« 今日の一枚:井の頭池はただいま水抜き中・その2 | Main | 井の頭池はただいま水抜き中・その4+プーラン1848ノア76%(ビターチョコレート) »

吉祥庵+井の頭池はただいま水抜き中・その3

当ブログに初めてお越しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。


140124_kissyo_1


さて、今回はサンロードの甘味処、吉祥庵の話です。

今年の鏡開きの日、初めて自分でおしるこを作ったという話と、そのいきさつ(出雲のぜんざいがアレだった)を書きましたが、そこにある通り、これまでおしるこにはあまり興味がありませんでした。

それが、鏡開きでおしるこの出来具合に悩んだ際、「これは一度ちゃんとしたお店で食べてみなければ」と思いまして。
で、今回ようやく、吉祥庵に行く機会があったわけです。


吉祥庵は、和菓子屋さんの吉祥寺虎屋があった場所の2階。虎屋は閉店しましたが、二階の茶寮が吉祥庵としてリニューアルしたそうです。

甘味処におしるこを食べに入るなんて初めて。そもそも甘味処って、どんな人がどんなシチュエーションで使うんだろう?と思っていたのですが。

私が店に入った時、他には女性客一人しかいなかったのですが、その後、続々とお客さんがやってきます。それも、なぜかみなさん女性の一人客。若い女の子もいます。そして、これまたなぜか皆さん、お決まりのようにおしるこを注文するではありませんか!

えーっ、な、なんで?今おしるこブームなの?(笑)
と、一瞬驚きましたが、よく考えると、寒い日は甘くて温かいおしるこが食べたくなるのかも。みなさん、ちょっと時間が空いたので一休み、なんて感じで甘味処を使うんでしょうかね。


さて、私が頼んだのも当然おしるこ、それも田舎汁粉です。大納言の田舎汁粉もありましたが、まあ普通の安いほうね(笑)


140124_kissyo_2


吉祥庵のおしるこは、大きめのお椀に焼いたお餅が二つ。柴漬けとほうじ茶がついてきます。

で、甘さは…

出雲のぜんざいでギャーッとなったので、恐る恐る口にしましたが、

おっ?
そんなに甘くない。甘いものが好きな人でも満足できそうで、かつ甘いものが苦手な人でも大丈夫そうな、程よい甘さです。

で、さらりと上品な甘さ。出雲のぜんざいのように汁がシャバシャバというわけではなくて、適度に濃いのですが、しつこくはありません。


ああ、おいしい…。

おしるこって、おいしいなあ。


20代のころは、あんこを使った和菓子にはまるで興味がなかったのですが、おしるこを食べて「おいしい…」としみじみ思う日が来るとは。

これって、歳ですかねえ(笑)
まあ、歳でもなんでもおいしければいいので。さ、今回の視察(?)を参考に、今度また家でも作ろっと!(笑)


ということで、吉祥寺でおしるこや和菓子が食べたくなったら、こんなお店もありますよ、というご紹介でした(…というより「おしるこのすすめ」みたいになっちゃってますね!)。

ちなみに吉祥庵の窓際の席からは、眼下にサンロードの様子がよく見えます。往来を観察しながらのんびり時間を過ごすのにもいいかもしれませんね。


吉祥庵
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-1
電話:0422-20-3011
(月・木が休みのようですのでご注意を!)


+++


おまけの一枚。今日の井の頭池の様子です。


140124_kissyo_3


水がだいぶ引いて、池の底が見えてきました。

この写真、以前のこのエントリーの最初の写真と同じ方向をとったものです。同じ場所とは思えませんね!

|

« 今日の一枚:井の頭池はただいま水抜き中・その2 | Main | 井の頭池はただいま水抜き中・その4+プーラン1848ノア76%(ビターチョコレート) »

今日の一枚」カテゴリの記事

吉祥寺・スイーツ」カテゴリの記事

吉祥寺・井の頭公園」カテゴリの記事

吉祥寺・飲食以外」カテゴリの記事