« 今年のお花見(靖国神社の標本木・千鳥ヶ淵) | Main | 浅草とんてき・くに(閉店) »

千年葡萄家と今日の井の頭公園の桜(4/10)

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

興味のある方は旅の覚え書きもどうぞ。


で、ランチの話の前に、今朝の井の頭公園の様子を載せておきますね!


120410_budoya_7


井の頭公園の桜は今が満開で、一部では早くも散り始めています。
明日の午後雨が降るそうですが、それで一気に散ってしまうかもしれません。見るなら雨が降り出す前がラストチャンスかも!

日中~夜は学生のばか騒ぎでえらいことになるこの時期の井の頭公園ですが、朝は比較的人も少なく、ゆっくり花を眺めることができますよ。


120410_budoya_6


それにしても、一面の桜が白く煙る様子を眺めると、本当に夢心地になりますね。
ほんの束の間しか見られない光景ですが、だからこそ、日本人は桜が好きなんでしょうねえ。


さて、本題。

本日ご紹介するのは、吉祥寺駅の西側に先日オープンした、千年葡萄家です。

今回はカメラを持たずに行ったので、同僚のスマホで撮ってもらいました。いつもと違う写真でスミマセン(でも私の携帯よりはきれいに撮れてます!)


120410_budoya_1_2


こちらのお店ができたのは、JRの高架下、以前Bar de Canteがあった場所ですが、しばらく空き店舗になっていました。
場所は悪くないのにもったいないな、と思っていたのですが、ようやく新しいお店ができましたね。よかったよかった。

千年葡萄家は、もともと立川と中野に店舗のあるワインダイニング?だそうで、吉祥寺店は3店舗目。よく似た名前ですが、吉祥寺の老舗ステーキハウス「葡萄屋」とは関係ないようです。


お店は外から見ると営業しているのかどうかがわかりにくいのですが、入り口前に、ランチメニューが書かれた黒板が出ていました。

そこで今日のランチメニューをちらっとチェックしてから入店。
扉を開くと、店内は意外とこじんまりとしています。Bar de Canteは大きな店舗でしたが、スペースを仕切って使っているようです。そこに、すでにそこそこお客さんが入っていました。

若く柔和な雰囲気の男性店員さんに案内されて席につきましたが、その店員さん、私達が落ち着いたところで再びやってきて、「本日のランチは…」と口頭で説明を始めました。

えっ。
店内用のメニューがないのか。
それなら入り口のメニューを吟味してから入ればよかったなあ…。

ランチメニューは3種類だったのですが、店員さんの遠慮がちな説明(なんだか緊張しているようなぎこちなさ)を聞いても、一度では頭に入りません(笑)。
まあなんでもいいや、と、最も印象に残った「豚の塩漬けのなんとか」をチョイス。同僚は鶏のマスタードソースを選んでいました。

でね。

そもそも、ここがどういうお店なのか、どの程度のものを出すのか、全く分からず足を運んだのです。
1000円程度のランチだったので、それほど期待もしていませんでした。

すると、最初にバゲットが、続いてこんな一皿が出てきました。


120410_budoya_2


あれっ?サラダじゃなくて、前菜が出てくるんだ。
よくわからないけど、とりあえずいただきます(笑)

同僚と、思ったよりちゃんとしたお店なのかな、等といいつつ食べ終えると、例の店員さんが「今パスタをお持ちしますね」と声をかけてきました。

えっ?パスタ?
なんだ、「塩豚のなんとか」はパスタだったのか、残念!などと同僚と笑っていたら、やってきたのは、小さな器に盛られたアンチョビのパスタでした。


120410_budoya_3


あっ…、そうか、このパスタはランチのコースに含まれるんだ…
って、ええーっ?(「えーっ」が多い店です 笑)1000円しないのに、バゲットの他に、前菜や、少ないながらもパスタもつくんだ。
同僚と二人で、嬉しい驚きです。

そして、メインはこちら。


120410_budoya_4


上の写真は、私が頼んだ塩豚と豆の煮込みです。量はそれほどありませんが、なかなかおいしい。

同僚の鶏のマスタードソースはマッシュポテトが添えてあり、こちらはボリュームも結構なものです。


120410_budoya_5


これで1000円はすごいねー、などと同僚と話していたところで、またまた例の店員さんが登場、曰く「食後にお飲み物またはデザートが付きますが」と。

えええーっ、デザートもつくんだ。これはなかなかのコストパフォーマンスです。

ただ、今回はコーヒーが飲みたかったので、デザートではなくコーヒーを頼んでしまいました。せっかくなら、どんなものが出てくるのか、デザートを頼んでみればよかったかなあ。


とまあ、こんな感じでなかなか使えそうなお店でした。

まだオープンが周知されていないのか、それほど混んではいないようなので、お花見シーズンで混雑する吉祥寺では穴場かもしれませんよ!

そうそう、お店の雰囲気はそこそこ洒落ているのに、店長さん?らしいおじさんの接客が庶民的というか、親しみがありました(笑) ちょっと不思議なお店です。

ホームページはないようなので、こちらのお店のものらしいブログをリンクしておきますね。でも情報が書かれてないんだよなあ…(苦笑)


千年葡萄家 吉祥寺店のブログ

|

« 今年のお花見(靖国神社の標本木・千鳥ヶ淵) | Main | 浅草とんてき・くに(閉店) »

吉祥寺・ダイニングバー」カテゴリの記事

吉祥寺・フレンチ/イタリアン」カテゴリの記事

吉祥寺・井の頭公園」カテゴリの記事