« うさぎ館 Cafe du lievre(カフェ・ドゥ・リエーブル) | Main | アトレ吉祥寺のお弁当色々(「えん」他) »

「えん」のステーキ丼ランチ+中国アレルギーの話

初めての方は、吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧をご覧くださいね。 

旅の覚え書きの更新は、近々再開します!


さて、本日の話題は、居酒屋「えん」の、ステーキ丼ランチです。


130208_en_1


「えん」といえば、かつては私イチオシの和食系居酒屋さんでした。お店でいただくランチだけでなく、アトレのお弁当でもご紹介しています

そんなわけでオープン当初はちょこちょこといっていたのですが、やがてマダム達で満席のことが多くなり、いつしか足が遠のきがちに。
でも本日、なぜか突然、ここのステーキ丼ランチが無性に食べたくなり、久しぶりに行ってみたのです。

が…

あー、やはり店内はマダムで埋め尽くされています。推定50代以降のマダムグループが何組も!

同僚たちと行ったのですが、空いていたのはカウンター席だけ。やむを得ずカウンターにズラッと並んで座りましたが、うーん、これだけのマダム達が一体どこからやってくるのだろう…。なんにせよ、人気なのでしょう。


ランチにはお魚ランチとお肉ランチがあるのはかつてのとおりですが、そのほかにもっとお高めのメニューが増えていました。ターゲットをマダムに絞っているのかな。

で、私は予定通りステーキ丼ランチをチョイス。お値段は1380円で、「ランチは1000円以内」という私の予算からはオーバーしていますが、ま、たまにはいいかということで。


130208_en_2


ステーキ丼ランチは、メインのステーキ丼の他に赤だしのお味噌汁やおばんさいがつきます。小鉢が色々あるのはやはりうれしい。中でも筍がおいしかったな。


メインのステーキ丼はこんな感じ。


130208_en_3


お肉が柔らかく、味付けはこのお店にしては濃い目で、なかなかおいしかったです。満足。
ただ、以前よりお肉が薄くなったような?

あと、以前は店員さんの接客もそつなくプロっぽかったのですが、ここ数年はバイトさんが多いのか、あれ?と思うことが多くなりました。お客さんが多くて手が回らないのかもしれませんね。

とはいっても、特に1050円のお肉ランチやお魚ランチは吉祥寺の中ではコストパフォーマンスが高いのでは。年配の女性と一緒のランチにもお勧めです(なんて言っているからマダムが増えるんだろうか??)。

ただ、靴を脱いで座敷に上がるスタイルなので、履物には気をつけて。ロングブーツを履いていくと、靴箱も小さいので大変ですよ!


えん(ホットペッパーグルメ)


さて、ここからは話題を変えて、「中国アレルギー」の話です。

今巷では、中国の艦船が自衛隊の護衛艦やヘリコプターに射撃管制用のレーダーを照射したとして騒ぎになっていますが、表題の「中国アレルギー」は、そういう話ではありません。

中国の公害の話、つまり日本にまでやってくる中国の汚染物質の話です。


話は2年前にさかのぼりますが、2011年の1 月、私と旦那は旅行で香港を訪れたのですが、そこで旦那が謎の高熱を出しまして。宿泊先のホテルに医者を呼ぶはめになり、結局旦那は、4泊5日の滞在中3日間をホテルのベットで天井を見て過ごしました。

まあ、それはそれで結構大変だったのですが、困ったのはむしろ帰国後です。今度は謎の咳が出はじめ、止まらなくなってしまったのです。

はじめは近所の内科で処方された薬を飲んでいたのですが、効果がなく。
その後病院を何軒かまわるうちに呼吸器の専門医にたどり着き、そこで「中国の汚染大気による喘息」の可能性を指摘されました。

その先生曰く、近頃(といってももう2年前ですが)中国からやってくるエアロゾルに起因する喘息が日本で増えているのだとかで。そういえば、発端となった香港も空気が悪かったんですよね…(香港ではすでに社会問題になっていました)。


それ以降旦那は、大陸からやってくるエアロゾルの状況をネットで確認するのが日課となり、仕事で中国に行くことになったときには大量の咳止めを使う羽目に。日本に住みながら中国の公害アレルギーになるとは思いもよりませんでしたが、笑いごとではありません。
(それに、私は香港が大好きなのですが、気軽に行けなくってしまいました)

ちなみに、このとき以来旦那は化学物質過敏症気味で、今はやりの香りの強い柔軟仕上げ剤は「すれ違うだけで臭くて気持ち悪くてたまらない」そうです。いわゆる香水やアロマの香りは平気なので、香りそのものではなく柔軟仕上げ剤に含まれる物質がダメなのだと思いますが… つまり、ああいう柔軟仕上げ剤には体に良くないものが結構な量入っているんじゃないかな??(ウチでは、この件の前から柔軟仕上げ剤や合繊洗剤の類はほとんど使用していません。シャンプーも石鹸シャンプー愛用です)


ええと、話を戻しますが、その後旦那の喘息は一進一退を繰り返していましたが、今年の正月に岩手に帰省して以降、咳がパッタリと出なくなりました。向こうの空気がよかったのかな、等と話していたのですが。

それが、ここのところで再び悪化。しかも旦那だけなく私にも変化が。数年前からアレルギー症状(花粉ではなく原因不明)があったのですが、それが急に悪化し始めているのです。

私のアレルギーは、お医者さんには「原因はなかなか突き止められないし、軽度だから対症療法で」と薬を処方されていたのですが、…この症状悪化は、タイミングから考えると中国からのエアロゾルと関係があるんじゃないのかなあ…。


なんだかひとりごとのような要領を得ない話になってしまいましたが、まとめると、

 ・中国の汚染大気が、日本人の咳喘息を引き起こしている場合があるらしい
 ・ひょっとすると、その他のアレルギーの原因or悪化の要因にもなっているかも?
 ・ここ数日、中国の汚染大気が東京にも結構流れ込んでいるのでは

ということです。

もしご自身やご家族に、謎の咳が止まらないといった症状があれば、一度病院で調べてもらった方がいいかもしれませんよ!

|

« うさぎ館 Cafe du lievre(カフェ・ドゥ・リエーブル) | Main | アトレ吉祥寺のお弁当色々(「えん」他) »

吉祥寺・和食」カテゴリの記事

吉祥寺・定食他」カテゴリの記事

吉祥寺・居酒屋ランチ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事