« まめぶ汁を作ってみた | Main | ギリシャヨーグルトと自家製水切りヨーグルト »

Bistrot du Moulin(ビストロ・デュ・ムーラン)

初めての方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。


ビストロ・デュ・ムーラン


今回は、井の頭通り沿いにあるフレンチのお店「Bistrot du Moulin(ビストロ・デュ・ムーラン)」の話です。
といっても、こちらでいただいたのはランチではなくてディナー。しかもだいぶ前のことなので、実はあまり覚えていないんです…(苦笑)

ここしばらく吉祥寺を離れていたのでランチの話題がなく、せめてものネタ提供です!ちなみに、こちらのお店はランチもやってます。ただし、価格設定が私の「平日ランチ許容範囲」を超えていたので、これまでランチをいただいたことはなかったのですが。


さて、ここには旦那と一緒に訪れました。というか、旦那が「あの店がずっと気になっているんだよね」と選んだのです。井の頭通り沿いの店の前を夜に通りかかると、そこだけポッと赤い光が灯り、確かに気になるんですよね。

中に入ってみると(写真はありませんが)、外から見たイメージよりもシンプルで飾り気のない、こじんまりとしたお店でした。

ディナーはプリフィクスのコースが3コース。今回いただいたのはBコースです。
で、前記の通り来訪からだいぶ時間がたってしまったので、細かいことはあまりよく覚えていないんです、スミマセン… 覚えている範囲でご紹介します。

最初に出てきたのは冒頭の写真のアミューズ(先付)です。アミューズといっても立派な一皿でした。

続いて前菜。旦那が選んだのは鮮魚のカルパッチョ仕立て、だったかな。


粒貝とウニのエスカルゴ風


で、私は粒貝とウニのエスカルゴ風とかなんとか。


130617_moulin_2


この粒貝、確かにエスカルゴ風でおいしかったですよ。でもにんにくのせいか、「ウニ」の味はよくわからなかった…。
このときパンも一緒に出てきます。(写真にボヤッと写ってますね)


次に、空豆のスープ。


空豆のスープ


鮮やかな緑色が見た目にもきれいですし、豆の味が濃く、クリーミーでおいしい。

そしていよいよメイン。私はお店のおすすめらしい高座豚のグリエをチョイス。


高座豚のグリエ


えーと、おいしかったことは覚えているんですが、「どのように」おいしかったのかが…(苦笑)  ただ、厚い豚肉なのにしっとり柔らかく焼き上げられていたのは確か。

そして旦那は鴨胸肉のロースト。


鴨胸肉のロースト


これが!これが美味しかった!やはりこちらもよくは覚えていないんですが、野性味のあるおいしさ、とでもいうんですかね。

ただ、実はこちらを選んだ旦那の口にはあまり合わなかったようなのです。どうも「野性味」の部分がダメだったらしく。(もともとの嗜好がそうなんです。例えば山菜の類も、私の実家で採れたてを食べるまでは大嫌いだったくらい)

これが口にあわないなんてもったいない…それなら取り替えてくれればよかったのになぁ。


そしてデザート。旦那は、なぜかチーズの盛り合わせ。


チーズの盛り合わせ


濃いチーズがあまり好きではないはずなのに??と思ったのですが、後で聞いたら「他のものは皆甘そうだったから。甘くないのはこれしかなかった」だそうです(苦笑)。


私はクレームブリュレ。なんでも「アメリのレシピを忠実に再現した」とか。


クレームブリュレ


もちろん表面のカラメルはパリパリです!このパリパリがいいんですよね(笑)


このほかに食後の飲み物が付きます。


お料理は、全体的においしかったです(非常にザックリとした記憶ですが 笑)。
ただ、たまたまなのかいつもなのか、来ていたお客さんは常連さんが多いようで。そういう意味では私たちのような客は、ちょっと居心地が悪かったかな。(といっても、店員さんが態度に差をつけるわけではありませんよ。控えめで過不足のないサービスでした)
もっとも、常連さんが多いということは、それだけ魅力があるお店ってことですよね。

お店の雰囲気からして、「おしゃれしてデート」というより、気の置けない人と、あるいはムードよりもおいしさ重視な人同士(食いしん坊ってこと? 笑)で使うといいかもしれません。
あっ、店内はとても静かなので、飲んで騒ぐ人はダメじゃないかな~。

って、なんだか中途半端な情報でゴメンナサイ!(笑)


BISTROT DU MOULIN(ホットペッパー)

|

« まめぶ汁を作ってみた | Main | ギリシャヨーグルトと自家製水切りヨーグルト »

吉祥寺・フレンチ/イタリアン」カテゴリの記事