« 「花仙堂」は大正浪漫カフェだけど…+続・梅仕事 | Main | ほっこり上品な和菓子「ゆすら」(紀の国屋)@アトレ吉祥寺+梅仕事その3 »

レトロ&不思議な喫茶店「物豆奇」@西荻窪

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。


物豆奇(ものずき)@西荻窪


しつこいようですが、朝ドラの「花子とアン」に登場するカフェ「ドミンゴ」のような大正浪漫カフェに行きたい!と、吉祥寺周辺のレトロカフェを探しています。

が、レトロカフェといっても「大正浪漫っぽいお店」は吉祥寺にはほとんどないんですよね…宵待草もいいかもしれませんが(またカフェを復活させたようですし)、ちょっと違うかなあ。


諦めきれずにしつこくネット検索をしていたところ、妙な画像が目に入ってきました。

小さな喫茶店っぽいのですが、なぜか店内が時計とランプだらけ…

しかも名前が「物豆奇

ものまめき?いや、ぶつとうき?

いえいえ、「ものずき」だそうです。
「物好き」とコーヒー豆の「豆」をひっかけたんでしょうか。(じゃあ「奇」は何なんだ…)

場所は西荻窪。吉祥寺からも歩けない距離ではありません。

大正浪漫とは関係ないけど、ちょっと行ってみようかなぁ。

ということで先週の週末、所用の帰りに吉祥寺の手前の西荻窪で電車を降り、小雨の中テクテク歩いて行ってみました。


物豆奇外観


じゃーん。

小雨の夕方というシチュエーションと、このアヤシイ雰囲気がピッタリ(笑)
吉祥寺のくぐつ草ゆりあぺむぺると似たテイストです。同じ時期にできたお店なのかな。

西荻窪はオシャレなカフェが増えているようだし、こういうタイプのお店はあまり人がいないだろうなあ…

なーんて思ってドアを開けてビックリ。

中はお客さんでいっぱい!
空いていたのは大きなテーブル席(相席)と、4人掛けのテーブル席だけだったのです。しかもお客さんの半分は流行りのカフェのほうが好きそうな若い人たちです。

ええええっ…なんで??(って、失礼な!笑)


どうしよう、どこに座ればいいのかな…と躊躇していると、年配のマスターが好きな席にと促してくれたので、店の一番奥の4人掛けの席におずおずと座りました。


そこから店内を見渡すと、こんな感じ。(近くのテーブルのお客さんが帰ってから撮りました)


140711_monozuki_3


うわぁ…

年季の入った太い柱に、おびただしい数のランプと壁掛け時計。
静かな店内に、時計が時を刻む音が響いています。


140711_monozuki_1


これだけの時計があると、時間にせかされそうな気もしますが、なぜか逆にのんびりした気分になるというか。ボンボン時計だからかなあ。(実際に動いているのは数台だけのようです)

大きな相席のテーブル席には男性が2人。別々に来た人たちのようですが、二人とも黙々と本を読んでいます。


140711_monozuki_4


なんかこう…、時計だらけなのに「時が止まったような」雰囲気なのです。

いやあ、良いです。好きだなぁ、こういう雰囲気。

そういえば、昔国立にあった邪宗門という喫茶店もこんな空気だったような…(そちらは閉店してしまいました)


さて、この時頼んだのはブレンドコーヒーとシフォンケーキ(相変わらずシフォンケーキにはまり中 笑)。

ブレンドはウェッジウッドのカップ&ソーサーで登場しました。(冒頭の写真参照:多分キングスブリッジというシリーズで、鮮やかな青いラインがきれい)


140711_monozuki_6


コーヒーは酸味が強く、あっさりした味。苦くて濃いコーヒーが好きな私の好みとは違うタイプですが、これまた懐かしいというか。子どもの頃に初めて飲んだコーヒーってこういう味だったなあ、と思い出しました。古き良き喫茶店の味、ということなのでしょう。

シフォンケーキは小さな二切れにホイップクリームが添えられています。フワンフワンでやわらかいのですが、弾力もあり、フォークを入れてもペチョッと潰れません。食べてみると、すごーくシンプルで素朴な、なんだかほっとする味です。

このケーキと一緒にコーヒーを味わうと、不思議なことに先ほど少々驚いた酸味が全く気にならなくなっていたのです。これにはちょっとビックリ。飲むものと食べるもので、ちゃんと相性が合っているんですね。偶然かなあ?
あるいはマスターの好みが一貫しているからそうなるのかもしれません。

で、このシフォンケーキ、350円なんですよ…。安っ!


結局この日の支払いは700円。ブレンドが400円+シフォンケーキ350円なのですが、セットで50円引きということらしいです。安っ!!
このゆったり流れる時間とドリンク、ケーキを合わせたら、本当に700円でいいのかなあ?という感じです。(だって、先日のあそこなんて、あの内容で850円ですよ)


こういうお店、吉祥寺にもあったらいいのになぁ。


まあ、探していた大正浪漫とは関係ありませんでしたが、違う意味でタイムトリップできるお店でした。

ここはデートや賑やかな女子トークの会場に使うより(多分迷惑になります 笑)、一人でのんびりしに、あるいは言葉がなくても過ごせる本当に親しい人とともに、訪れたいお店です。


物豆奇

東京都杉並区西荻北3-12-10

|

« 「花仙堂」は大正浪漫カフェだけど…+続・梅仕事 | Main | ほっこり上品な和菓子「ゆすら」(紀の国屋)@アトレ吉祥寺+梅仕事その3 »

吉祥寺・CAFE」カテゴリの記事

吉祥寺以外」カテゴリの記事

吉祥寺近隣・三鷹」カテゴリの記事