« ほっこり上品な和菓子「ゆすら」(紀の国屋)@アトレ吉祥寺+梅仕事その3 | Main | 吉祥寺みやげに「吉祥寺のきんつば吉祥吉日」と「井の頭煎餅」 »

羽根つき「たい菓子」(鯛焼き)天音@ハモニカ横丁


吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。


天音のたい菓子


今週もまた休日出勤+ランチにいけない日々が続いております(涙)。

先週末、同僚の子と休日出勤になってしまったのですが、彼女は外ランチどころか何かを食べる余裕すらなさそうで、3時過ぎても机にかじりついています。なんかお腹に入れなくて大丈夫かな…

私も外の空気が吸いたなったので、気分転換にハモニカ横丁へ。で、急いで買ってきたのが天音の鯛焼きならぬ「たい菓子」です。(天音では鯛焼き+和菓子=たい菓子と呼んでいるそうです)
本当は焼きたてをその場で食べたいところですが、同僚のためだ、やむをえん!と、二尾を買い求め、いそいそ職場に戻りました。
(お弁当的なものを食べるような余裕がなさそうだったので、あえて)


さて、同僚に差し入れする前に一応写真を…と、冒頭の写真を撮ったのですが、そこでふと、たい菓子(鯛焼き)は魚を象っているので、やっぱり頭は左側かな?なんて思いまして。

裏返してみたら、


140725_amane_2


うわ、まだらになってる(笑)

薄い皮があんこで蒸れたのか、袋の中で下になっていた側からあんこが透けています。あー、やっぱりその場で食べるのが一番だよねぇ…


でも、突然やってきたたい菓子に、同僚は大喜びでした。疲れているときは甘いものがおいしいですもんね。


140725_amane_3


天音のたい菓子の特徴は、やはりこの大きな「羽根」部分でしょう。羽根つき餃子はよく聞きますが、羽根つき鯛焼きは珍しいですよね。

この羽根が、焼きたてだとパリパリと香ばしくておいしいんです。いや、羽根だけでなく皮全体が、薄いのにしっかりしていて存在感があります。
今回は持ち帰って少し時間がたったので、出来立てほどパリパリ感はありませんでしたが、それでもふにゃふにゃにはならずにおいしかったですよ。


そして、久々に食べて「おっ」と思ったのが、あんこです。


140725_amane_4


甘さ控えめの粒あんですが、…なんて言ったらいいのかなあ、あんこが質感も味も「濃い」感じなんです。ゆるゆるのあんが特徴のよしかわとは真逆の固めのあんで、黒糖が入っているとかで味にコクがあります。小豆の味もしっかりしていて、あんこ食べてる!って感じ。ちかごろあんこがマイブームの私にとっては非常にうれしい。


ちなみに同僚もよほど気に入ったのか、私が中身の写真を撮るために割って置いておいたたい菓子を、「あっ、これ、いいんですか?いただきます!」と速攻で食べてしまいました…(苦笑) まあ、それだけおいしかったのでしょう。


近頃吉祥寺には、大手の人気鯛焼き屋さんが立て続けに出店しています。もしかして今、鯛焼きブームなのかな?休日ともなれば「銀のあん」直営の鯛焼きカフェの前には「クロワッサン鯛焼き」目当ての行列ができていたり。

でも個人的には、そういう大手チェーン店よりも天音のような「吉祥寺のお店」に頑張ってほしいなあと思います。

まあ、私などが言わずとも、天音も行列ができる人気店ですけどね!

|

« ほっこり上品な和菓子「ゆすら」(紀の国屋)@アトレ吉祥寺+梅仕事その3 | Main | 吉祥寺みやげに「吉祥寺のきんつば吉祥吉日」と「井の頭煎餅」 »

吉祥寺・スイーツ」カテゴリの記事

吉祥寺・ハモニカ横丁」カテゴリの記事