« あけましておめでとうございます! | Main | うさぎ館 Cafe du lievre(カフェ・ドゥ・リエーブル) »

井の頭公園の弁天様(井の頭弁財天)

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

旅の覚え書きもよろしく!今年はまだ更新していませんけど!(苦笑)


さて、吉祥寺のランチの話題を…といきたいところですが、今年に入ってから行った新しいお店がことごとく、どうも…ちょっとご紹介できないなあ、という感じなので(汗)、今回は井の頭公園に関する話題を。井の頭弁財天のお話です。


130116_bentensama


この写真↑、新年早々に撮ったものですが、池の向こうに赤く見えるのが弁財天です。手前の噴水に虹が出ていました。弁天様は水の神様ですから、なんだか縁起が良さそう(笑)


井の頭公園といえばよく聞くのが「井の頭公園でデートすると別れる」とか「カップルでボートに乗ると別れる」などという都市伝説(?)ですよね。そしてその理由が、井の頭の弁天様が焼きもちを焼いて別れさせる、とか何とか。

で、前にも書きましたが、私は旦那と結婚前によく井の頭公園に来ていましたし、ボートにもたくさん乗りましたので、それは関係ないんじゃないかなーと思います。そもそも、デートに来る人が多ければ、その中で別れる人も多いのは当然のことでしょう。

ただ、なぜか深大寺の説法で、「井の頭公園の弁財天にカップルで手をつないで行ったりすると、弁天様に焼きもちを焼かれるので、気をつけてくださいね」などと言及していましたので(なぜよその話を 笑) イチャイチャせずに礼儀正しくお参りした方がいいかもしれませんね!


また、井の頭弁財天は神社のように見えますが、近くにある大盛寺というお寺を本坊に持つ天台宗の寺院です(前記の深大寺も天台宗)。私はてっきり神社だと思い込んでいたので、お参りの際に思いきり柏手を打っていましたが、ちょっと違ったみたい(苦笑)。
ただ、このことをお寺に聞いてみたところ、「天台宗はあまり形にこだわらないので、それが正しいと思ってしていたのであれば、柏手を打ってもいいし、変える必要もありません、何より気持ちがこもっていることが大事です」ということでした。(ちなみに天台宗は「神仏習合」が本来の姿で、また天台宗など密教系の寺院のお坊さんは仏前で「拍掌」を行うのだそうです)

なお、弁天様(弁財天)は、もともとはインドのヒンドゥー教の神様サラスヴァティーです。この女神は水の神様であり、また芸術や学問の神様でもあるのですが、日本に渡ってからは日本の神様と結びつき、五穀豊穣や財産など「あらゆることを司るすごい神様」(by 深大寺)として信仰を集めているそうです。

ちなみに弁天様の使いは蛇で、井の頭弁財天の絵馬には白い蛇が描かれています。今年は巳年ですから、弁天様にお参りすると御利益がありそうですね!


ということで、井の頭公園の豆情報でした!(ステマじゃないよ! 笑)


|

« あけましておめでとうございます! | Main | うさぎ館 Cafe du lievre(カフェ・ドゥ・リエーブル) »

今日の一枚」カテゴリの記事

吉祥寺・井の頭公園」カテゴリの記事

吉祥寺・飲食以外」カテゴリの記事