« 今日の一枚:巣立ちの準備? | Main | 今日の一枚:今朝のベンチ+GORE-TEXのレインブーツの話 »

「リュモンコーヒースタンド(Ryumon coffee stand)」でシングルオリジンのコーヒーを

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。

またこちらの更新がない日はサブブログの旅の覚え書きもご覧ください。


リュモンコーヒースタンド(Ryumon coffee stand)


3年前に末広通にオープンしたカフェ&コーヒー豆の挽き売りのお店、リュモンコーヒースタンド。

今日は仕事に煮詰まり、おいしいコーヒーが飲める静かなところで一休みしたいなあ、などとという気分になりまして。その時にふと、前々から気になっていたこのお店を思い出しました。

ここのコーヒーがおいしいという話を以前からチラホラと聞いていたのですが、ランチメニューがないため、これまで入ったことがなかったのです。

「そうだ、こんなときこそ行ってみよう!」と、素知らぬ顔で職場を抜け出し(えっ?)末広通にテクテクやってきました。


白い壁が瀟洒な一軒家風の店舗に小さな入口。気軽なのか敷居が高いのか、どっちともつかない雰囲気です(笑)。おそるおそるガラスの引き戸を開けると、お客さんと談笑していた男性店長さんが、「こんにちは、いらっしゃいませ」とかなんとか、明るい声で迎えてくれました。堅苦しいお店ではなさそうです。


店内は想像以上にこじんまりとしていて、1階はコーヒーを提供するカウンターと立ち飲み席のみ。テイクアウトと豆の挽き売りがメインのようですが、2階にはカフェスペースも設けられています。

喫茶店でもないチェーン店でもない、こういう「ウチはコーヒーで勝負!」みたいな(?)個人経営のカフェは久しぶりです。ストレートのコーヒーにしようと思ってやってきたのですが、今回はなんとなくカフェラテを頼んでみました。昔、まだおいしいカフェラテが珍しかったころ、あちこちのカフェを回ったんですよね…


カフェラテを淹れたら席まで運んでくれる、とのことで、先に一人で2階へ。


2階席 末広通りを一望


2階席もそう広いスペースではありませんでしたが、大きな窓越しに末広通の様子が見えます。もし座るなら、あの窓際の席が良さそう。でも今日は先客がいたので(その人が帰ってから写真を撮りました)、二人掛けのテーブル席に着席。

カフェというより誰かオシャレな知人の家に来たような感じで、悪くない雰囲気です。


ほどなくして、店長さんがカフェラテを席まで持ってきてくれました。


カフェラテ


ロゼッタ…というよりも、ハートを手のひらでそっと包んだようなラテアート。フォームドミルクのキメがちょっと粗めかな?でも口にすると、見た目よりクリーミーでふんわりしていました。

飲んでみると…
あっ、ミルクの温度がぬるめ!こういうラテ、久しぶり。ラテのミルクはアツアツよりもこのくらいの温度のほうが、ミルクの甘さが感じられておいしいんですよね。

そしてもう一つ驚いたのが、まるでナッツのような香ばしいコーヒーの味。濃いとか苦いというわけではないのですが、ミルクに負けずに主張するコーヒーです。

えーっ、ラテでこういうのは珍しいかも… 

帰り際にカップを片付けるとき、下膳コーナーに置かれていたチラシで気が付いたのですが、このお店、シングルオリジン(単独のコーヒー農場または地域)の豆だけを出すというこだわりのお店なのです。

ストレートのコーヒーも、ラテも、エスプレッソも、すべてのメニューを週替わりのシングルオリジンのコーヒーで提供しているそうで、今日いただいた香ばしいコーヒーは「ブラジル サンタイネス農園」の豆だとか。

へーーーっ、面白い!
普通はメニューによって使用する豆を変えると思いますが、あえて同じ豆を使うことで、どのメニューでどんな味になるのか、豆を買いたい人の参考にもなりますね。
お客さんは常連さんが多いようでしたが、週替わりで違う豆を試せるというのも良いかも。

まあ、ラテ600円はちょっと高い気もしますが、こだわりの豆を使っているなら仕方ないのかな。

柔和な感じの若い店長さんなので、コーヒー通はもちろん初心者(?)でも構えずに入れそうです。


ちなみに2階のカフェスペースですが、「静かな場所でくつろぎたい」と思ってきたものの、平日の末広通りにしては意外なほどお客さんが多いのです。 しかもなぜか、複数でドヤドヤとやってきて大声で仕事の打ち合わせを始める人たちがいたりして(苦笑 狭いので声が反響してうるさいんです!)。そんなわけで、あまりのんびりできずにさっさと退散しました(苦笑)。

小さなお店ですから、長時間ダラダラと自分の時間を過ごしたいときには、スタバあたりのほうが向いているかもしれません。

また、店長さんとコーヒー談義に興じたいなら1階の立ち飲みスペースがお勧めです。2階にいても、そんな楽しげな会話が聞こえてきましたよ!


Ryumon coffee stand


+++


全然関係ないんですが、今話題のニュースに関連して、興味深い解説があったので、おまけ。

セクハラ野次@都議会事件に関する一般論による解説(山本 一郎)

例の都議会での野次のニュースを見た時、随分な野次だな、と腹が立ちましたが、うーん、そうか、やじられたほうもタダモノではないんですね…

だからといってあの野次は許されるものではありませんが、同情する気持ちは半減したかも(苦笑) いや、それどころか、なぜこういう人が議員に当選したのかが疑問…。

野次によって、この人のよからぬ過去が目立つ結果になってしまいましたね。


でも、この女性議員の過去とは関係なく、あの野次の主は徹底的に糾弾されるべきだと思います。人(女性)を侮辱しているうえに面白くもないなんて最悪!(えっ、そこ?)

|

« 今日の一枚:巣立ちの準備? | Main | 今日の一枚:今朝のベンチ+GORE-TEXのレインブーツの話 »

吉祥寺・CAFE」カテゴリの記事

吉祥寺内外・おいしいカフェラテ」カテゴリの記事