« 今日の一枚:続・肉フェスでラムチョップ | Main | 新嘗祭なので新米をいただきます+江戸東京たてもの園のライトアップは明日まで! »

「たいやき そら」で天然もののたい焼きとおいしいコーヒーを

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。


さて、お待たせしました、たい焼きの屋台でおなじみ「たいやき そら」の実店舗に行ってきたよ、というハナシ、本文を追加しました!


141117_sora_1


先日、旦那が留守の休日、日中は掃除や洗濯、衣替え(今更 笑)に費やし、夕方近くなってようやく一息です。夕食の支度の前にちょっとどこかに行きたいような気になり、ふと思いついたのが、たい焼き屋さんの「そら」でした。

以前は中道通りなどに時折やってくる屋台が人気でしたが、その中道通り付近に実店舗ができ、お店で食べることもできるとか。よしそれじゃあ、中道通りの八百屋さんに買いものがてら、たい焼きを食べてこようかな、と部屋着のような格好で出かけました。


でもね、思っていたより遠いんです(笑) 紀伊国屋の裏の西公園よりさらに西。この辺まで来るともう吉祥寺って言わないよね…と思い始めるころ、中道通りと井の頭通りの間をつなぐ路地に、ようやく目指す「そら」発見です!


141117_sora_2


あれっ…

なんかちょっと、イメージと違ったかな?


私の想像では、パルコ近くのたこ焼き屋さん(「えびすだこ」とかいうお店)のような、店先にちょっとしたイスなどがあって…という、茶屋っぽいものを思い描いていたのですが…

たい焼きを焼いている奥は、カフェなんです。それも今風というかなんというか、多分若い人が作ったんだろうな、というような…テイストとしては、はらドーナッツのお店のような感じかなあ。(あそこまで女の子っぽくはないですが)

あー、しまった。カフェに入るには気軽すぎる格好で来てしまった(苦笑)

でもまあ、いっか、せっかくだから中で食べていこう…と、気を取り直してお店に入ると、カウンターで「いらっしゃいませ」とにっこり迎えてくれたのは、熊田曜子に似た感じの、美人のお姉さんでした(笑)

ちょ、なぜたい焼き屋にこんな美人が!美人の前でこんなかっこ、恥ずかしいじゃん!(?)と、まるでウブな男子高校生のように一人動揺してしまいましたが、このお姉さんは、時々ここにコーヒーを淹れに来るヒトのようです。
で、お姉さんの入れるコーヒーとたい焼きがセットで540円(他の飲み物もあります)。たい焼きを一つ頬張るつもりでやってきたので、ちょっと高いかな、という気もしましたが、せっかくなのでセットでお願いすることにしました。

するとそのお姉さん、本職は他のカフェのバリスタさん?のようで、すんごい真剣な顔で、すんごい丁寧にコーヒーを淹れるんです!うわー、こんなお姉さんに手をかけてコーヒーを入れてもらえるなんて、むしろ得した気分だわ…


141117_sora_3_2


さて、コーヒーが入ったところでたい焼きも登場。
そらのたいやきについては以前こちらでご紹介しましたので、ご参照ください。あの時感動したおいしさは、実店舗になっても健在です。一言でいうと「薄ーくて香ばしい皮がぱりぱり、中のあんこは甘さ控えめでトロっと柔らかく、頬張るとそれらが一体化してサクサクトロトロアチチ!」という感じ(笑)あーー、おいしい!


141117_sora_4


もう一つ驚いたのがコーヒーです。お姉さんの真剣な顔に見惚れてばかりいましたが(笑)、たい焼きを一口食べてからコーヒーを飲んだら、そのおいしさにビックリ。酸味が強すぎず、苦すぎず、たい焼きの邪魔をしないのですが、でもたい焼きの味に負けもせず、コーヒーらしいおいしさはしっかりある…うーん、なんというのかなあ、ちょうどいい塩梅、としか言いようがないのですが。

最初は「たい焼きなのでほうじ茶がいいかな」などとも思ったのですが、ここはコーヒーを頼んで正解でした。

ということで、カウンターに美人お姉さんがいたら、コーヒーもおすすめですよ!(なんだか「たいやきそら」じゃなくてお姉さんの話がメインになってしまったような)


ただ、ちょっと惜しいなあと思ったのが、このお店、屋台のころの素朴なイメージとはちょっと違うような気すること。「おじさんが精魂込めて焼く天然もの(※)のたい焼き屋さん」というより、若い人が作ったお店でおじさんがたい焼きを焼いている、という感じに見えるんです。他にプロデュースしている若い人がいるんじゃないかな…。あ、あくまで「そう見える」というハナシです。ホントのところは知りませんよ!

いずれにしても、吉祥寺は若者の街だから、それでもいいのかな?でも個人的には、もうちょっと素朴な、ホコッとする「屋台のたい焼き」のイメージを生かしてほしかった気がします。

まあ、なんだかんだ言ってもおいしいので、またすぐたい焼きを食べに行くことになるでしょう。

あ、そうそう、週末は長男堂のお弁当も販売しているそうですから、ランチにもいいかもしれませんよ!

(※一度に一匹だけしか焼けない型で焼く一丁焼きのたい焼きを「天然もの」、対して大きな型で一度に何匹も焼くのは「養殖もの」というそうです。誰がそう呼び始めたのかな 笑)


たいやき そら
東京都武蔵野市吉祥寺本町3丁目10-3
11:30 - 19:00(と某所に書いてありましたが、お昼頃から売り切れまでとの情報もアリ)
月曜お休みのようです → 火・水曜が休みに変更したようです。ご注意ください。

|

« 今日の一枚:続・肉フェスでラムチョップ | Main | 新嘗祭なので新米をいただきます+江戸東京たてもの園のライトアップは明日まで! »

吉祥寺・CAFE」カテゴリの記事

吉祥寺・スイーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事