« 今日の一枚:大雨の井の頭公園 | Main | ザ・ガーデン自由が丘@アトレ吉祥寺に「檸檬(れも)」登場!+思うこと色々 »

老舗そば屋の「上杉」で色々ビックリ

当ブログに初めてお越しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。


140608_uesugi_1


日本蕎麦の好みは人によって色々かと思いますが、私は色黒・太め・固めの田舎そばが好き。でも東京で食べるお蕎麦は色白で細めのものが多い気がします。
たとえ田舎そばと銘打っていても、さほど「田舎」じゃないような。せいぜい「三多摩」って程度だよなあ、なんて思ってしまうのです(スンマセン、武蔵野市も三鷹市も三多摩です)。

ところが意外なことに、吉祥寺の老舗のお蕎麦屋さんに私が好きそうな田舎そばがあるとのこと。まさに灯台下暗しです。

旦那によれば、御殿山のMUSUIの向かいあたりにある小さなお店、「上杉」がそうだとか。そういえばあそこに小さなお蕎麦屋さんがあったよなあ…とおぼろげな記憶をたどりますが、いかんせん印象が薄い。なにはともあれ食べてみなければ、と旦那と一緒に行ってきました。


吉祥寺通の店の前までやってきて、ああそうそう、ここだよね、でもいかにも「町の普通のお蕎麦屋さん」だよね、などと言いつつと引き戸を開けると、

ギョッ!

お昼少し前だったのですが、小さな店内にはぎっしりのお客さんが!満席ですよ!


えっ、なにこれ!? ここ、そんな人気店だったの!?ちょっとビックリ…


どうも団体のお客さんが入っていたようで、私たちが来たことをきっかけに半分くらいの方が引き上げていったのですが、それにしてもこのお店、その後もお客さんが後を絶ちません。行列ができるほどではありませんが、常連さんと思しきお客さんが、次から次からやってくるのです。

し、知らなかった… 

昔から界隈に住む人たちは、こういう昔からのお店をちゃんと使っているんですね。


さて、自分たちの席を確保した後、来る前から決めていた「田舎そば」と「三色そば」を注文。旦那が両方食べたいというのでどちらも大盛りで頼みました。


140608_uesugi_2


まずビックリしたのが、田舎蕎麦のぶっとさ


140608_uesugi_3


うわー、東京にもこんなお蕎麦を出すお店があるのか…稲庭うどんにも楽勝のぶっとさです(笑)

で、食べてみると、これがまた硬いんですよ!太くて歯ごたえのある蕎麦を、かみしめかみしめ食べる感じ。口の中はモギュモギュとした歯ごたえと蕎麦の香りでいっぱいです。
いやあ、こういうの、好き(笑)。でも「蕎麦はのど越し」と思っている人が食べたら事故が起こりますよ!ホント。

そばつゆはあまりでしゃばらないやさしい味。東京のそばつゆは辛めで濃いめが多い気がしますが、このつゆは私にはちょうどいい塩梅でした。そして、カツオの良い香り。おそばを食べつつも「早く蕎麦湯で飲みたい」と思ってしまいました。


一方、三色そばはこんな感じ。


140608_uesugi_4


田舎そば、更科そば、せいろそばの三種が一度に楽しめます。
(これは大盛りですが、普通盛りはそれぞれ真四角の器で出てくるようです)

ここでまたまたビックリしたのが、更科そばの白さ
更科と言っても、こんな真っ白なお蕎麦、私は見たことがありません。

食べてみると、蕎麦らしい舌触りではありますが、食感も味も上品で、ほのかな甘みがあります。田舎蕎麦好きの私は、これってホントにお蕎麦なの?と驚いてしまいました。

そうかあ。
私がお蕎麦と思っているモノと更科蕎麦派の人がおいしいというモノは、全く別のものなのかもしれません!

こうして三つの蕎麦を食べ比べると、食べて楽しいですし、自分の好みも再確認できますね。ちなみに、誰にでもおいしいといわれるのは、ベーシックなせいろそばだと思います。


そして最後に、もうひとつビックリしたのは…

お店のおかみさんの接客です。

旦那の事前調査(?)によれば、「接客が良いという人と悪いという人が両極端で、傾向としては若い人ほど評価が低いんだよね」とのこと。なんのこっちゃと思っていたのですが…

わかりましたよ。というか、実感しました(笑)

店に入った時(他のお客さんがたくさんいた時)には愛想よく迎えてくれたのです。
が、案内されたテーブルに体の大きな旦那の膝が入らず、空いていた隣のテーブルに変えてほしいと頼んだところ、露骨につっけんどんな対応をされまして。高圧的な態度にビックリしてしまいました(旦那は決して横柄に頼んだわけではなかったのですが)。あ、でもちゃんと変えてもらえたんですけどね。

他の方の評判や今日見た感じから察すると、常連さんではない人や若い人に、何か注文をつけられたときにちょっとアレな感じ、みたいです。

吉祥寺の老舗の人気店でもこういう接客をするのね…と驚きましたが、「人気の街、吉祥寺の」「老舗の」お店、と考えれば驚きでも、「東京の田舎、三多摩の」「昔ながらの」お店、と考えれば、まあそんなものかな。

(ちなみにご主人も、常連さんらしき人それ以外の人に対しては、明らかに対応が違いました。でもまあ、地元密着の小さなお蕎麦屋さんですから、しかたありませんね)


ということで、お蕎麦はおいしかったです。
でも洗練された都会的な接客などをお求めの方は、他の選択肢があるかもしれません。ま、お蕎麦屋さんにそういうモノを求めて入る人はあまりいないかな。

なお旦那によれば「でも おいしいからいいよ!おいしいうえに安いんだから、文句ない!」ということです(笑)。


上杉

東京都武蔵野市御殿山1-3-7
電話:0422-42-0521
(火曜日が定休日のようです)



|

« 今日の一枚:大雨の井の頭公園 | Main | ザ・ガーデン自由が丘@アトレ吉祥寺に「檸檬(れも)」登場!+思うこと色々 »

吉祥寺・和食」カテゴリの記事

吉祥寺内外・うどん、そば」カテゴリの記事