« 魚金 | Main | Morisuke(モリスケ)@三鷹(移転) »

ランチ代をフィリピンの義援金に

もう、最初に謝っておきますが、今日も吉祥寺のランチの話じゃなくてごめんなさい!


フィリピンが台風30号によって甚大な被害を受けたことは、既に皆さんご承知のとおりです。

結論から言いますが、ランチ代を少し浮かして、そのお金を募金しましょう!(もちろん、もっと出せる人は遠慮せずに!「豪華ランチも食べるし募金もする」という人も、それで結構!)


131112_box


フィリピンの皆さんは、東日本大震災の際、日本赤十字に3億円もの義援金を送ってくれました。物価の違いを考えると、3億円は彼らにとって30億円にも匹敵する金額だと思います。(フィリピンの一般の月収は多くて数万円程度のようです)

上の写真は、震災の募金用にレイテ島の皆さんが用意した募金箱です。かつてレイテ島で起こった地すべり災害の際に日本が援助しましたが、その「恩返し」に、と、こうして募金を集めてくれたそうです。

今度は私達がそれにお返しする番です。

赤十字で、フィリピン台風に用途を指定できる募金の受付をはじめました。その他あちこちで義援金の受付が始まっています。私はとりあえず、赤十字と国境なき医師団に募金しました。皆さんご自身の意図(募金の使い道など)とあう募金先を探して下さいね。

2013年フィリピン台風救援金(日本赤十字社)

国境なき医師団

(ちなみに「日本ユ◯セフ協会」は国連のユニセフではなく、ユニセフに協力する民間団体です。ユニセフの日本支部ではありませんし、募金しても全額がユニセフに送られるわけではありません。詳しい説明はこのページの最下部で)


フィリピンには私も何度か行ったことがありますが、一般の民家の作りは本当に簡素で、そのためか人々が寝るとき以外は夜も外で過ごしているのが印象的でした。(でも家族の仲がよく、皆幸せそうで、「家の豪華さと幸福度は関係ないんだなあ」などと思ったものですが…)

あそこに秒速90mの強風が吹き荒れ、高潮が襲ってきたら、街はひとたまりもないでしょう。

どうか一人でも多くの被災者の方が救助・救援されますように。救援に向かわれた日本の医療チームの皆さん、そしておそらくこれから出発するであろう自衛隊の皆さん、どうかよろしくお願いします。


追記:東北のことも忘れていませんよ!来月は松島に牡蠣を食べに行く予定!

※ 以下、日本ユ◯セフが「ユ偽フ」と言われる理由。

日本ユ◯セフ協会は、国連のユニセフの日本支部ではなく、ユニセフに協力する民間の団体です。また、集まった募金の全額を国連のユニセフに送金しているわけではありません。
2012年度の場合、募金の19%、約30億円を協会の経費に使ったそうです。民間団体ですから運営費用がかかるのはわかりますが、数十人の団体に30億円も必要なんでしょうかね?また東日本大震災の際には、集まった義援金を被災地以外の用途にも使うといナゾの方針を出して話題になりました。こちら参照

繰り返しますが、民間団体が運営資金を必要とするのは致し方ありませんが、それならそれと明示するべきです。日本人の誤解を利用しているように感じます。
ちなみに国連のユニセフは、民間協力団体が募金額の一部(最大25%)を経費などに当てることを認めていますので、日本ユ◯セフが悪いわけではありません。また、集金力のあるところがお金をどんどん集めてくれれば、たとえ25%中抜されたとしても、ユニセフも助かるんでしょう。

でもだからといって、私個人は日本ユ◯セフの運営方法が好ましいとも思いません。

日本ユ○セフが30億円とることを、妥当だという人もいます。「それだけのお金を集めているのだから、その分貰って当然」というわけですが、そういう人と、私のように違和感を感じる人とでは、この団体のとらえ方が違うのでしょう。

それだけもらって当然、と考える人は、日本ユ○セフをユニセフの広告代理店として見ているのだと思います。ユニセフの活動を宣伝し、知名度を上げ、それによって募金額を増やす。その「報酬」として一定の割合を受け取るのは当然、と。でもこの理屈だと、日本ユ○セフは完全に営利団体ですよね。募金を集めれば集めるほど取り分が増えるんですから、そりゃあDMもバンバン送るでしょう。

一方私は、日本ユ○セフはユニセフに募金するための「窓口」だと誤解していわけで。実は私も、以前は結構な額をここに出していました(だからウチにも、噂の立派なDMがたくさん来ました!)。要は「募金箱にお金を入れるつもりで」募金していたのです。

もし、募金箱を持った人が箱からお金を抜いて、「これだけ集めたんだから、25%は正当な取り分でしょ」と持ち帰ったら、「えっ!?」と思うでしょう。募金から自分の分を取るの?と。この「えっ!?」が、そのまま日本ユ○セフに対する違和感なわけです。


というわけで、日本ユ◯セフ協会はユニセフ支部ではないし、お金はそのまま国連のユニセフに行くわけではなく、最大25%が日本ユ◯セフ協会の取り分(経費?)になるということが周知されていれば、特に問題はないのでしょう。でも、日本人の多くは私のような感覚だったのでは。だからその感覚、誤解を「利用された」と感じてしまうわけです。募金の25%を「代理店」に取られるなら、直接役に立ててくれそうなところに出したいですからね。

日本からユニセフに募金するには日本ユニセフを通さないとできないそうですが(※)、それなら私はユニセフ以外の別のところに募金します。というか、しました。

…ふう。日本ユ◯セフ協会の広告塔があれこれ言っているようなので加筆しました。ちょっと長すぎたなー。


※日本ユ◯セフではなく、正式な国連のユニセフ親善大使である黒柳徹子さん個人に送金すると、そのままユニセフに募金してもらえるらしいです。ユニセフに募金したい方は、ご自身で調べてみて下さい。

 

|

« 魚金 | Main | Morisuke(モリスケ)@三鷹(移転) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事