので、全体に辛口になっていると思います。そのつもりでご覧下さい。


で、結局その店員さんに案内されて席に着いたのですが、彼はメニューを広げながら、1580円のマダムランチをしきりにプッシュし、1000円以内のメニューについては全く触れずにスルーして去っていきました(苦笑)
でも私はリッチなマダムではありませんので、平日のランチに1580円は痛い。ということで、「週替わり創作ランチ」とやらをチョイス。今週のメインは「おから入り肉団子のトマトソース」と言うことでした。

で、そのランチが冒頭の写真のようなもの+飲み物とデザートだったわけですが。
メインの肉団子にサラダ、お惣菜二種(ひじきと白菜)、お新香、ご飯、そしてなぜか湯のみ茶碗に麩のお味噌汁が入っていました。

なぜ湯呑

(時々こういうお店がありますが、これをオシャレとかカワイイとか思っているんだろうか…)


120118_sumika_2


個々のお料理の味は、無難においしい、といった感じでしょうか。
肉団子は軟骨か何かのプチプチとした食感があり、それが心地よかったです。が、メインが肉団子という割には、肉団子と同じくらいの大きさに切られたレンコンが半分ぐらいをしめていました(笑)

いや、レンコンは好きだからいいんですけどね。あと、ダイエット中の人にもいいでしょう、肉団子だけどおから入りだし。

でも、このランチが1280円と言われると、ちょっと、ねえ。
原価率、相当低そう…。


人気のマダムランチがどの程度のものなのかはわかりませんが、このお店、「ちょっと高級っぽい雰囲気代」が上乗せされているんだろうなあ、というのが率直な感想です。でもその割に、店員さんは「顔を上げずにいらっしゃいませ」なんですけどね。はは…(苦笑)


今回おいしかったのが、デザートの、ほうじ茶のブランマンジェでした。


120118_sumika_3


これはおいしかったです。今度真似して作ってみよう。

あと、「顔を上げずにいらっしゃいませ」の男性はさておき、女性の店員さんたちは丁寧で感じの良い接客でした。今回は、私がたまたま、ちょっとアレな店員さんにあたってしまっただけなのかもしれません。


まあ、あれこれ書きましたが、吉祥寺に遊びに来たマダム数人のグループなら、店舗の雰囲気もよく、使い勝手がいいお店かもしれません。実際にそういう客層が多いようなので、気兼ねなくおしゃべりに興じることができるでしょう。

でも、仕事中の平日ランチには、ちょっとどうかな??お店の方も、そういうお客は特に求めていないかもしれませんね。実際のところはわかりませんが。

あ、そうそう、夜は夜でまた違うと思いますので、そのあたりはご自分で判断を。


すみか(ホットペッパーグルメ)
p

|

« 今日の一枚:ペンネ・アラビアータってすごい | Main | 雪の井の頭公園と、つるかめランドの「恐怖の鉄火巻き」(つるかめ閉店) »

吉祥寺・和食」カテゴリの記事

吉祥寺・居酒屋ランチ」カテゴリの記事