« コメダ珈琲店@三鷹 | Main | あれから一年 / 成田山・佐原 »

CHIANTI Sette(キャンティ セテ)

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

興味のある方は旅の覚え書きもどうぞ。


今日は久々にマダムランチ対応(笑)のお店なのですが…

ゴメンナサイ!写真がぁ~~(涙)
携帯のカメラで、写真がイマイチなんです。でもお店はなかなか良かったですよ!


120307_sette1


本日ご紹介するのはイタリアンのCHIANTI Sette(キャンティ セテ)です!
まるでトイカメラのような画像ですが(トホホ)、脳内で補完してご覧ください。


私は普段、ランチでフレンチやイタリアンにはあまり足を運びません。というのも、吉祥寺の人気イタリアンは、遊びに来た人をターゲットにしているのか、「味やサービスに対する満足感を値段がはるかに上回る」という印象が強いのです。ぶっちゃけ「カッコばっかで味も素材も大したことないくせに高いよ!」って感じ(苦笑 偏見ですよね、スミマセン。もちろん気に入っているお店もありますよ!)

そんなわけで、あまり進んで行こうという気にはならないわけですが、今回は同僚に「ランチなら1000円以内だよ」と誘われ(なんちゅう誘い方…)、たまには行ってみようかな、と重い腰を上げたのです。


キャンティ・セテがあるのは、吉祥寺駅前交差点近く、井の頭通りからちょっと路地に入ったところ。外から見ると人の気配が感じられず、営業していないのかと思うほどです。

が、重い扉(ホントに重い!)を開くと、ありゃっ!
薄暗く雰囲気の良い店内は、マダム達でいっぱいです!うーん。やっぱり吉祥寺のこういうお店はマダム天国なのか…。

でも大丈夫、元気のいい店員さんたちがすぐに私達に気がつき、席を用意してくれました。


120307_sette2


入り口に置かれていた立て看板には、この前の休日のランチメニューらしきものが。

こちらのお店、平日と休日ではランチのメニューが違います。平日の方がお得なメニューがあるので私のような者には嬉しい限り。(あと、トウガラシをくわえた魚の絵が気になる 笑)


その平日のランチですが、メインにお肉かお魚を選べる「スペシャルメインランチ」や、「スペシャルパスタランチ」など数種類ありますが、今回私が選んだのが、その名も「キャンティー幕の内プレート」。パスタ、肉か魚、前菜、パンかライスが盛り合わせ(?)になっているのです。

イタリアンで幕の内というのが不思議ですが、下の写真のような感じ。今回はメインはお魚にし、パンを選びました。実際に出てくると、意外と違和感がありませんね(笑)。


120307_sette3


左側の緑のモシャモシャ(笑)はグリーンサラダです。キャンティ自慢のドレッシングがおいしい。
そのほかに、ごぼうのサラダ、あさりや豆などのマリネ、本日のパスタ、本日のメイン(白身魚のバジルソース)、パン(バゲットのバタートーストとガーリックトースト)。どれもなかなか美味。このプレートの前にはスープがついていることもあり、それぞれ少量に見えても、実際に食べると結構なボリュームです。


一方同僚は、Two EATプレートをチョイス。これはその日のお勧めを半分ずつというもので、出てきたのはパスタとカレーでした。


120307_sette4


パスタとカレーって…ダブル炭水化物ですね(笑) でも、どっちも食べたいというワガママをかなえてくれるメニューかも。このプレートにはサラダが別につきます。


で、これらのランチメニューにはドリンクとデザート(ドルチェ)もつくのですが、特筆すべきはお値段です。幕の内プレートが1000円、他のランチメニューは950円なんです!

おおっ、これは、今の吉祥寺にあってこの内容で、なかなかのコストパフォーマンス! 


ちなみに今日のドルチェはパンナコッタでした。


120307_sette5


量は多くありませんが、そもそも食事でお腹がいっぱいだったので、一口程度で十分です(笑)


こちらは吉祥寺に1995年にオープンしたとかで(チェーン店ではありますが)、それなりに長く営業しているお店です。そういうお店の中には、まだまだ「吉祥寺価格」でランチがいただけるところがあるんですね!なんだかちょっとウレシイな。


キャンティ・セテ(ホットペッパーグルメ)

|

« コメダ珈琲店@三鷹 | Main | あれから一年 / 成田山・佐原 »

吉祥寺・フレンチ/イタリアン」カテゴリの記事