« グラン・キオスク | Main | 今日の一枚:カーニバルのお弁当の量が多かったり少なかったりする話 »

ブラッスリー・エディブル

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

旅の覚え書きも近々再開予定です。


120629_edible_1


さて、本日の話題は6月23日にオープンしたばかりのブラッスリー・エディブルです。

以前、吉祥寺駅の東側、シアターカフェ方面に、ビストロ・エディブルという評判のいいお店がありました。
でもここ、夜しか営業していなかったんですよね…
ということで、私は一度も足を運んだことがなかったのですが、なんとそのお店が、コピスそばに移転してリニューアルオープン。しかも、ランチ営業を始めたというではありませんか!

それはもう、行くしかないでしょ!

ということで、どんな雰囲気のお店か知らないまま、同僚とともにノコノコと行ってまいりました。


120629_edible_2


場所は…あそこは何と言ったらいいんでしょう、コピスそばの細い路地を入った、玄品ふぐの向かいです。
写真でここだけ切り取るとしゃれた路地のようですが、画角の外には色々と雰囲気の違うアレコレが見えていたりします(笑)


オープン直後で混んでるかな?と、恐る恐るガラス越しに店内を覗くと、どうやらまだ空席がありそう。おおっ、これは今がチャンス、とばかり、重厚なガラス戸を開くと、にこやかな女性スタッフが迎え入れてくれました。な、なんだかちょっと気恥ずかしい感じだな…。


店内はカウンターとテーブルが数組とこじんまりしています。それにしては、カウンターの向こうには店員さんが5、6人。やたらと多いなと思ったら、2階席もあるようで、店員さんが階段をしきりに上下していました。2階席は広いのかな?


120629_edible_8


さて、ランチメニューはフランス風のピザ(タルト)が6~7種類。800円台から、高いものは1500円くらいまであったかな?それに、サラダやデザート、飲み物などをセットにすることもできます。

どうしようかと迷いましたが、せっかくなので私はサラダ、ドリンク、デザートまでをセットで頼みました。単品に+350円です。


120629_edible_3


サラダは小さめですが、ドレッシングがおいしい。
ピザだけでは食事としてはちょっとバランスが悪いので、サラダがつけられるのはいいですね。


そして、しばらく待った後、タルト(ピザ)がそれぞれやってきました。


120629_edible_4


ピザといっても、イタリアのそれのような丸い形ではなく、形は四角、生地はナポリピザほど厚くもなければローマピザほど薄くもない。そこに濃厚な味付けの具がドサッとのっています。

私が頼んだのはシャンパーニュとかいう名前だったかな?具の説明に「鶏もものコンフィ」という文字が目に入って即決(笑) 鶏、きのこ、チーズときたら、これでおいしくないわけがない(笑)


120629_edible_5


一方同僚が頼んだのはアルザスという一品で、ベーコンやソーセージに、おっとビックリ、半熟卵がドカンと乗っていました。


120629_edible_6


1ピース交換しましたが、どちらもおいしかったですよ(でも私はシャンパーニュの方が好きかな)。
それに、見た目はそれほど量があるようには見えないのですが、これがどうして、結構お腹が膨れます。女性ならちょっと多いくらいじゃないかな。

私は今回デザートを頼んでしまったので、デザート分のお腹をあけておくため、タルトは一切れ残して同僚(デザート頼まず)にあげました(笑)


で、デザートがこちら。


120629_edible_7


細かく刻まれた色とりどりのフルーツ(シロップ漬けかな?)と、アイスクリーム、ラズベリークリームを挟んだガトーショコラ。どれも一口ずつですが、見た目からしてきれいで満足できます。これにサラダとドリンクもついて+350円なら頼まない手はないでしょう。


ということで、裏路地っぽい静かなロケーションと店内の雰囲気、お料理にも満足できました。ただ、一階は店内が狭いので、店員さんがずっとそばに立ってこちらを見守っているのが恥ずかしかったなあ…タルトを品よくきれいに食べられなかったので(笑 気取ってもしょうがないので、ピザよろしく手で食べましたけど!)。

ランチタイムは、特に女性同士にお勧めかな。夜の食事も色々良さそうな感じです。


ブラッスリー・エディブル


|

« グラン・キオスク | Main | 今日の一枚:カーニバルのお弁当の量が多かったり少なかったりする話 »

吉祥寺・フレンチ/イタリアン」カテゴリの記事