« 吉祥寺でまめぶ汁@東北祭り+東北物産館 | Main | はらのキッチン@アトレ吉祥寺+おまけの話 »

井の頭池はただいま水抜き中・その5+都知事選の話・続き

当ブログに初めてお越しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。


140202_inokashira_1


井の頭池の水抜きはまだまだ続いています。
これは昨日の様子ですが、噴水周辺の水が残ったところで、スタッフの方が何やら作業をしていました。


140202_inokashira_2


まだ残っている魚を捕獲しているのか、ヘドロをとっているのか…
いずれにしても下半身を泥水に浸して作業する様子に頭が下がります。本当にお疲れ様です!


七井橋を挟んで西側に残った水は、ホースで吸い上げられ、東側に少しずつ流されているようです。


140202_inokashira_3


そして、橋の東側、かつて池の底だったところに細い川が出現。この川が神田川につながるんでしょうね。


140202_inokashira_4


水のない井の頭池。だんだん見慣れてきましたが、それでもやっぱり不思議な光景です。


さて、ここから先は先日のエントリー「都知事選の話」の続きです。興味のない方はスルーでお願いします。


昨日の夜、候補者4人の討論会をユーストリームの中継で見ました。

で、単刀直入に感想を言うと「田母神さんを侮っていた!」という感じです。

討論会を見なくちゃ、などとと言いつつ、実は「見たらがっかりするんじゃないかなー」なんて思っていたのですが、いい意味で予想が外れました
というか「田母神さん以外がダメすぎた」という気もしますが…

私がこれまで田母神さんに不安を感じていたのは、原発を継続する方針であること。そこだけは賛同しかねるな、と思っていたのですが、今回の討論会で、その不安が和らぎました。

というのは、田母神さんは、現在研究者の間で主流となっている説や具体的なデータをきっちりと示して、反原発を掲げる候補者を論破したのです。

放射線の害についてはまだわかっていないことが多いでしょうし、「専門家の現在の見解」が本当に正しいかどうかはわかりません。ただ、専門家のもとで自ら半年も学んだという田母神さんと、ただ「昔からそういわれてきたんだからあぶないにきまってる」というところで思考停止した人と、どちらが「都の首長」として信頼できそうかといったら、言わずもがなでしょう。
私の中で原発の危険性が払しょくされたというより、正しく理解しようとする姿勢がある人とない人が、今回の討論会で明確になった、ということです。
(反原発派の人は自らの不勉強を露呈してしまって、かっこ悪かった…)


そのほかのことでも田母神さんの考えは明確でしたし、特に尖閣購入のために集まった募金の処遇について、他の3名が「…と、意味不明な供述をくりかえしており」的な返答だったり、募金を集めた石原さんに対する愚痴だったりしたのに対し、田母神さんだけがしっかりとしたプランを持っていました。これ、田母神さんがエライというより他の3人はいったい何のつもりで都知事に立候補しているんだ、という話なんですけどね。


140202_inokashira_5


前のエントリーで無数のロウソクの写真を使ったのは、田母神さんが福島は郡山のご出身だと知ったからです。原発事故でご自身の地元も大変なことになり、また、今後何かあったら、元部下である自衛隊員たち(陸上自衛隊は航空幕僚長の部下とは言わないかもしれませんが)が対処にあたらなければならないわけで。普通なら反原発に進んでもおかしくないでしょう。それでも田母神さんが「今原発を止めたら日本が危機的な状況になる」と継続を主張する裏には、様々な葛藤や思い、そして「祈り」があるんだろうな、と思ったのです。


ということで。
公約の一部に考えの違いがあるものの、人間的にもトップに立つ人としても、信頼できそうな人だということは感じました。これで納得して選挙に行けます!


余談ですが、田母神さんの事務所に嫌がらせが続いていたようですが、今度はサーバーが攻撃され、公式サイトが見られなくなっているようです。

サーバー攻撃って。あちらの国の方々の得意技ですね…(苦笑)


|

« 吉祥寺でまめぶ汁@東北祭り+東北物産館 | Main | はらのキッチン@アトレ吉祥寺+おまけの話 »

今日の一枚」カテゴリの記事

吉祥寺・井の頭公園」カテゴリの記事

吉祥寺・飲食以外」カテゴリの記事