« 今日の一枚:初冬の井の頭公園+初ジンジャークッキー | Main | 仕事納めのランチは利久@アトレ吉祥寺で極定食+今年のクリスマス(おまけ) »

冬至に食べるもの・その2:妄想とぅんじーじゅーしー

吉祥寺のランチ情報をお探しの方は吉祥寺のランチ情報のカテゴリー一覧からご希望のジャンルをご覧くださいね。(スマホの方はページ下部に出てくるカテゴリー一覧をご覧ください)


妄想とぅんじーじゅーしー(冬至雑炊)


今日は冬至でしたね!皆さんかぼちゃとゆず湯を楽しまれたことでしょう。

ウチでもこの日は毎年かぼちゃとゆず湯は欠かしません。
が、昨年、冬至の日に食べるものがかぼちゃ以外にもいろいろあると知り、今年も昨年に引き続き、夕食に冬至の縁起物シリーズを取り入れてみました!(詳細は昨年の「冬至の日に食べるもの」をご覧くださいね)


冬至の日の食卓


で、この中でどれが冬至の縁起物かといいますと。

まず、こんにゃく!


こんにゃくで砂おろし


昨年も書きましたが、冬至にこんにゃくを食べることを「砂おろし」といい、体にたまった砂を出す、つまり体の掃除をする意味があるそうです。

山形風に玉こんにゃくにしたかったのですが、玉こんがなかったので、普通の板こんにゃくで。


つぎに、かぼちゃのいとこ煮!


かぼちゃのいとこ煮 煮崩れました(涙)


かぼちゃとあずきを煮たものです。冬至といえばかぼちゃですが、あずきも邪気を払う食べ物ということで冬至の定番だそう。
でもこれ、前の日に作っておいたものを温めなおしたら、煮崩れてぐちゃぐちゃ(苦笑) まあ旦那には「見た目が悪いけど味はおいしい」と言ってもらえましたが。


そして、「ん」のつく食べ物を色々使って、鶏の炒り煮!


「運」を盛る、鶏と根菜の炒り煮


「ん」がつく食べ物は、「ん」→「うん(運)」ということで「運」を盛る意味があるそうです。日本人ってこういうの好きですよね(笑)。

で、炒り煮にはにんじん、ごぼう(ごんぼう)、れんこんが入っています。

あ、ちなみにいとこ煮のかぼちゃも「なんきん」とも呼ぶので、「ん」が二つです。
あと、今日のお味噌汁は「だいこん」と油揚げでした。「ん(運)」だらけですね(笑)


そして今年の主役は、沖縄の冬至の縁起物、「とぅんじーじゅーしー」です!これ、昨年から気になっていたんですよ~!
といっても、本物は食べたことがありませんし、ネットを探しましたが、これといったレシピも見当たらず。そんな中で、あちこちに書かれてあることから妄想して勝手に作った「妄想とぅんじーじゅーしー」です(笑)


妄想とぅんじーじゅーしー


とぅんじーじゅーしーというのは、漢字をあてると「冬至雑炊」となるようですが、雑炊といっても本土でいうものではなく炊き込みごはんを指すそうで。

で、この炊き込みごはん、私が最初に何かで読んだときには、縁起物として里芋か田芋を入れるとあったのですが、ネット上で見ると、それらは入れたり入れなかったりまちまちのようで、さらに他の具材もこれと決まっているわけではなさそう。ということは、冬至の日の炊き込みご飯ならみんなとぅんじーじゅーしーなのかなあ…

でもまあ、最初に読んだ時の記憶に倣って、里芋とにんじん、豚バラ肉、ひじきで炊きごみごはんに。炊きあがってからだいこんの葉の塩ゆでを添えました。


でね。これ、むっちゃくちゃおいしかったです(笑)
里芋の炊き込みごはんなんて、芋がとろけてグチャッとしてしまうかも、と思ったのですが、先に炒めておいたせいか、表面は形を保ったまま中がトロリと柔らかく炊き上がっていました。これがかつおだしとお醤油、さらに豚肉のうまみが染みたご飯と一体となって美味!里芋は炊き込みご飯に意外と合うんですね。

これは、これからウチの冬至の定番になるかも…
でもその前に、妄想じゃない本物も食べてみたいものですが…、どこか吉祥寺の沖縄料理のお店でやっているのかなあ??ぜひメニューに加えていただきたいです!


|

« 今日の一枚:初冬の井の頭公園+初ジンジャークッキー | Main | 仕事納めのランチは利久@アトレ吉祥寺で極定食+今年のクリスマス(おまけ) »

ウチメシ」カテゴリの記事

今日の一枚」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事