« 井の頭池はただいま水抜き中・その5+都知事選の話・続き | Main | たまにはこんなお昼ご飯・7:アキモトの「パンの缶詰」(非常食) »

はらのキッチン@アトレ吉祥寺+おまけの話

当ブログに初めてお越しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。


で、今回ははらドーナッツの系列店、はらのキッチン@アトレ吉祥寺の話です。本文を追加しましたよ!


140204_hara_1


先日、アトレ吉祥寺内の別のお店に行こうとしたところ、意外な混雑で断念。そこでふと気がついたのが、はらドーナッツの系列店、はらのキッチンでした。
ここ、オープン当初はいつも混んでいたんですよね~。あまりに混んでいるためなのか、店外にテーブル&チェアを出していたり。
でもアトレ吉祥寺に新しいお店がオープンしたためか、私が行った時には意外と空席アリ。これは、一度入ってみるべきか。

ということで、ananっぽいガーリッシュさが少々気恥ずかしい気もしつつ、一人で入ってみましたよ!

お店の中は、はらドーナッツのカフェコーナー同様ナチュラルでおしゃれな感じ。素朴な木のテーブルや足がパイプの椅子が、昔の小学校を連想させます。
このナチュラルを装ったナチュラルではないおしゃれ具合が、なんだかちょっとこそばゆいような(笑) 
いや、いいんですよ!かわいらしくて。うん。でもやっぱり、ここが似合うのは10代から20代の女の子かな。ヒラヒラフリフリではないんですけどね。…って、なんだろう私、感性が急激に歳を取っている気がする(苦笑)。


さて、ランチタイムにはキッシュやグラタンなどいろいろなメニューがありましたが、今回は「お豆腐入りつくねハンバーグ丼」とかなんとか(?)、とにかくつくねのどんぶりをチョイス。
セットにはサラダと「その日のスープ」がついて、950円。この「その日のスープ」が、「何になるかはお楽しみ」なんて感じの期待させるコピーがついていました。なので、具だくさんのスープが出てくるのかな、と勝手に期待してしまいました。

で、出てきたのが冒頭の写真のようなセットなのですが。


140204_hara_2


まず、つくね丼はこんな感じ。
小ぶりのどんぶりに、大きなハンバーグ型のつくねがドン!さらにナスやトマトなどの野菜が彩りよく添えられています。


140204_hara_3


違う角度から見るとこんな感じ。小さなどんぶりをわざわざ違う角度でも撮っちゃいましたが(笑)、まあ野菜がたくさん載っていて、見た目にもきれいです。

この下には豆入りのごはん。つくねとごはんの間にはおかかが敷かれています。つくねにはひじき等も入り、全体的に、それなりに手をかけている感じです。


ただね。

おいしいんですが、なんだか、妙に淡泊だったんです。

つくねハンバーグも、たれの味付けはしっかり濃いめなのですが、それ自体がなんだか不思議な淡泊さ。もちろん、お肉だけでなくお豆腐が入っているので、普通のつくねなどに比べてあっさりなのは当然なのですが、それにしても。
おいしいし、味もしっかりついているのに、どうも何か淡泊…というか、物足りない。なんでしょうね、この感じ。なんとなく、台湾料理の菜食料理(肉や魚を使わず、野菜や大豆などでそれっぽく作る料理)を連想してしまいました。
もしかしてお肉が入っていないのかな、とも思いましたが、ちゃんと鶏肉が入っているそうです。

この淡泊さは店の方針?でもサラダには、揚げた麩か何かがのっている上にオイルたっぷりのドレッシングが大量にかけられて、結構オイリーだったりもする。

あれかな、やっぱり若い子向けなのかなあ。ヘルシー志向なのかもしれないですが、家庭的とか和食らしいって感じとは違うんですよね。

ちなみに「その日のスープ」には、毬麩とはんぺんがちょこっと散らされていました。あ、具はほとんどないんだ(苦笑)。気になって他の人の写真を見てもそんな感じ。
これならスープについては期待させるようなことを言わないほうがいいんじゃないかなー、と思ったら、「毬麩がかわいい!」と書いていた女の子もいました。やっぱりツボが違うのか。


そんな感じで。

ランチは、若い女の子にならお勧めしたいかな。お店も上記の通りかわいらしいし、ヘルシーな気分も味わえるし、ダイエットにもなりそう(笑)
でも男性には、味も量も物足りないと思います(ほかにもっとボリュームのあるメニューもあるかもしれませんが、このどんぶりに関しては)。

量はともかく、食べた後の満足度でいえば、はらドーナッツの「はらロールとキッシュのランチ、飲み物付きで900円」のほうが高かったなあ。(こっちも値段設定がちょっと高いと思うけど!)

ちなみに、ここでもはらロールが食べられるようなので、ランチ+はらロール追加、というのもありかもしれません!って、それじゃあヘルシーではなくなっちゃいますけどね(笑)


++++


ここから下は、はらのキッチンとは関係のないおまけの話、選挙の話です。興味のない方はスルーで。

先日のエントリーを読んだ知人から、都知事はやっぱりM添さんのほうがいいんじゃないの?的なことを言われたのです。
義母世代ならとともかく、同世代にまだにそんなことを言っている人がいることにビックリしました!彼に関する黒い話があちこちに出回りまくっているのに、全然知らんのか!という感じです。

個人的には外国人参政権と韓国との関係の件で、M添さんは絶対にありえないと思っていますが、それだけでなく、お年寄りや女性蔑視など、いろいろある人です。
手っ取り早く、niftyに出ていた記事を貼っちゃいますが、

過去の蔑視発言に激怒! 女性と老人に舛添離れの異変
なんて感じ。でもこんなのは、彼のエピソードの中では大した話ではなく、2億5千万の不正疑惑、元妻の片山センセイに対するDV、婚外子3人、現在の奥様が某宗教団体の幹部など、方々でかなりアレな方との評判です。全部あげてたらきりがないので、あとはご自分で調べてみてください。

私は普段、政治家に女性関係の潔白さはあまり求めませんが(政治さえしっかりしてくれれば、プライベートは…かといって、韓国人の愛人とか中国人の秘書がいるなんていう人たちは政治家の資格がないと思いますが)、この人の話は生理的に受け付けません。

この前、マスコミの扇動に乗って民主党に入れちゃったような人、過激派に担がれた人に反原発というだけで投票しちゃったような人は、よくよく調べて、しっかり考えてくださいね、ホントに。


|

« 井の頭池はただいま水抜き中・その5+都知事選の話・続き | Main | たまにはこんなお昼ご飯・7:アキモトの「パンの缶詰」(非常食) »

吉祥寺・CAFE」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事