« 千年葡萄家と今日の井の頭公園の桜(4/10) | Main | Bal Samico(バルサミコ) »

浅草とんてき・くに(閉店)

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

興味のある方は旅の覚え書きもどうぞ。


本日ご紹介するのは3月にオープンしたとんてきのお店、「くに」です。


120423_kuni_1


そしてなぜか、とんてきではなくカレーの写真。
今回写真があまり撮れなかったので、とんてきの写真は出し惜しみしてます(笑)


こちらは、以前麻辣商人(その後つけめんジョージ)があったところに新しくできたお店です。(母体はペッパーランチのペッパーフードサービスらしいので、麻辣商人の前に戻ったということなのかも)
とんてきのお店なんて珍しい…と思ったら、今とんてきがブーム?らしいですねぇ。四日市とんてき、とか、何やら色々あるようで。

ところで私、「とんてき」って、これまで外で食べたことがないんです。ポークソテーと同じなのかと思いきや、分厚いお肉をニンニクを使ってソテーした男っぽい?ものが「とんてき」と呼ばれているっぽい…です(一体誰が決めた定義なんだ?)。
ということは、私が唯一「とんてき」と認識していた、実家の母がよく作ってくれたしょうゆベースのアレは、ポークソテーという分類だったんだろうか…。

ともあれ、なんだかゴツそうな「とんてき」を食しに行ってまいりました。


お店はつけめんジョージを居抜きで使っているのか、コの字型のカウンターがラーメン屋、というか牛丼屋っぽい感じです。そこに若い女性店員さんが二人。口元に透明なプラスチックのマスクをしています。唾が入らないようになのでしょうけど、なんだかSFっぽい。そして、その後ろには洋食屋のコックサン的なスタイルの料理人が。
牛丼屋っぽいお店でSFっぽいお姉さんたちが案内して、コックさんっぽい人がとんてきを提供する。…うーん。これをどう感じたらいいんだろう(面白いけど)。

正直なところ、この時点で一抹の不安を感じたのですが、頼んだ料理は結構すばやく出てきました。
私がたのんだ「とんてき定食」、ランチタイムは780円です。


120423_kuni_2


ごはんとお新香とスープと、メインのお皿にはとんてきと山盛りキャベツ(このキャベツがとんてきとポークソテーの違いの一つらしい?です)。ボリュームはなかなかありますねえ。

とんてきに黒々とした色のソースがかかっています。コックさん風の服装からして、洋食っぽくデミグラスソースかな、と思ったのですが。


120423_kuni_3


食べてみたら全然違うんですよ!
いわゆる、とんかつなどにかけるソースの味に近いんですが、なんだか色々な味が(笑)。上に乗ったレモンのせいなのかニンニクのせいなのか、何とも表現できない面白い味。とんてきのソースって、こういうのが普通なのかな?それともこのお店のオリジナルなのかな?濃いんですが、しつこい感じではなく、意外にもパクパクいただいてしまいました。良い意味でB級グルメ的な、クセになりそうな味です。

ただ「お肉が柔らかい」というのがウリらしいですが、私が食べたところは、硬くはないもののやわらかいってほどでもなかったかな。まあ、厚いと硬くなりやすいですからね。


一方、一緒に行った子は「とんてきカレー」を頼んでいました。お肉がゴロゴロしてますね。


120423_kuni_4


こちらは私は食べていませんが、「おいしいけど、カレーっぽいスパイシーさがなくて、洋食っぽい」味だそうです。
こちらはセットで630円とお手頃価格です。
このほかに、とんてき丼やハンバーグセットもありました。

男性にウケそうなお店ですが、女性でも食べてみれば結構気に入る人も多いんじゃないかなあ。「ラードを使わずヘルシー」というのもポイントらしいです。時間もかからないので、ササッと、でもガツッと食べたいとき(笑)に、どうでしょうか。


浅草とんてき くに

※カテゴリーがわからないので洋食と和食の両方に入れてしまいました。とんてきって、どういうカテゴリーなんでしょう…


2012年7月追記:7月3日で閉店だそうです!で、もともとここにあったペッパーランチが復活するようです(系列店です)。切り替えが早いなあ…。

|

« 千年葡萄家と今日の井の頭公園の桜(4/10) | Main | Bal Samico(バルサミコ) »

吉祥寺・和食」カテゴリの記事

吉祥寺・洋食」カテゴリの記事

閉店したお店」カテゴリの記事